ジョナサン・ファイアー・イーター

早すぎたロックンロール・リヴァイバル!『ジョナサン・ファイアー・イーター』

60年代『ブレイク・オン・スルー』ザ・ドアーズ
70年代『アナーキー・イン・ザ・UK』セックス・ピストルズ
80年代『ティーンエイジ・ライオット』ソニック・ユース

各年代ごとに好きな1曲を(無理やり絞って)挙げていくと、
俺の場合、やはり「パンクな曲」という事になってきます。

そして、90年代はこの曲です!

『ザ・サーチ・フォア・チェリー・レッド』ジョナサン・ファイアー・イーター

ドアーズやヴェルベッツ、パンクの時代~ソニック・ユースやジョン・スペンサーといったジャンク・サウンドなど、そういったニューヨークの空気を全部吸い込み、アンダーグラウンドのヒリヒリした空気感とクールなインテリジェンスが溢れている曲。

俺的にはこの1曲だけで、ストロークスのアルバム『イズ・ディス・イット』1枚に匹敵するというぐらい好きなんです。

簡単にジョナサン・ファイアー・イーターのバイオグラフィーを。

ワシントンDCで結成。
レゲエやスカをこよなく愛し、そしてスカから逆向してクラッシュの存在を知った彼らは、パンクの洗礼を受けることになります。
やがて成功を夢見て、ニューヨークに上陸。

この頃、
「ある日、シャワーを浴びている時に、ふっと燃え上がるパイの上に立っている一人の男の姿が目の前に浮かんでね。その男がこう言ったんだ、『ジョナサン・ファイアー・イーター、頭文字はJってね』
とひらめいたそうです。

「元・詩人志望」で全ての音を食いちぎるように歌うヴォーカルのスチュワート・ラプトン、
サイケ・フレイヴァーを撒き散らすキレたオルガンのウォルター・マーティン、
生まれながらのヘンテコ・リズム野郎のマット・パトリック、
物悲しげなカッティング・ギターのポール・マルーン、
ベース(とくに何も思いつかない)のトム・フランク、

「奴(ドラム)は生まれながらにしてヘンテコ・リズム野郎なんだけど、俺らには妙な感じがしないんだよ。そして俺らはそういったお互いの妙ちくりんな部分を突然全て重ね合わすことが出来たんだ。あれは本当に偶然の産物だった。暗闇の中で電気のスイッチを手探りしてたら偶然手が触れたっていうか、とにかくすごくラッキーだった」

こうしてJFEという、バンド・マジックを手に入れることになりました。

 

そんなJFEのインディ時代に出した、シングルを編集した『コンピ盤』では、60年代モッズやグラムやパンク、ニュー・ウェイヴ~スミスなど、影響を受けた音楽を、イギリスのバンドならトリートメントされた音に仕立て上げるだろうところを、これがニューヨーク流だと言わんばかりに自分たちの音楽の興味をぶちまけてます。

やっぱり俺は誰もが口ずさめる、分かりやすい曲を作るバンドよりも(それはそれでいいけど)、JFEみたいなオリジナリティのあるバンドが好きみたいです。

そういう、自分に合うバンドや音楽を探し求めて、今日も明日も明後日も飽きることなくロックを聴き続けているのかもしれません。
 

キルズがカヴァーした『サーチ・フォア・チェリー・レッド』
あまり原型はないけど、これもクールでかっこいい。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック