ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン

ギラギラした夏に『ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプローション』!!

もう8月か~、なんちゅう暑さなんじゃ、いったい・・・。

「暑い夏、死刑!!」

という訳で、涼しい秋がやってきました。

と、マンガみたいにはいきませんね~、「ガキ刑事」のこまわり君を知ってる人はあんまりいないと思うけど(笑)。

そこで、俺がおもむろにCDラックから取り出したのは、
このアルバムです。

『オレンジ』ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン

オレンジ

暴発寸前(いや、爆発してるか?)のロックンロール!!
熱量の放射量がはんぱじゃなく、ギラギラした夏には、こんなギラギラしたロックンロールを聴くのが1番かも。
このアルバムについては以前書いたので、今回はこれだけで。

『Bellbottoms』

 
『Dang』

 
2002年に出た、『Plastic Fang』でも爆走ロックンロールを鳴らしてますが、「ギラギラ感」という点ではやはり『オレンジ』でしょうね。

Plastic Fang

『She Said』

 
夏の一枚!『ロケット・トゥ・ロシア』ラモーンズ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『オレンジ』ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン

「時代の空気を切り裂く!」

ヘヴィなドラムで始まるオープニング・ナンバーを聴いていると、
こんな風に感じます。

『オレンジ』(1994)
ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプローション

【LP】 Jon Spencer Blues Explosion (Blues Explosion) ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン / Orange

『ベルボトムズ』

1994年、UKのブリット・ポップ勢は、一丸となって俺を攻撃してきましたが、かたやUS勢はといえば、強烈な個性で俺の耳に刺激を与えてくれました。
ペイヴメントジェフ・バックリィ、ウィーザー、ベック、もちろんソニック・ユース、そしてこのジョン・スペンサー・ブルース・エクスプローション。

基本的に俺は、昔から典型的な「UKロック」が好きで(広くいえばポップミュージック)、ブルースを根底にしたようなロックは苦手だったりします。
なので同じく1994年に出た、プライマル・スクリームの『ギヴ・アウト・バット・ドント・ギヴ・アップ』なんかはあんまり好きじゃなかったんだけど(単純に「ロックス」なんかはかっこいいと思ったけど)、この『オレンジ』は別でしたね。

古典的なR&Bやルーツ・ミュージックの要素をもちながらも、プッシー・ガロアを通過し、ガレージやパンクが混ざり合い、展開の読めないかっこよさがあリ、俺の音楽の守備範囲を広げてくれた一枚。
そしてこのアルバムからは、90年代のニューヨークの熱気やエナジーといったものが溢れています!

『ダング』

 
『フレヴァー』
(アルバムにはベックのリミックスも)

ニューヨークのロックはいつの時代も刺激的です。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック