レッツ・レッスル

英米B級バンド対決!?『レッツ・レッスル vs ブラック・リップス』

例えば、アークティック・モンキーズやフレンドリー・ファイアーズ、フリート・フォクシーズやボン・イヴェールなどの、そつなく仕上げられた新作群を聴いてると、逆につまらなく感じてしまい(アルバムの良し悪しは別にして)、もっとスッカスカで遊び心のあるものが聴きたくなったりします。
そこで俺が目をつけたのは、Let's Wrestle(レッツ・レッスル)です。

『Nursing Home』(2011)

Nursing Home

レッツ・レッスルのセカンド・アルバム。
ファーストが出た時は、アメリカン・オルタナ風というのにまったく興味が持てず(90年代に散々聴いたので)、バンド名などから「完全なB級バンドやろ!」とスルーしてました。
このセカンドは、スティーヴ・アルビニのプロデュースなんですが、少し前なら「今時アルビニっていわれても・・・」という感じだったんですが、まあ冒頭のような理由から聴いてみることにした訳です。

『In Dreams Part Ⅱ 』

『I'm So Lazy』
これはもろペイヴメントっぽい。

 
今の気分にもよるんですが、これは「当たり」でしょ。
音的には、「ペイヴメントのヒネリ具合とスーパーグラスあたりの疾走感を足した感じ」で、俺はこういう脱力感のある渇いた音が聴きたかったんですよね。
アルバムを聴いても、B級バンドには違いないと思うんですが、「愛すべきB級バンド」といえるでしょうね。ブラック・リップスあたりもいいんだけど、ロンドンの3ピースでこの音!というのもひねくれてていいです。

 
片やUSアンダーグラウンドが誇る筋金入りのガレージ・バンド、
ブラック・リップス。

『Arabia Mountain』Black Lips(2011)

Arabia Mountain

『Family Tree』

 
このアルバム『アラバマ・マウンテン』、全編を通してルーズでワイルドなロックンロールが展開されていています。マーク・ロンソンがプロデュースしただけあって、隙だらけにみえて、じつは全て計算ずくという出来の楽曲だらけで、最高にかっこいいです。

『Spidey's Curse』
このヨレヨレ具合がたまりません。

 
『New Direction』

ブラック・リップスは、「A級」のインディ・バンドでしょうね。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック