ミッシェル・ガン・エレファント

『キラー・ビーチ』ミッシェル・ガン・エレファント vs ラモーンズ

お盆休みも今日で終わりです。
休みの最後は子供と一緒に海に行きました。

砂浜で俺の頭の中に思い浮かぶのは、
ミッシェル・ガン・エレファントの『キラー・ビーチ』です。

 
この曲は以前にもブログで取り上げたのですが、「夏の砂浜」でこれ以上の楽曲はないくらいあまりにも最高すぎるので、毎年書きたいくらいです。

俺の場合、海といっても家の裏にあるプライベート・ビーチなので、他に人はほとんどいないくらいのどかで(今日は釣り人が一人いました)、人の多い海水浴場なんかはもう10年くらいは行ったことありません。
この曲は、そういうもっと人でごみごみしてるような所で聴いた方が破壊力が増しそうな気がします。

『キラー・ビーチ(Live)』

 
 
『ロケット・トゥ・ロシア』ラモーンズ(1977)

Rocket to Russia

開放的なサーフ・パンク炸裂のラモーンズのサード。
まったりと砂浜で音楽を聴くならこのアルバムがいいでしょう。

『ロッカウェイ・ビーチ』

 
ミッシェルの『キラー・ビーチ』の原点はこれでしょうね。
昔からイケてるロック・バンドは「ビーチ」とついた曲名をつけるものと決まってます!

 
『シーナはパンク・ロッカー』

 
そんなありふれた夏の一コマです。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『TOP OF THE FUCK'N WORLD』THE MIRRAZ

「言葉が突き刺さる!」

日本のロックを聴いてそういう風に感じたのは、
チバユウスケ以来かもしれません。

『TOP OF THE FUCK'N WORLD』THE MIRRAZ

TOP OF THE FUCK’N WORLD

 
去年、俺が買った「日本のアーティスト」のCDは、サニーデイ、曽我部恵一のソロ、トクマル・シューゴのたったの3枚でした。過去20年でもひょっとすると1番少ないかもしれないし、ロックンロールは皆無。多分自分の中でそういうムードだったんでしょう。

年明け、なんとなく「日本語」のアグレッシヴなロックが聴きたくなりCD屋へ。ちょうど、神聖かまってちゃんの2枚のアルバムが出てたので、ちょっと買ってしまいそうになりましたが、この年になるとあんまり「狙いすぎ」な音楽に興味を持たなくなったし、すぐ飽きそうな気がしたのでパス。ボゥディーズは何曲か聴いたことあるけどあんまり好みじゃなかったし、OCEANLANEは音楽的にはいいけど英語なので、結局俺が選んだのは、このミイラズでした。

じつはミイラズを聴くのはこれがまったくの初めてです。
例の「アークティック・モンキーズのパクリ」というのがあり、じゃあアクモン聴いときゃいいんじゃ?と思って聴いてこなかった訳ですが、それはそれでよかったと思うけど、このアルバムは聴かなければ後悔するところでした。

このアルバムを聴いて俺が感じたのは、今のリスナーにとってのミイラズとは、俺が15年前に聴いてた、ミッシェル・ガン・エレファントのような存在なんじゃないかと。ロックの歴史上ではパクリみたいなものなんだけど、「ロックのかっこいい部分」というのを抽出し、新しいものとして提示して見せ、それがとてつもなくかっこいいという。

『ハッピーアイスクリーム』

 
ミッシェル・ガン・エレファントとの比較でいうと、チバユウスケの独特な詞世界に対して、畠山承平はわりと普遍的な日常のいろんな断片を切り取った感じの歌詞なんですが、息つく暇もなく繰り出されるそれらの言葉達、それがただただ圧倒的なのです。

こういうサウンドにこういう歌詞を乗っければ、かっこいい曲が出来るだろ!と人それぞれあると思うんだけど、それをいとも簡単にやっているように見えるところは才能のなせる業なんでしょうね。

アグレッシヴな曲もいいんだけど、俺がグッとくるのは、「君の料理~」や「ただいま、おかえり」みたいな”君と僕”について歌っている曲です。まあ年をとったせいなんでしょうけど。とくに「ただいま、おかえり」は泣けます。

『君の料理(レシピNo.2047)』

 
『ただいま、おかえり』

 
ミイラズを聴いてつくづく思いました。
今だに俺はこういうロックを求めているんだなあ、と。

 
『ルール・ザ・ファッキン・ワールド』TFF vs KOL

 
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『キラー・ビーチ』ミッシェル・ガン・エレファント

夏になると必ず聴きまくる曲。

「キラー・ビーチ」ミッシェル・ガン・エレファント

アルバム『ギヤ・ブルーズ』収録。
チバユウスケの詞もなにもかも文句なくかっこよく、海水浴の人でごった返すビーチで、大音量でかければ痛快でしょうね。

とはいっても、俺は人の多い海水浴場には行くことはないけど。
泳ぐとすると、家から歩いて行けるくらいのところに海があるので、そこのプライベート・ビーチでいつも泳いだり、子供と戯れてます(^^)。

ミッシェルのアルバムだと、初めてミッシェルを聴いたというインパクトとサイケでかっこいいジャケットを含めて、『チキン・ゾンビーズ』の方が好きです。

Chicken Zombies

このジャケットの元ネタはブルー・チアーというプロト・メタルバンド。

 Blue Cheer/Vincebus Eruptum

ちなみにミッシェルのバンド名は、チバの友達がダムドの
『マシンガン・エチケット』を読み間違えた事から。

パンク・ロック&ビーチつながりでいうと、ラモーンズの『ロッカウェイ・ビーチ』もぜひ一緒に聴いてください!
こちらも痛快な一枚!

『ロケット・トゥ・ロシア』

Rocket to Russia

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (8) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック