中村一義

「佐野元春のザ・ソングライターズ」に中村一義!

佐野元春がソングライターをゲストに招き、その歌詞世界について語るNHKの人気シリーズ番組「佐野元春のザ・ソングライターズ」の第4シーズンが始まりましたが、その第一回目のゲストに中村一義が出演しました。

佐野元春と中村一義というと、10年くらい前に「ロッキング・オン・ジャパン」かなんかの雑誌で対談したのを読んだ記憶があります。

今回は、さすが佐野元春という、歌詞についてのするどいクエスチョンと、それに答える中村一義の人間性や音楽性が分かり、興味深くおもしろく観ることが出来ました。

という訳で、久しぶりに中村一義のアルバムを聴きました!

『金字塔』(1997)

商品の詳細

まさに90年代日本のロックの金字塔となったデビュー・アルバム。
彼の書く、語り口調で放たれる言葉の歌詞というのは一種の発明で、衝撃的でした。
歌詞カードを見ないと到底理解することは出来ませんが(^^)。

『犬と猫』

 

『ここにいる』

 

『永遠なるもの』

 

先日、約10年ぶりというオリジナル・アルバム『対音楽』がリリースされてるそうですが(知りませんでした・・・)、このアルバムは彼のルーツであるベートーベンのフレーズを織り込んだ作品だそうです。
新たな金字塔になるんでしょうか。
買おうかなあ・・・。

商品の詳細

 

「佐野元春ソングライターズ」に『曽我部恵一』

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『世界のフラワーロード』100s

子供と一緒にお風呂に入ってたら、3歳の息子が、

~いつかはみんなとおりすぎた
  いつかはみんなとおりすぎた~

と同じフレーズを繰り返し歌いだしました。
なんか聴いたことあるな~と思い、「何の歌?」と聞くと、
「車でかかってた父ちゃんのやつ」と答えました。
それを聞いて、「おおー!」と思いました。そういえば今日、車で出かけた時に、100sのアルバムを聴いてたんだけど、その中の「いぬのきもち」という曲だというのに気づきました。

~どうせ、人はオイラを知らねえし、見えねえし。
 そんじゃ、オレは、リアル「裸の王様」気取ろうか。

 いつかはみんな、通り過ぎた街から街へ行く。

 どうせ墓場なんかにゃ、行けねえし、生きてぇし、
 そんじゃ、オレは今風「ドン・キホーテ」気取ろうか。

 あの頃富士が大きすぎた、夢から空へ行く。
 眺めちゃ吠えるだけだった、空から街へ行く。~

じつは俺、この歌の「あの頃富士が大きすぎた」の歌詞を、「あの娘の口が大きすぎた」ってずっと思ってたんです・・・、いったいどんなシチュエーションの歌なんだとずっと思ってました(笑)。
                   

『世界のフラワーロード』(2009)

世界のフラワーロード#DVD付#

中村一義が生まれ育った商店街「フラワーロード」をテーマに作られた傑作。
「世界の私から」「魔法を信じ続けてるかい?」なんかの曲は、この場所が『金字塔』から陸続きであることを感じさせ、90年代から中村一義を聴き続けてる身には、感慨深い曲です。

それにしても、俺って「なーんも」変わってないなあとつくづく思いました(笑)。

大抵、俺は仕事中に音楽を聴いてるので、歌詞カードなんかは見ることがありません。このアルバムも買って一ヶ月くらいほぼ毎日聴いていて、相変わらず優れたメロディだなと思ってました。
そんなある日、家に持って帰って初めて歌詞を見てみたら、「いや~、やっぱり中村一義は凄いわ」と唸りましたね。
単純に言えば、優れたメロディに優れた言葉。
それが中村一義で、そんな彼を取り巻く素敵な仲間、100s。
池ちゃんもいい仕事してますね(^^)。

DVDには、全曲のミュージック・ビデオが収録されてますが、
これも素晴らしく、楽しめます!

『モノアイ』

『空い赤』

 

~ハーイ、ジョン、聞こえますか?
 一回、あなたに連れていかれたとこと同じように、
 人にとって、絶対、忘れられない、その場所がある~
                       「世界の私から」

 

~魔法はさらに上へ。なくすはずないだろ。
 さらに上へ。消えるはずないだろ。~
              「魔法を信じ続けているかい?」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック