ウィルコ

『One Sunday Morning』ウィルコ vs ザ・デッド・ツリーズ

ある晴れた日曜日の朝。
タイマーでセットしていたオーディオから流れてくる、
ウィルコの『One Sunday Morning』で目を覚ましました。

「日曜日の朝」のやさしい目覚めには最適な曲です。
もうすっかり寒い季節になったので、すんなりとふとんの中から抜け出せない俺はまどろみながら、こんなことを思っていました。

『THE WHOLE LOVE』Wilco

商品の詳細

ウィルコの新作は、おそらく俺が今年聴いたアルバムの中では最も優れたものだろうと。とくにラストの12分にも及ぶ、この『One Sunday Moning』には強く胸をうたれます。
しみじみと良さが滲み出してくるこの美しい曲は、世の中に溢れている、耳触りのいいだけの曲達よりもはるかに素晴らしいと俺は思います。
まさに「シンプル・イズ・ビューティフル」。

このまま、のんびりと部屋の中で過ごすのなら、続けて「Russian Red(ロシアン・レッド)」のアルバムあたりを聴いてまったりしたいところですが、今日は出掛けなければいけない用事があるので、ベッドに未練を残しながらも起き上がった俺は、ザ・デッド・ツリーズのアルバム『Whatwave』を再生しました。

『World Gone Global』The Dead Trees

ザ・デッド・ツリーズも「日曜日の朝」にはぴったりだと思えるサウンドを聴かせてくれるバンドです。
いつの時代に鳴っていてもおかしくない、ある意味古臭いともいえるロックですが、やはりシンプルで飾らないロックンロールが聴きたい時には最適です。

俺は枯れた味わいのあるこのアルバムを聴きながら、急いで身支度をする事にしました。
顔を洗って、パンとコーヒーを流し込み、お気に入りの服に着替えれば、あっというまには準備はOKです。

大事な荷物を忘れないないようにと傍らに置いて靴を履いている時、ふとこんな事を思い出しました。
そういえば、ウィルコとザ・デッド・ツリーズのアルバムには、両者ともにヴェルベット・アンダーグラウンドの影響を感じさせる曲があるということを。

そうして俺は、ヴェルベット・アンダーグラウンドのブリリアントな名曲、『Sunday Morning』を口ずさみながら、大切なあの人が待っている、クリスマス・ムードにつつまれた街の中へと歩き出すのです。

 
『Sunday Morning』Velvet Underground

 

 にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック