ジーザス・ジョーンズ

15年ぶり!『パーヴァース』ジーザス・ジョーンズ

前回、ジーザス・ジョーンズのことについて書き、その後サード・アルバムの『パーヴァース』を久しぶり(15年ぶりくらい)に聴いたので、感想をちょっとだけ書いてみます。

『PERVERSE』(1993)

パーヴァース

『ZEROES AND ONES』

 
ファースト『リキダイザー』のかっこいい生身のグルーヴ感、セカンド『ダウト』のヴァラエティにとんだポップさはここにはありません。
キャッチーな曲が皆無な全編テクノ風のサウンドは、のちに「元祖デジタル・ロック」と呼ばれるように、革新的な感じのもので、今の耳で聴いてみると当時思ってたよりも聴き応えのあるサウンドでしたね。

『THE RIGHT DECISION』

 
なぜ当時はつまらないと感じ、ほとんど聴かなかったのか??
アルバムの発売年月日が、「1993.1.20」となってるのを見て、
「ああ~、なるほどな」と納得。

その頃俺は、マニック・ストリート・プリーチャーズを毎日聴きまくってたし、1993年のUKは他に、レディオヘッドの衝撃的な『パブロ・ハニー』、
スウェードのセンセーショナルなデビュー・アルバム『スウェード』、
地味ながらひっそりとオトゥールズの『ニューウェイヴ』、
ブラーの最高傑作『モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ』がリリースと、
ギター・ロックが盛り上がりを見せた年で、翌年には大衆的なブリット・ポップ・ブームが到来するんだから、完全に音楽シーンから離れているジーザス・ジョーンズのこのアルバムが売れるはずがなかったですね。

US勢では、ニルヴァーナやソニック・ユースを聴きまくってたので、当時の俺にしてみれば、「おもしろくなく」ほとんど聴かなかったのも当然といえば当然でしょう。

今思えば「ナイン・インチ・ネイルズ」みたいな暴力性というか、なにかもう少しインパクトがあればよかったように思います。

それにしてもファーストの『リキダイザー』は、音楽雑誌の名盤特集みたいなもので取り上げられることはありませんが、「隠れた名盤」ですね(^^)。

リキダイザー

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なぜか今『ジーザス・ジョーンズ』がキテます!

そうなんです、
なぜか今、俺の中で「ジーザス・ジョーンズ」がキテるんです!
キテるといっても、ここ2~3週間よく聴いてるというだけで、
すぐに飽きて、聴かなくなるかもしれませんが(笑)。

ここで、ジーザス・ジョーンズを知らない人の為に、
簡単なバイオグラフィーを書いてみます。

1988年、結成。
1989年2月、シングル「インフォ・フリーコ」でデビュー。
     9月、ファースト・アルバム『リキダイザー』発表。
1991年1月、セカンド・アルバム『ダウト』発売。
        →世界中で大ヒット。
 1993年、サード・アルバム『パーヴァース』でコケる??

・・・と、こんなとこでしょうか。

音の方は、ノイジーなキーボードやサイケデリックなギターとロックをベースに、ハウスやヒップホップのビートを取り入れ、ひたすらかっこいいサウンドを鳴らすという、簡単に言えば『ミクスチャー・ロック』の元祖的存在。

ストーン・ローゼスが優等生的なロックだとすると、ジーザス・ジョーンズはもっとハチャメチャでやんちゃなバンドだったと言えるでしょう。

『リキダイザー』、とくに『インフォ・フリーコ』は超かっけーです(笑)。

 リキダイザー
『インフォ・フリーコ』

 
『ネヴァー・イナフ』

『ブリング・イット・ダウン』

 
『リキダイザー』、もう20年前のものですからね~、
俺的には全然古さを感じませんが・・・。

そして当時よく聴いたセカンド・アルバム『ダウト』。

ダウト
ファーストがやや単調でインパクトが希薄だったのに対し、ごった煮サウンドにますます磨きがかかり、さらにポップでヴァラエティにとんだものになってます。

このアルバムは世界中でヒットし、シングル『ライト・ヒア、ライト・ナウ』はアメリカでNO.1になったんじゃなかったかな??

『ライト・ヒア、ライト・ナウ』

~ラジオで女が革命を語る
 それも既成の事実として
 ボブ・ディランが歌ってた時代 こんなことは夢だった
 なあ 生きるっていいことだぜ

 俺は生き 待ち続けた
 ただこのために 俺は待ち続けて来た

 今 この場所
 俺の居場所はここ以外にはない
 たった今 まさにこの場所で俺は
 歴史の呪縛から世界が立ち上がるのを見ている~

 
『インターナショナル・ブライト・ヤング・シング』



~世界中の希望に満ちた若者達
 お前らが世界を揺るがす~

 
そして問題のサード・アルバム『パーヴァース』。

パーヴァース
何回か聴いて、よく分からなかったアルバムです・・・、世間的にもそんな感じの評価で、当時、中古屋では大量に叩き売りされてました。

ただ音楽性として、当時としては早すぎた可能性があるかもしれないので、もう一度聴いてみようと思ってます。数回聴いただけなのでどんなだったか全然覚えないし、最近もファーストばっかり聴いてるので。

このアルバム以降はロック・シーンから抹殺され(俺の中で)、ジーザス・ジョーンズの記事も見かけたことないので、このバンドは音楽地図的にいったいどういう位置づけなんでしょう??誰か教えてください(笑)。

それとジーザス・ジョーンズ、知らない人は聴いてみてください!
 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (8) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック