ジャズ

秋の夜長に聴くジャズ!『Indigo Jam Unit vs Dirty Three』

秋もだんだんと深まってきましたね。
そんな秋の夜長には、珍しくジャズなんかを聴いてみたくなります。
ほんとは真夏くらいに『熱帯夜に聴くジャズ!』として書こうと思ったんですが、なかなか書けないまま、今日に至りました(笑)。

『Independent』indigo jam unit(2011)

商品の詳細

『Escape』

 

既に結成7年目で7作目、今年の「ライジング・サン・ロック・フェスティバル」にも出演していたインディゴ・ジャム・ユニットですが、俺は半年前くらいにこのアルバムを買って初めて聴きました。
基本的にジャズは聴かないし、ちょっと聴いてみようかなと思ってもどれを聴けばいいのかさっぱり分からなかったんですが、mstarrさんがおススメされていたので聴いてみました。

オールド・ジャズには今までピンとこなかったんですが、ジャンルとしてはジャズなんでしょうが、このバンドは俺みたいなロック好きにはジャストです。
こだわりの一発録音ということで、研ぎ澄まされたテクニックから鳴らされる音には、緊迫したヒリヒリとした息遣いが感じられます。

 

『Toward The Low Son』Dirty Three(2012)

商品の詳細

『Rising Below』

 

もうひとつは、オーストラリア発の3人組、ダーティ・スリー。
こちらはジャズではなく、インストゥルメンタル・バンドです。
ヴァイオリンとギターとドラムスがぶつかり合う、強烈なインプロヴィゼイションで、凶暴ながらも美しい楽曲が紡ぎ出されます。

この二つのバンド、全然接点はありませんが、両方とも聴いていると研ぎ澄まされた音世界が味わえるという共通点があり、 そして一曲、どっちがどっちの曲か分からないくらい、曲の感じや音の感触が似ている曲があるので聴き比べてみるのもおもしろいかもしれません。

秋の夜長にいかがでしょう??


ちなみに俺が一番好きなジャズ・ナンバーといえば、スタカンのこの曲です。

『Mick's Blessings』The Style Council

『Cafe Bleu』収録のクールなナンバー。
このアルバムも雰囲気的に、今の時期にびったりかもしれません。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ビョークのジャズ!『Gling-Glo'』

一気に秋も深まってきましたね。
そんな秋の夜に、このアルバムを聴いてます!
(これもヴィレッジ・ヴァンガードで買いました。)

『Gling-Glo'』ビョーク(1990)

Gling-Glo

ソロ・デビュー前に母国アイスランドからリリースされた、
ビョーク幻のジャズ・アルバム!

『デビュー』は大好きだったけど、俺の個人的な趣味とはかけ離れていった、その後のビョーク。
このアルバムでは、そんなモンスターと化していく前の、
ナチュラルなビョークの歌声を楽しむことが出来ます。

『デビュー』(1993)

Debut

なので、ビョークは好きだけど、最近のものはちょっと聴かないな~と、俺と同じように思っている人におススメです(^^)。

末永く愛聴出来る、素敵な一枚。

~春に聴きたい女性ヴォーカルの10枚~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の1曲!『DRY!DRY!DRY!』PE’Z

渇いてる・・・、
俺の心は渇いています。

という訳で、とりあえずからからの喉の渇きを潤すために、
ビールを飲みながら聴くのは、この曲です!

『DRY!DRY!DRY!』PE’Z

DRY!DRY!DRY!(CCCD)

 
PE’Zは普段ほとんど聴くことがないんだけど、この曲は自分で編集した「夏のオムニバス・アルバム」に入れてるので、この時期になるとよく聴いてるのと、”ヴィレッジヴァンガード”で買った『黒船のジャズ-SAMURAI MEETS THE ENEMY-』というジャズのスタンダードをブッ壊した、カヴァーアルバムを聴いているくらいですが、暑いこの時期にはもってこいです。

商品の詳細

今日も俺は「心の渇き」を潤すために、ロックを聴いています。
明日も明後日も・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック