ストロークス

『錯乱のドライヴ』カーズ vs ニルヴァーナ vs ストロークス

今週はとりあえず「カーズ週間」といきます。

『THE CARS(錯乱のドライヴ)』

Cars

1曲目、『Good Time Roll』

 
ボストンで結成された5人組、カーズの1978年のデビュー作。
エレクトロニック・サウンドを導入したモダンでポップ、そしてクールで独特なロックンロール。

当時これを聴いたテレヴィジョンのリチャード・ロイドは、「とうとう俺たちをポップにしたようなやつらが現れた」というような事を語ったそうです。

そして、本作からの3枚のシングルをすべてヒットさせ、このアルバムも全米チャートに100週以上チャート・インし、カーズはニュー・ウェイヴ・バンドで最もポピュラーな存在になりました。

2曲目、『My Best Friends Girl』

 
そんなカーズのファースト・アルバムから、ニルヴァーナとストロークスのカバーしてるライブ映像を集めてみました。
カーズ、ニルヴァーナ、ストロークスといえば俺にとって、80年代、90年代、00年代、それぞれの年代で特別なバンドです!

『My Best Friends Girl』Nirvana
カートらしい感じがしますす。

 
『Just What I Needed』The Strokes
去年のレディング、ジャーヴィス・コッカー(パルプ)もいるらしい。

それぞれラフな音と映像ですが、個人的には嬉しい組み合わせで楽しめました(^^)。

ストロークスのファースト『イズ・ディス・イット』の出だしのダルっぽい感じが、カーズのファーストの出たし(『Good Time Roll』)に似ているような気がするのは俺だけでしょうか?

3曲目、『Just What I Needed』

 
ちなみに俺は今、カーズの5CDオリジナル・アルバム・シリーズを買おうかどうか迷ってます、5枚組で1980円(1枚あたり400円)は安すぎます!

商品の詳細

 
 
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ANGLES』ストロークス vs カーズ

待ちに待った、ストロークスの5年ぶりとなる新作『アングルズ』。

アングルズ

『Machu Picchu』

 
とんでもないものを見せてくれるんじゃないかと期待していた1曲目「マチュ・ピチュ」は、曲調こそレゲエですが、ストロークスらしいクールなナンバーですんなりと聴けました。そしてそこからとくに印象が残らないまま、あっという間に35分が終わってました。「???・・・」、最初に聴いた時は、正直よくわかりませんでしたね。

2~3回聴いても印象は同じでしたが、さすがに一週間毎日聴いてると、心地よく感じる曲もちらほらと出来てきました。音楽的なことはよく分かりませんが、このアルバムでとくに新しいことをやっている感じはしなくて、このアルバムは、あくまでこれまでのストロークスの延長線上のような気がします。とくにセカンドでのカーズ風のシンプルな構築ポップと、サードでみせた実験性(飽くなき追求心)を合わせたようなアルバムだなと個人的には思います。

『Two Kinds Of Happiness』

 
俺はカーズの『グレイテスト・ヒッツ』を毎日聴いてるくらいのカーズ好きなんですが、このアルバムには、もろカーズなニュー・ウェイヴ風の3曲目『トゥー・カインド・オブ・ハピネス』をはじめ、「これ、カーズやん!」というのが2~3曲あります。この80年代好みというのはジュリアンの趣味なんでしょうか?ジュリアン・カサブランカスのソロも80年代風のシンセばりばりだったし。あっ、でもニュー・ウェイヴ期のカーズは70年代なので、そこら辺はカーズに限らずメンバー全員好きなのかもしれませんね。

まあ俺は、ストロークスに速攻性のある分かりやすい音楽は求めてないので、この『アングルズ』、これからじっくりと聴き込んで自分なりに「好きか嫌いか」そのうちわかるでしょう(^^)。

『Gratisfaction』

 
『Blue Tip』The Cars
これはどうやらカーズの新曲みたいです!

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『フレイゼズ・フォア・ザ・ヤング』ジュリアン・カサブランカス

今年もとうとう、ストロークスはアルバムを出しませんでしたね。

しかし、すでにニュー・アルバムのレコーディングは終わっているらしく、来年の春頃に発売されるそうです。
そして、2011年「サマーソニックのトリ」に早くも決定!
とますます楽しみです(^^)。

という訳で、それまでは去年出たジュリアン・カサブランカスのソロ・アルバムでも聴くとしましょう。

『PHRAZES FOR THE YOUNG』

フレイゼズ・フォア・ザ・ヤング

『Out Of The Blue』

このアルバムを初めて聴いた時の俺の感想は、
「やっぱりジュリアン・カサブランカスは、イカスなー!」
というものでした。

お前中学生か!とつっこまれそうな気もしますが、まあ所詮、15才くらいからほとんど成長してないやつなので、そんなもんです・・・。

ストロークスのセカンド・アルバムも、カーズの影響なんかを感じさせたりしましたが、このソロ・アルバムでは、まさかここまでというくらい、80年代風シンセを響かせ、レトロ的なキャッチーなメロディを展開させてます。

『Left & Right In The Dark』


もちろんただの懐古的なだけの音楽であるはずはなく、そこはやはり「あのストロークス」のジュリアン・カサブランカス、想像力と冒険心に溢れた作品となってます。

『11th Dimension』

 
このアルバムを聴きなおしてみてあらためて思いました。

「やっぱりジュリアン・カサブランカスは、イカスわ!」と。

 
『ファースト・インプレッションズ・オブ・アース』ザ・ストロークス

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ファースト・インプレッションズ・オブ・アース』ザ・ストロークス

”『IS THIS IT』で幕を開け、『THIS IS IT』で幕を閉じた00年代”

その00年代、裏(表?)のベスト・アルバムがブライト・アイズなら、
表(裏?)のベストは、やはりストロークスでしょう!

『イズ・ディス・イット』(2001)

イズ・ディス・イット

セックス・ピストルズ、ニルヴァーナに続く、
ロックの歴史における「発火点」になったアルバム。

ストロークスの登場は、ロック・シーンにとって重要な出来事でしたが、パンクやインディ・ギター・ロックが好きな俺にとってもデカかったです。
その頃は、俺の好きな音楽があんまりなくて、ベル&セバスチャンやティーンエイジ・ファンクラブなんかを細々と聴いてましたが、久々に俺の胸をアツくさせてくれる起死回生のアルバムでした。。

ただこのアルバムがすごいのは、今や当たり前すぎておもしろくないので、ひねくれ者の俺が選ぶのはこっちです。

『ファースト・インプレッションズ・オブ・アース』(2006)

ファースト・インプレッションズ・オブ・アース

ロックの歴史を更新したストロークスのメンバーが、ギター、ベース、ドラムというシンプルな楽器の組み合わせだけで、どれだけ「新しい音を創り出す」ことが出来るのかということに挑戦し、ロックンロールを切り拓こうとした意欲作。

一言でいうと、とにかく俺の”ツボ”をついてくる曲が多く、
とくに一番好きなのは、最後の『Red Light』です。

今年発売されるという新しいアルバムでは、いったいどんな「地平」を見せてくれるんでしょうか??楽しみです。

『レイザーブレイド』

 
『オン・ジ・アザー・サイド』

『フィアー・オブ・スリープ』

『レッド・ライト』

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック