ウィーザー

『Scott & Rivers』スコットとリバース

年をとると涙もろくなります。

ALLiSTERのスコット・マーフィーと、weezerのリバース・クオモ、日本をこよなく愛する2人が手を組んで作った、全曲日本語のオリジナルアルバム。

『Scott & Rivers』スコットとリバース

商品の詳細

このアルバムを最初に聴いた時、「まるであの頃のウィーザーが帰って来たみたいだ」と、嬉しくて涙ぐんでしまいました。
音の感触としては「ザ・グリーン・アルバム」に近いかなと思いますが、俺のように昔から洋楽を聴いてるけど英語がさっぱり分からない、輸入盤を買うから日本語訳が分からないという人間にとっては、ダイレクトに言葉が心に響いてくるので嬉しいです。

『HOMELY GIRL』スコットとリバース

 

こんな素晴らしいアルバムを届けてくれた、スコットとリバース。
本当にありがとう。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『You Might Think』カーズ vs ウィーザー

映画「カーズ2」では、パヒュームの『ポリリズム』なんかも使われたりしてますが、俺が嬉しいのは、なんといってもウィーザーがカーズ(バンドの方)の曲、『ユー・マイト・シンク』をカヴァーしている事です!

『You Might Think』Weezer

 
カーズとウィーザーは、俺にとって80年代と90年代の特別なバンドで、『ユー・マイト・シンク』はカーズの中で一番好きな曲なので、最高に嬉しいコラボです。
これは原曲に忠実なカヴァーなので、個人的にはウィーザー風のもっとハード・ドライヴィングなギターでもいいかなと思ったりもしますが、この組み合わせが実現しただけで文句ありません(^^)。

カーズとウィーザーの組み合わせといえば、やはりウィーザーのファースト・アルバム(サードも)をリック・オケイセックがプロデュースした事に尽きるんですが、あのアルバムは、お互いの持ち味が存分に生かされた90年代USロックの傑作でした。

商品の詳細

 
『You Might Think』The Cars

 
カーズらしいポップな中に、哀愁を感じさせます。
このビデオ・クリップは、当時マイケル・ジャクソンの『スリラー』なんかをおさえて、「第一回MTVビデオ・ミュージック・アウォーズ」の大賞を受賞しました。

商品の詳細

この曲が収録されているアルバム『ハートビート・シティ』は、全米チャート3位とバンド史上最大のヒットを記録し、ここからは珠玉の名曲『ドライヴ』や『マジック』『ハロー・アゲイン』とシングル・ヒットを連発しました。
その中でも、タイトル曲の『ハートビート・シティ』は、ニューウェイヴ風のカーズらしいクールな曲で、重要かもしれません。

『Heartbeat City』
これはストロークスのメンバーが好きそうな曲で、ストロークスのファースト『イズ・ディス・イット』にも引用されてそうです。

ちなみに『イズ・ディス・イット』の出だしのダルっぽい感じもカーズのファーストに似ているような気がするのは俺だけでしょうか?
 
 
ついでなので最後の一曲は、そのファースト『錯乱のドライヴ』から、カーズ(バンド)&カーズ(車)のコラボ。

『Just What I Needed(燃える欲望)』
この曲、ライブや演奏している映像を観ると、ベンジャミン・オールがめちゃクールでかっこいいんです!

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『Hurley』ウィーザー

マニックスのアルバムと同じく俳優さんをアルバム・ジャケットに起用していて、なぜか2枚一緒に買った訳ですが、買った時は「その辺のおっさん」を適当にジャケットにしているのかなと思ったんだけど、こちらの方は、米人気ドラマ「LOST」のハーリー役の俳優さんだと後で知りました(^^)。

『Hurley』Weezer

ハーリー

大手インディー・レーベル「エピタフ」に移籍してのニュー・アルバム。
ちなみにエピタフから出たものを俺が買うのは、20年くらい前にオフスプリングのアルバムを買って以来となります。

『Memories』
ちょうど今、「Right-on(ライトオン)」のCMに使われてますね(^^)。

 
ウィーザーは最初の2枚が好きすぎて、それ以降のアルバムで個人的に納得したというものはありません。『グリーン・アルバム』辺りも良かったんですが、あの頃はひたすらエモーショナルな音楽を求めていたので、なにか物足りないものがありました。
そんな俺がウィーザーのアルバムを買うのは『レッド・アルバム』以来となりますが、このアルバム、「エピタフ移籍」というのが関係あるのかないのか、何かがふっきれたかのような会心の出来となってます。

『Ruling Me』

 
1曲目からアップ・テンポな曲で突っ走り、パワー・ポップ、ハード・ロック調、泣きメロ、ラウドなロックンロールありとアルバム全編にわたって、ウィーザー節が満開で、もう単純に「ああ、やっぱりウィーザーいいなあ」と思いました。
今のウィーザー、ライブで観ると最高に楽しいかもと思わせます。
このアルバム、初期の2枚に次いで好きかもしれません。もし、ウィーザーから離れていた人が聴いたとしても気に入るんじゃないでしょうかね~。
こんなことなら、安かった輸入盤(1300円か1500円だった)じゃなく、一ヶ月待ってボーナス・トラックが6曲入っている国内盤でもよかったかもしれません。

『Smart Girls』
中でも1番好きな曲です。
ちょっとおニャン子っぽい感じがするのは俺だけでしょうか。

 
『ピンカートン(デラックス・エディション)』、『レア・トラック貯蔵庫』、さらに『レンタルズ・トリビュート』と、ウィーザー関連のCDリリース・ラッシュは、ファンにとっては嬉しいかもしれませんね(^^)。

リヴァースも結婚して、子供が出来てと、お互いいいおっさんになってしまったんだけど、相変わらず音楽を楽しんでいる様子がうかがえて嬉しい限りです(^^)。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (5) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック