フォスター・ザ・ピープル

『PEOPLE』スケルトンズ vs フォスター・ザ・ピープル

今年になってからアホみたいに新譜を買って聴いているんですが、俺は基本的にギターロックが好きなので、そういうものを多く聴いてるとちょっと違うものが聴きたくなったりします。

という事で、「ちょっとした偶然シリーズ」。

この前、2枚のアルバムを買ったのがアマゾンから届いたんだけど、『People』スケルトンズと、『Torches』フォスター・ザ・ピープルという事で、「ああ、『ピープル』つながりやな」と思ったという、ちょっとした偶然です・・・。
アルバム・ジャケットも両方とも、妖怪みたいな怪物みたいな人?という点が同じです(^^)。

『People』Skeltons(2011)

PEOPLE(+1)

スケルトンズはブルックリン出身で、現在までに5枚のアルバムをリリースしているそうです。

『More Than The One Thing』

雑誌には、サイケ、フォーク、エクスペリメンタル、マス・ロック、ロウファイ、ジャズ、プログレッシヴ、ファンク、民族音楽など様々な音楽の要素が混入した、トーキング・ヘッズやソニック・ユース以来のニューヨーク伝統のアートっぽさを受け継いだ「ねじれアヴァン・ポップ」とありました。

昔はそういうのを好んで聴いてましたが、はたして今聴いて理解出来るのかと多少の不安はありましたが、アルバムを聴いてみるとアヴァンギャルドすぎず、洗練されたポップ・ミュージックとして見事に昇華されていて、心地よささえ感じました。
まあでも一般のロック・ファンからすれば、十分「なんじゃこら?」的な音楽なのかもしれませんが、俺はこの奇妙な調べの虜になってます(笑)。

 
『Toches』Foster The People(2011)

Torches

一方の、フォスター・ザー・ピープルは、LAが生んだニュー・カマー。

『Pumped Up Kicks』

 
本国では、MGMTっぽいアンセム曲「パンプト・アップ・キックス」でブレイク済みで、アルバムもビルボード・チャートで初登場8位とかなり売れてるみたいです。

どこか懐かしさを覚えるようなシンセ・サウンドで、聴いているとクセになってくるような脱力系エレ・ポップです。
エレクトロ・ポップというと、Owl City(アウル・シティー)なんかも聴いたりしてますが、アウル・シティーの方はどちらかというと生真面目な印象で、こちらはどこかユーモアがあり、とぼけたような印象があります。

ついでに、エレクトロ・ポップといえば、カーズの新作もよかったです。

『I Would Do Anything For You』

 
レッチリみたいな王道ロックを聴かずにこんなのばっかり聴いてる俺は、根っからの「ひねくれ者」なんだなあとしみじみ思います・・・。

 
『TEENS FILM』カジヒデキとリディム・サウンター vs ビーチ・ハウス

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック