イーグルス

今週のタイム・マシン!『セクシー・ガール』グレン・フライ

この前、グレン・フライの『ヒート・イズ・オン』のPVをYouTubeで探すついでに、もう1曲聴きたい曲があったので探してみました。

という訳で、今週の「タイム・マシーン!」のコーナーです。
1984年のグレン・フライのスマッシュ・ヒットをお送りします!

『セクシー・ガール』

 
この曲のPVは俺が洋楽を聴き始めた頃に、「ベスト・ヒット・USA」で一回だけ見た記憶があります。もう26年ぐらい前になります・・・。
あのホースのくだりなんかは、ベタなコントみたいで笑えます(^^)。

ほのぼのとした地味めの曲ですが、後の大ヒット曲、『ヒート・イズ・オン』や『ユー・ビロング・トゥ・ザ・シティ』よりもグレン・フライのソロでは、1番好きな曲です。

この頃はグレン・フライが元イーグルスのメンバーだというのも知りませんでした。というよりイーグルス自体知りませんでしたが。
この何年か後、イーグルスのことを知って大好きになり、聴きまくるようになる前のことです。

そのイーグルスは7年ぶりの来日が決定しましたね(^^)。
あの数々の名曲たち、一度生で聴いてみたいものです・・・。

『ホテル・カリフォルニア』

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『Desperado(ならず者)』イーグルス

昨日、幼稚園に通っている上の子の保育参観に行ってきました。
隣にある小学校の体育館で「親子体操」みたいなのをしたんですが、ほとんどの子が楽しそうにやってる中、うちの子は機嫌が悪くてほとんどお母さんに抱っこでした(甘えたれです)。

それが終わって、幼稚園に帰っている時、音楽室かどっかから吹奏楽の練習をしている音が聴こえてきました。
なんか聴いたことあるなあと思い、耳をすませていると、これはイーグルスの『Desperado(ならず者)』だというのに気づきました。

なかなか渋い選曲するな~と感心しましたね!

『Desperado(ならず者)』

 
イーグルスは一時期すごく好きでよく聴いてました。

80年代洋楽にハマリどっぷりと聴いてましたが、
チャートの魅力が薄れた80年代後半~90年代初め、ニルヴァーナやソニック・ユース、そしてマニックスを聴いてロック(パンク)をどっぷり聴くようになるまでの間、よく聴いてたのが、ガンズやモトリー・クルーなどのハード・ロック、初来日で盛り上がってたローリング・ストーンズ、大好きだったスタイル・カウンシル(ポール・ウェラー)、そしてイーグルスでした。

イーグルスといえばやはり『ホテル・カリフォルニア』、
冒頭のタイトル曲から最後の「ラスト・リゾート」まで素晴らしすぎる、文句なしのオールド・ロックの名盤。

ホテル・カリフォルニア

 
そしてベスト・アルバム史上最も売れたといわれる、
『グレイテスト・ヒッツ 1971-1975』。

Eagles - Their Greatest Hits 1971-1975

個人的にも「ベスト・アルバム・ベスト10」に入る、ベスト・アルバムです(ややこしい表現で、すみません・・・)。
数々の名曲が収められてますが、俺はやはり『ならず者』が一番好きですね。
沁みます・・・。

イーグルスについて書くのは、前回が、保育所の卒園式の時だったので(ほとんど同じような内容だったような気もしますが・・・)、子供が成長していく節目節目にイーグルスの曲が流れていることになります。

成長していく我が子にこの曲を捧げます。

『テイク・イット・イージー』

 
俺みたいな「ひねくれ者」にならないように・・・(笑)。
 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『時は流れて~ならず者』イーグルス

今日、子供が行ってる保育所の修了式でした。

4月から幼稚園に行くので、保育所は今日でお終いです。
「大きくなったな~」と子供の成長を感じるとともに、これからどんどん大きくなっていくんだなあと思うと寂しい気持ちにもなります。

ちょっとした感傷に浸ってる時に頭の中に流れてきたのが、イーグルスの『時は流れて』(アルバム『ホテル・カリフォルニア』収録)でした。

ホテル・カリフォルニア

『ホテル・カリフォルニア』はいわずと知れた歴史的ロックの名盤。

という訳で。ひさしぶりにイーグルスが聴きたくなりました。
『ホテル・カリフォルニア』も当然好きなんだけど、この他によく聴いていたのがマイケル・ジャクソンの『スリラー』と史上最も売れたアルバムの座を争っている、

『グレイテスト・ヒッツ1971-1975』

Eagles - Their Greatest Hits 1971-1975

この中でも1番好きな曲が『ならず者』(DESPERADO)です。

 
子供の姿を見ながら、時が流れるのは早いなあと感じたりしながら、
しみじみこう思います。「幸せ」だなと。
”あの頃”からはまったく想像出来なかったけど。

あいかわらず、自分自身の中では色々な問題を抱えていますが、
毎日毎日、子供の笑い声やその存在に癒されています。
もちろん嫁さんにも感謝してます(^^)。

子供達の前途洋洋な未来へ、この曲を捧げます。

『テイク・イット・イージー』

~田舎へ泊まろう!~

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック