グリーン・デイ

『THE STUDIO ALBUMS 1990-2009』グリーン・デイ

ふと思ったんだけど、洋楽のロックを聴く人の割合ってどれくらいなんだろうか?俺が洋楽を聴き始めた80年代はかなりのものだったと思うけど。
簡単に考えてみると、広い意味で洋楽を聴く人が5人に1人(もしかすると10人に1人?)、その中でロックを聴く人が半分、その中でビートルズやローリング・ストーンズ、ハードロックといったオールド・ロックじゃなく現在進行形のロックを聴いている人が半分、さらにその中でも、洋楽を聴かない人でも知っているようなメジャー系のアーティスト(例えばレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、グリーン・デイ、レディオヘッド、コールド・プレイ、元オアシスのギャラガー兄弟など)をほとんど聴かない、俺みたいなひねくれ者ってどれくらい?頭悪いので計算出来ません(笑)。

そんな俺が買ってしまったのがこのBOXです。

『THE STUDIO ALBUMS 1990-2009』GREEN DAY

商品の詳細

9月から『UNO!』、『DOS!』、『TRE!』の3部作が順次発売されるとか、ビリー・ジョーが薬物治療で当面の活動がキャンセルとか、なにかと話題のグリーン・デイ。
そのグリーン・デイの過去のアルバム8枚組が(俺が買った時で)2300円というのを見た時、思わず「安っ!」とついつい買ってしまいました。これは5CDシリーズ(5枚組で1800円)やPILの『Plastic Box』よりも一枚単価にすると安いです。
今まで一切興味なく、アルバムを一枚も持ってなかったというのも決め手のひとつでしょうか。

なぜグリーン・デイに一切興味がなかったかを書いてみます。

「グリーン・デイと俺」
まず『ドゥーキー』が爆発的に売れてたので、とりあえずレンタルして聴いてみましたが、単純に俺の好みじゃありませんでした。売れているというので、逆にひいてしまったというのもあるかもしれません。USパンクだとハスカー・ドゥやリプレイスメンツなどのハードコア・パンクやニルヴァーナは大好きなんですけど、ファン・パンクというかポップ・パンク系は個人的には合いませんね。次に今の奥さんが『ウォーニング』ってのを持ってたので、借りてみましたが、あまり聴かずに印象に残りませんでした。それ以降グリーン・デイは全く聴いてません。

そんなグリーン・デイなので、一気に8枚のアルバムを手にしてもそんなに聴かないと思うんだけど、聴くものがないなあという時とかそういう隙間の時に長い年月をかけて聴いていこうかなと。そういう風にふと聴いた時に「意外にいいなあ」と思えたりすると嬉しいです。

とりあえず3枚は聴きました(一回ずつですが)。
『Kerplunx!』は初期のだと思うけど、単調な感じがよかったです。『アメリカン・イディオット』と『21世紀のブレイク・ダウン』は評価が高いだけあって、まあまあよかったように思います。

そんな訳で、俺にとっての「GREEN DAY」は今始まったばかりです(^^)。

『Basket Case』


何が代表曲かすら知りません・・・。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック