クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー

『クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー !!!』

この前、「Xbox」のCMを見た時、CMで使われていた曲が、知ってるけど誰の曲か思い出せなかったので、頭の中で必死で思い出そうとしました。「この牧歌的でトイ・ポップな感じはコーネリアスだったか・・・、いや違う・・・、トクマル・シューゴか・・・、いや違うな・・・。」としばらく考えていたら、思い出しました。
これは『クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー』だと!

『Clap Your Hands Say Yeah 』(2005)

クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー

『Clap Your Hands!』
この映像おもしろいです。

 
どこのレーベルにも所属せず、自分たちの手で完成させたという、クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー(以下CYHSY)のこのデビュー・アルバムは、インターネットの口コミやライヴの面白さによって、その存在が知られることになり、「本当の意味でのインディペンデントなアーティストが広くファンを獲得できる」ということを証明しました。

『Over And Over Again』

 
牧歌的な歌声で繊細なサイケデリック感を漂わすCYHSYの音楽は、その変わったポップ・サウンドや少々のローファイ・脱力感から、トーキング・ヘッズやペイヴメントなどを思わせもするし、もっと曲のテンポを遅くして、サイケデリックさを全面に押し出したチルアウト・ポップにすると、ゴーキーズになるなあと思ったりもします。が、俺の中の感覚的には今まで聴いたことのなかったサウンドでした。

『The Skin Of My Yellow Country Teeth』

 
インディー・ギター・ロックの理想ともいえるこのアルバム、個人的には「2000年代のベスト5」に入る好きなアルバムで、同じくトーキング・ヘッズと比較される、ヴァンパイア・ウィークエンドのファーストと並ぶ傑作です。そしてこの2つのアルバム、曲の感覚なんか、ちょっと通じるものがあるなあと思うし、なによりアルバムの初めから終わりまで、曲のレベルが全く変わらないというのがスゴイところです。
結局、俺は昔からこういうパンク・ロックが好きなんです(^^)。

『Tidal Wave』

 
俺は思うね。青空に向かって手を叩くべきだって。
(あんまり意味分からんけど。まあ心の中ででもいいし。)

 
『ロック名盤ベスト100』~2000年代の10枚~

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック