リプレイスメンツ

『Bastards Of Young』The Replacements

『Bastards Of Young』The Replacements


greatest video!
From the album Tim.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『Achin' To Be』The Replacements

『Achin' To Be』The Replacements


From the album Don't Tell A Soul.
great album...
great band...

 

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『KIDS DON'T FOLLOW』リプレイスメンツ vs アンディモリ

『KIDS DON'T FOLLOW』THE REPLACEMENTS(1981)

「パーティは終わった」と繰り返す警官に向かって
「うるせえ、ロックンロールだ!」と怒鳴る客。
そうした中から突然1、2、3、4!と始まる、
当時の彼らのライヴを再現したようなこの曲。

リプレイスメンツのセカンド・アルバム『STINK』を初めて聴いた時は、「おいおい、てれこやろ(逆)、てれこ!」と思いました。
パンク/ハードコア一辺倒の全8曲、15分。
ファースト・アルバムの『ソリーマ~』が全17曲、パンク~ガレージながらポップでヴァラエティに富んでいた内容だったので、このセカンドは、どう考えてもそれより前、例えばデビュー前のミニ・アルバムみたいにしか思えませんでした。だから個人的にはファーストと比べて愛聴度は低いです。でもバンドの初期にはこんな荒々しさも必要なのかもしれません。

この後、ミネアポリスという地方のインディ・バンドから、自らのルーツを追求していき、アメリカを代表するギター・バンドへと成長していった彼らですが、この頃はまだこんな「青い」ことを歌っていたのです。

『WHITE & LAZY』
ブルージーなハーモニカ~後半のたたみかけと最高の展開です。

 
 

『andymori』andymori(2009)

andymori

サード・アルバム『革命』をリリースし、着実に成長していくアンディモリ。そんな彼らの、性急なまでの疾走感と眩いばかりの青さがたっぷりとつまったアルバムは、俺にとって「理想的なファースト・アルバム」です。

1曲目『FOLLOW ME』と2曲目『everything is my guitar』はパンク/ハードコアのスピード感があり、バンドの勢いを感じさせます。

『FOLLOW ME』

 
『everything is my guitar』

この曲、もっと速いライヴ映像もありましたが、これはなんせ、ベースのスミス(ミート・イズ・マーダー)Tシャツとドラムのマーシー(真島昌利)Tシャツが最高でしょ!

アンディモリの魅力は、性急なロックンロール・ナンバーとミドル・テンポの聴かせる楽曲のコントラストにありますね。

 
『青い空』

『ハッピーエンド』

 

俺が今だにロックを聴くのがやめられないのは、やっぱりこういう新しい才能と出会えるからなんでしょうね~、この年になって言うのもなんなんですが、俺ももっと成長しなければ・・・。

今週のサマーソニックは豪華メンバーですが、
もし俺が行くとすればぜひ観てみたいものです・・・、「今のうち」に。

 
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミネアポリスが生んだハードコア・バンド!『ザ・リプレイスメンツ』

やっと梅雨が明けましたね。
今年も去年みたいなアホみたいな暑さになるんでしょうか。

という訳で、みなさんは“痛快なアルバム”と聞いて、
一体何を思い浮かべるのでしょうか?

俺が真っ先に思い浮かべるのは、やはりセックス・ピストルズの『ネヴァー・マインド・ザ・ボロックス』です。
つまらない世の中を笑いとばし、ろくに楽器も弾けない連中がロックの流れ(価値観)を変えてしまったという痛快さ、最高です。

そしてもう一枚、俺の中で双璧をなしているのがこのアルバムです。

『Sorry Ma,Forgot To Take Out The Trash』(1981)
The Replacements

Sorry Ma Forgot to Take Out the Trash

ただ、こっちのアルバムの方は「爽快」というニュアンスも含まれてますが。

『I'm In Trouble/Don't Ask Why』

後追いでしたが、UKパンクを聴いた後は、そのままポスト・パンクやUKハード・コアを聴いたりしてました。PILやポップ・グループの先鋭性、まさしくハード・コア(核)なディスチャージなど、それはそれで凄いと思ってましたが、なにか自分の中で煮え切らないものがあったのも確かです。

そんな時に聴いたハスカー・ドゥやこのリプレイスメントといった、アメリカの地方都市のバンドが放つ「鮮烈なメロディ」は、俺にすがすがしいインパクトを与えてくれました。

ミネソタ州ミネアポリスという地方都市で、地元インディ「Twin/Tone」から出た、リプレイスメンツのファースト・アルバムは、ストレートなパンク/ハードコア~ガレージ・ロックンロールと初期衝動がぎっしりと詰まっていて、明快でキャッチーな曲のオンパレードです。

『Hangin Downtown』

 
『Shiftless When Idle』

 
例えば、俺はこういうことをずっと思ってました。
中学生ぐらいでバンドを始める子供たちには、リプレイスメントみたいな音を鳴らしていて欲しいなと。小難しいことは一切気にせず、日常のありのままを歌い、がむしゃらにロックンロールする、それが俺の希望です。実際べースのトミーはこの時13才だったとか??

ピストルズに出会ってパンクに夢中になったという曽我部恵一が、中学か高校の学祭の時に初めて組んだバンドは、むちゃくちゃなパンク・バンドで、ミッシェル・ガン・エレファントよりもかっこよかったと語ってましたが、そんなのでいいんです。

ただ今時、中学生くらいの子がパンクやガレージ・ロックに出会って、それに影響を受けるというのはあまり考えられないので、今の日本のバンドでいうなら『andymori(アンディ・モリ)』みたいなバンドでしょうね。

このアルバムには、ジョニー・サンダースや地元の兄貴分ハスカー・ドゥについて歌った曲なんかもあります。

『Johnny's Gonna Die』

 
『Something To Do』

 
UKのポスト・パンクやハードコアなどの音源は、今となっては日常的に聴くことはあまりないけど、リプレイスメントのファーストは今だによく聴いていて、俺にとって愛すべき一枚となってます。

「スカッ」としたい時は、このアルバムに限ります!

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック