ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート

『BELONG』ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート vs スーパーカー

ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート(以下POBPAH)のファースト・アルバムは、俺にとっては「理想的なインディー・ギター・ポップ」でした。今だによく聴いてますが、とくに今ぐらいの季節にぴったりです。

『BELONG』THE PAINS OF BEING PURE AT HEART

Pains Of Being Pure At Heart / Belong 【CD】

そんなPOBPAH(以下ペインズ)のセカンド・アルバム。

ファーストが直線的なら、このセカンドは立体的なサウンドとなってます。それもそのはず、プロデュースにフラッド(U2、ナイン・インチ・ネイルズ、PJハーヴェイ他)、ミキシングにアラン・モウルダー(マイ・ブラディ・ヴァレンタイン、ジーザス・アンド・メリーチェイン、ライド他)というプロダクション・チームで、この2人の組み合わせは、スマッシング・パンプキンズの『メロンコリー、そして終わりのない悲しみ』でも知られています。

そんなペインズにとってのドリーム・チームと組んで作られたアルバムは、マイブラ+スマパンといった感じの、ノイジーでゆったりとした冒頭曲『ビロング』で幕をあけます(ちなみに8曲目はジーザス・アンド・メリーチェインです)。

 
本作は、彼らが思春期に聴いていたという、ウィーザー、ニルヴァーナ、スマッシング・パンプキンズ、ソニック・ユースなどの「90年代アメリカ郊外」のサウンドを映しこんだアルバムで、彼らの持ち味でもある蒼い疾走感はそのままによりダイナミックになり、轟音ギター・ノイズとスウィートなメロディ、ラウドとポップが両立されてます。

『HEART IN YOUR HEARTBREAK』
 

 
このファーストからセカンドへの飛躍というのは、90年代・日本のシューゲイザー、スーパーカーを思い起こさせます。スーパーカーのファースト『スリーアウト・チェンジ』からセカンド『JUMP UP』のあの流れを。そうペインズは「米国のスーパーカー」といってもいいかもしれません(?)。4人組で紅一点というところなんかも。

ただ俺はスーパーカーのファースト『スリーアウト・チェンジ』が好きすぎたのか、轟音ギターや疾走感のあるナンバーがあまりないセカンドは、物足りなく感じてあまり聴きませんでした・・・。しかし、スーパーカーがサード『フューチュラマ』で覚醒したことを考えると、ペインズも次作でとんでもない方向へシフトするんじゃないかと密かに思ってたりします(^^)。

『SUNDAY PEOPLE』スーパーカー

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

進化するシューゲイザー!『ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート』

”今なお深化を続けるシューゲイザー・シーン”

『ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート』(2009)

ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート

瑞々しい疾走感と甘酸っぱいメロディ、
このバンドの音楽を聴く時、その人の好みによって、ジーザス&メリー・チェイン以降のさまざまなバンドの名が頭の中に浮かんでくるんじゃないでしょうか。
初期マイブラを筆頭とするシューゲイザー、ネオアコ~UKインディ・ギター・ポップ、初期ティーエイジ・ファンクラブ、ダイナソーJr.などのオルタナ系などなど。

『カム・サタデー』
ウェディング・プレゼント顔負けの疾走系シューゲイザー。

俺的に、このアルバムを聴いて思い浮かんだのは、カーディガンズの『ライズ&シャイン』の軽やかな疾走感や初期サンデイズの清々しいメロディで、まるでそれらをスウィートなノイズでシュガー・コーティングしたような音楽だなと。

 

 
デビュー・アルバムにして、収録されている全部の楽曲が素晴らしく、まるで「80年代に活躍した伝説のアノラック・バンド」のベスト・アルバムだといっても異論はなさそう??。
という訳で、『俺内アウォード2009』ベスト・ニューアクトに決まり!

そしてこのアルバムもまた、若芽の萌え出でる春の季節にぴったりのアルバムです。

『ア・ティーンエイジャー・イン・ラヴ』

『シューゲイザー・ディスク・ガイド』
詳しくはこの本で。

シューゲイザー・ディスク・ガイド (P-Vine Books)

 
『春に聴きたい女性ヴォーカルの10枚』

『ジャスト・ライク・ハニー』ジーザス&メリー・チェイン

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック