デュラン・デュラン

『Take It Easy』アンディー・テイラー vs マニック・ストリート・プリーチャーズ

商品の詳細

マニック・ストリート・プリーチャーズ『ジェネレーション・テロリスト(20周年記念デラックス・エディション)』のDVDに入っているドキュメンタリー映画『Culture,Alienation,Boredom and Despair -A Film About ‘Generation Terrorists’』は見応えがあり、おもしろかったです。

「リトル・ベビー・ナッシング」の歌詞をタイトルに引用したこの作品は、マニックス3人のメンバーと当時の関係者へのインタビューを中心に、バンドの成り立ちからアルバム発売までを振り返るというものです。

『Little Baby Nothing』マニックス with トレイシー・ローズ

 
 

その中でも俺が興味深かったのは、アルバムのプロデューサーが決まってなくて色んな人が候補に挙がっている中に、元デュラン・デュランのアンディー・テイラーがいたということです。
ただマニックスのメンバーと顔を合わせる時に、アンディー・テイラーが酔っぱらってきていて、その態度なんかも気に食わなかったらしく、その話は流れたそうです。

アンディー・テイラーといえば、当時人気絶頂だったデュラン・デュランを「俺ぁ、もっとかっちょええギター・プレイがしたいんじゃー!」と脱退した男です。

 
そのアンディー・テイラーのソロ第一弾シングル。

『Take It Easy』Andy Taylor(1986)

元セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズとの共作で、この後、さらに一緒に組んでソロ・アルバム『Thunder(サンダー)』をリリース。元パンク少年(ハード・ロック小僧?)としては嬉しかったでしょうね(^^)。

 
脱退する少し前、ジョン・テイラーと結成したユニット、「ザ・パワー・ステーション」では、デュラン・デュランで出番がめっきり減っていたうっぷんを晴らすようにギャンギャンギターを弾いてます。ここらが脱退の引き金になったんでしょう。

『Get It On』 The Power Station(1985)
おなじみTレックスのカバー。

 
この後のアンディー・テイラーの消息は、マニックスのDVDを観るまで全く知りませんでした・・・。

ジョン・テイラーの方は後に、スティーヴ・ジョーンズやダフ・マッケイガン(元ガンズ・アンド・ローゼズ)らと、「ニューロティック・アウトサイダーズ」を結成します。
こうしてみると、ピストルズやガンズに憧れていたマニックスとデュラン・デュランていうのは、直接的な関係はないけど、まあちょっとしたつながりみたいなものはあるんじゃないかと思います(笑)。

 
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック