MGMT

音楽サーフィンの旅!?『スーパーグラス vs MGMT』

毎日、次から次へと鳴ってない時がないというくらい、
ずっと音楽を聴いてます。
新譜が3~4枚、その季節にぴったりなものを3~4枚、
あとは、その時の気分的なものや流れで聴いたりしてます。

今日も気の向くまま「ネット・サーフィン」ならぬ、「音楽サーフィン」をしてたんだけど、まずは「とうとう解散か~」と思いながら、スーパーグラスの『ロード・トゥ・ルーアン』(2005)を聴いてました。

 ロード・トゥ・ルーアン


スーパーグラスとしては、地味めな印象のアルバムですが、
長く付き合える良質な作品です。

このアルバムが終わりに近づくにつれ、無意識のうちにMGMTが聴きたくなったので『コングラチュレイションズ』(2010)を続けて聴きました。
以前も書きましたが、スーパーグラスのギャズの声とMGMTのボーカルの声が似ているというのがあるんだと思います。

Congratulations

 
かたや終わりを迎えたバンドと、かたや時流に乗っているバンドですが、いろんな時代やいろんな国のサウンドへと、今日もせっせと「音楽サーフィンの旅」をする俺なのです(^^)。
 

元祖英国の猿!スーパーグラス『アイ・シュド・ココ』

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (5) | トラックバック (0)

『オラキュラー・スペクタキュラー』MGMT

このアルバム好きです。
俺のタイプの音。

『オラキュラー・スペクタキュラー』MGMT(2008)

オラキュラー・スペクタキュラー

ブルックリン発の二人組。

1曲目の『タイム・トゥ・ブリテンド』で、グッと引き込まれて、
1番好きなのが5曲目の『キッズ』

まさに”ドリーミー・サイケデリック・ポップ!”
心地いいです(^^)。

ところで、このアルバムを聴いていると、ギャズに声が似ているので、”スーパーグラス”を聴いてるような気がしてくるんですよね(笑)。

そこで、こんなことを思ったりするんです。

「例えばこのアルバム、スーパーグラスが発表したものだったら?」

マスコミ的には、「終わっている(?)」ようなバンドが、こういうアルバムを出したとしたら、大々的に評価されるんだろうか??
やっぱり誰もが(俺も)新しい音を求めているので、ある程度は新人バンドだからという部分で注目される部分があるんじゃないでしょうか。

なんにせよ今年も素晴らしい音楽に出会える事を期待します!

今日の一曲、『タイム』スーパーグラス

元祖英国の猿!『スーパーグラス』

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック