ザ・ポーグス

『The Sunnyside Of The Street』ポーグス

もうとっくに夏が来ていますが、暖かくなりはじめた春先からよく聴いているのが、ポーグスのこのアルバムです。

『Hell's Ditch』The Pogues(1990)

商品の詳細

アイリッシュ・トラッド・フォークを生楽器主体でパンキッシュに展開するという、革命的スタイルを生み出したポーグスの5枚目。

『The Sunnyside Of The Street』

 
 
愛すべき呑んだくれシェインのボーカルが聴ける最後のアルバム、
そしてプロデューサーはクラッシュのジョー・ストラマー、
聴きこむほどに味わいの出てくる、パンク・スピリット溢れる傑作です。

『Sayonara』

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『赤い薔薇を僕に』ザ・ポーグス vs ジーザス&メリー・チェイン

「ポーグス」にするべきか、それとも「ジーザス&メリー・チェイン」にするべきか、男は迷っていました・・・。

日曜日にタワレコに行ったんですが、とりあえず何枚かCDを買おうと、新譜を2枚手にした後、あと1枚くらいなんか買おうとウロチョロしてました。すると、ワーナーの「ファイヴ・オリジナル・アルバムズ」シリーズを発見!名盤5枚組で3300円、噂には聞いてましたが、これは安いです。

まず1番そそられたのが「エコー&ザ・バニーメン」ですが、さすがに5枚中4枚持ってるので、諦めました。そこで迷ったのが、「ポーグス」と「ジーザス&メリー・チェイン」です。

ジーザス&メリー・チェインは、ご存知轟音フィードバック・ノイズとポップ・メロディを融合させ、今やロック・バンドにとってはごく一般的な手法となったアイデアを最初に提示し、後のギター・バンドに多大な影響を与えたバンド。

かたやポーグスは街のチンピラどもが生楽器を手に、アイリッシュ・トラッド・フォークをパンキッシュに展開するという革新的スタイルを「発明」し、これも多くのフォロワーを生みました。

同じ1984年にデビューした2バンドですが、1984年には、ザ・スミスとスタイル・カウンシルのデビュー・アルバムも出ていて、不毛といわれた80年代UKロック・シーンの中において、パンク/ニュー・ウェイヴ以降の新しい潮流を作り出していました。

『ストリームス・オブ・ウィスキー』ザ・ポーグス

 
結局、今回は悩んだ挙句、ポーグスのBOXを買うことにしました。

ファイヴ・オリジナル・アルバムズ

ポーグスのアルバムはファーストを持っていただけで、後のアルバムをずっと欲しいと思ってたんです。
2ndがエルヴィス・コステロ、3rdと4thがスティーヴ・リリーホワイト、そして5thではジョー・ストラマーがプロデュースということで、そのサウンドの変化の具合も気になるところです。

『赤い薔薇を僕に(RED ROSES FOR ME)』ザ・ポーグス

赤い薔薇を僕に

 
このファーストは、演奏に多少の素人臭さが残っているもののそこがまた荒々しくも瑞々しくて、大好きなアルバムです。
ポーグスの音楽を聴いていて思い浮かぶのは、どっかの田舎の村のお祭りで、みんなが満面の笑顔で踊っているという、そんな光景です。
この時期、地方では秋祭りのシーズンだと思いますが、この週末の三日間は俺の住んでいるところでも秋祭り(さぬき豊浜ちょうさ祭り)が行われるので、ぐでんぐでんに酔っ払って楽しみたいと思います(^^)。

 
5枚を一気に聴こうかと思ったりもしたんですが、さすがに途中で飽きてきたので、同じアイルランド出身の大好きなスリルズを聴いてアイリッシュ・メドレーといきました。

ああ、アイルランドの麗しき詩情・・・。

 
→『サンタ・クルーズ』ザ・スリルズ
 

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック