ザ・スミス

『Hatful Of Hollow』ザ・スミス

どんよりした空と降り続く雨は、ときに人を憂鬱な気分にさせます。

『Hatful Of Hollow』The Smiths(1984)

ハットフル・オブ・ホロウ
UKロック史上最悪といわれる80年代の暗黒時代に眩しい輝きを放った、ザ・スミスのセカンド・アルバム。
コンピ盤ながら、デビュー・シングル“ハンド・イン・グローヴ”から5thシングル“ウィリアム”までの5曲と、初期の代表曲を網羅した最重要作。
「強靭なロックンロール・スター」になる前の、スティーヴン・パトリック・モリッシーの姿と、思春期のスミスがここにあります。

『William,It Was Really Nothing』
ひたすら美しい2分10秒。
なにをかくそう俺のハンドル・ネームの“william”は、この曲からとってるのです。

 
退屈な街にどしゃ降りの雨
この街は本当に人を滅入らせる
ありきたりな街に降るどしゃ降りの雨
この街は人を駄目にする
みんなそれなりに自分の人生を背負っている
僕だって自分の人生を生きなきゃならない
ウィリアム ねえウィリアム
本当は何てことなかったんだよ
ウィリアム そう どうってことなかったのさ


『These Things Take The This Charming Man』

「ウィリアム」と並んで、ジョニー・マーのギター・プレイの中で最も好きな曲。シングル・ヴァージョンより、軽快なこっちの方が好きです。

 

『Hand In Glove』

デビュー・シングルにして、スミスの全てがこの曲につまってます。

 
手に手をとろう
世界は僕らを中心にまわる

違うよ 他のやつらの愛とは違うんだ
そう この愛は全然違うんだ
なぜって 僕らの愛だから!

手をつなごう
行きたいとこにはどこでも行ける
なんでも君しだいだ
君さえそばに居てくれれば

人に見られたって平気さ
ぶしつけな視線をおくられたって平気さ
僕はいっこうに気にしない

さあ 手をつなごう
世間の善良な皆さんは僕らを笑う
確かに僕たち服はポロポロかもしれないけど
奴らが手に入れることの出来ないものを持っているんだ

人にじろじろ見られたって平気さ
無遠慮な視線をおくられたって平気さ
僕は全然気にしない

だから手をつなごう
今ここに宣言するよ
もしも奴らが君の髪の毛一本にでも触ったら
僕は死ぬまで闘う
息絶えるその瞬間まで僕は闘うよ

まっとうな人生がそこにある
だから僕の腕の中にとどまっておいで
可愛い人

だけど自分の運勢はよくわかってる
わかり過ぎるくらいわかってるんだ
多分 君には二度と会えないと思う
きっと もう二度と会えないと思う


『Heaven Knows I'm Miserable Now』

心地いい倦怠感につつまれるこの曲は、スミスの好きな曲ベスト5に入ります。

 
酔っぱらって朦朧としてる時は幸福だった
そして僕が今どんなに不幸か神様だけが知っている

職探しをした
仕事を見つけた
そして僕が今どんなに悲惨か神様だけが知っている

僕の人生のこの貴重な時間を
どうして僕が生きようが死のうがどうでもいい奴らに
与えなきゃならないんだ


『Please,Please,Please,Let Me Get What I Want』
アルバム・ラストを飾るこの曲もひたすら美しい。
今まで何度この曲が心の中で流れたのだろう・・・。

 
物事を変えるには絶好の時
わかるだろう?今までどんなにツイてなかったか
これじゃ善人だって悪人になりかねない
だから どうか どうか どうか
今度は僕の望みをかなえてください

長いこと夢なんか見てない
わかるだろう?僕がどんな人生を送ってきたか
これじゃ僕みたいな善人だって悪人になりかねない
だから一生のお願いだから
僕の願いをかなえてください

神様は知っている
今 初めて僕の願いがかなうと
神様は知っている
今度こそ僕の願いが聞き入れられると

 
俺にとって『ハットフル・オブ・ホロウ』はすでに過去のものかもしれませんが、このアルバムがつけた傷跡は今も俺の心の中に残ったままです。

生涯で1番好きなレコードは?と聞かれたら迷いなく俺は答えるでしょうね。
それはスミスの『ハットフル・オブ・ホロウ』だと。
 

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days | andymori | HALCALI | MEW | MGMT | P.I.L. | R.E.M. | RIP SLYME | THE BLUE HEARTS | THE MIRRAZ | TVオン・ザ・レディオ | おすすめの本 | はっぴいえんど | アクロン/ファミリー | アッシュ | アニメ・コミック | アークティック・モンキーズ | アーケイド・ファイア | イーグルス | ウィルコ | ウィーザー | ウォークメン | エコー&ザ・バニーメン | エレファント・カシマシ | オアシス | カジヒデキ | カルチャー・クラブ | カーズ | ガンズ&ローゼズ | ガールズ | キングス・オブ・レオン | クラウデッド・ハウス | クラウド・ナッシングス | クラッシュ | クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー | グラスゴーの旅! | グリーン・デイ | コーネリアス | ゴメス | ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ | サニーデイ・サービス | ザ・クリブス | ザ・サンデイズ | ザ・ジャム | ザ・スミス | ザ・スリルズ | ザ・ハイヴス | ザ・ブルートーンズ | ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート | ザ・ホリデイズ | ザ・ポップ・グループ | ザ・ポーグス | ザ・ラプチャー | シャーラタンズ | ショコラ | ショーン・レノン | ジェフ・バックリィ | ジェームス・イハ | ジグ・ジグ・スパトニック | ジャズ | ジョナサン・ファイアー・イーター | ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン | ジョン・レノン | ジーザス・ジョーンズ | ジーザス&メリー・チェイン | ジーン | スウェディッシュ・ポップ | スウェード | スケルトンズ | スタイル・カウンシル | ストロークス | スネオヘアー | スピリチュアル | スポーツ | スーパーカー | スーパーグラス | セックス・ピストルズ | ソニック・ユース | ソフィー・セルマーニ | タヒチ80 | ダムド | ダーティ・プロジェクターズ | ティーンエイジ・ファンクラブ | デス・キャブ・フォー・キューティー | デス・フロム・アバヴ1979 | デッド・ツリーズ | デュラン・デュラン | デヴィッド・シルヴィアン | トクマル・シューゴ | ドアーズ&ジム・モリソン | ニック・ドレイク | ニルヴァーナ | ハッピー・マンデーズ | ハナレグミ | ハリケーン#1 | ハンサムケンヤ | パステルズ | パンク/ニューウェイヴ | ビョーク | ピチカート・ファイヴ | フォスター・ザ・ピープル | フリッパーズ・ギター | フリート・フォクシーズ | ブライト・アイズ | ブラック・リップス | ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ | ブラー | ブレンダン・ベンソン | プライマル・スクリーム | ベル&セバスチャン | ペイヴメント | ホット・ホット・ヒート | ボブ・ディラン | ボンベイ・バイシクル・クラブ | ポール・ウェラー | マイケル・ジャクソン | マジー・スター | マニック・ストリート・プリーチャーズ | マンサン | マンドゥ・ディアオ | ミッシェル・ガン・エレファント | メンズウェア | ラモーンズ | リプレイスメンツ | レッツ・レッスル | ロシアン・レッド | ロックの本 | ロック名盤ベスト100 | ロック名盤(洋楽) | ロック名盤(邦楽) | ロングピッグス | ローリング・ストーンズ | ヴァンパイア・ウィークエンド | ヴェルヴェット・アンダーグラウンド | 中村一義 | 佐野元春 | 夏の1曲! | 対決シリーズ! | 小沢健二 | 幕末 | 幕末・歴史 | 広島カープ | 斉藤和義 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 曽我部恵一 | 木村カエラ | 歴史 | 相対性理論 | 神聖かまってちゃん | 競馬 | 競馬の法則 | 羊毛とおはな | 育児 | 踊ってばかりの国 | 踊ろうマチルダ | 銀杏BOYZ | 音楽 | 00年代ロック | 00年代邦楽 | 10年代ロック | 10年代ロック(洋楽) | 60年代ロック | 70年代ロック | 80年代インディー・ロック | 80年代ハード・ロック | 80年代洋楽 | 80年代邦楽 | 90年代邦楽 | 90年代UKロック | 90年代USロック