パステルズ

『TWO SUNSETS』パステルズ/テニスコーツ

ある晴れた日曜の午後、
空を見上げると、そこにあるのは「青い空と白い雲」。
ただそれだけの当たり前の風景ですが、
その日はなぜかいつもよりも『深く』感じられ、
ちょっとした「幸福感」に包まれました。

『トゥー・サンセッツ』(2009)

トゥー・サンセッツ

『オリジナル・アルバムとしては、不朽の名作「イルミネーション」以来、実に12年ぶり!パステルズ待望の最新作は、以前から親交を深めていた日本のテニスコーツとの夢のようなコラボレーション・アルバム。ティーンエイジ・ファンクラブのメンバーも参加。どこまでも穏やかで優しく、無限の奥行きを感じさせる傑作!』

『Vivid Youth』

そんなささやかな幸せを感じる瞬間と、
このアルバムの持つ雰囲気がとても似ています。
音楽シーンに流されない、こういう音楽が好きです。

例えれば、音楽産業が巨大な大木だとすれば、このパステルズの音楽は、生い茂った木々の葉の間から漏れて来る「暖かい木漏れ日」のような音楽なんじゃないでしょうか。

このアルバムを聴いてると、なんでもないような当たり前の事を、(魂や細胞のレベルで)幸せに思えるようになれればいいなあと思ったりします。

「幸福感を醸し出す」素敵なアルバムです。


『About You』
ジーザス&メリーチェインのカヴァー曲。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ケンタッキー・フライド・チキン vs パステルズ

28日は「にわとりの日」ということで、ケンタッキーフライドチキン(以下KFC)では、毎月28日、「とりの日パック」を特別価格(980円)で販売しています。

そんな「とりの日パック」を食べながら(・・・といきたいところでしたが、食べきれないので今回は「チキンポットパイBOX」でした)音楽を聴こうという、redsさんの完全なパクリ企画第2弾です(笑)。

個人的には、他の人があんまり取り上げない、出来るだけマイナーなものを紹介していきたいという性格上、今回は、前回のティーンエイジ・ファンクラブ&ジャド・フェアーに続き、素晴らしいアルバムを出したばかりの「パステルズ」です。

『イルミナティ』(1998)

ILLUMINATI

ご存知パステルズはビジネスよりも「とにかく音楽が好き」であることを優先しているオルタナティヴなバンドです。
そんなパステルズ初のリミックスアルバム。

実は俺、リミックスの曲ってあんまり好きじゃないというか、
そんなに興味がないんですよね。
なので、マニックスのベストの2枚目とか、一回も聴いたことがありません・・・。
さらにコーネリアスの『FM』『AM』も買ったものの、そんなに聴いた記憶がありません・・・。

しかし、このパステルズのリミックス・アルバムは好きなんです。
それはひとえにパステルズというバンドの魅力によるものでしょうが、俺の好きなコーネリアス、ステレオラブ、スーパーカーをはじめ、ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)、ジョン・マッケンタイア、ジム・オルークなど、豪華なリミキサー陣によるところも大きいかもしれません。

そもそもこのアルバム、最初パステルズは、彼らの音楽がリミックスされるというアイディアに懐疑的で、「やってもいいよ。ただし、ケヴィン・シールズが参加してくれるならね」と言ったところ、ケヴィンがノリノリだったために、作られたそうです。

個人的には、キラキラ宇宙空間のコーネリアスと、ヌード・ディスコなステレオ・ラブのトラックがフェイバリットです。

全体的にリラックスしたムードで、各アーティストのパステルズに対する尊敬の念と遊び心がたっぷり詰まった、「音空間」が存在してます。

午後のぽかぽかした陽気の中で、まどろみながら聴く、「ゆる~いサイケデリック感」漂う音楽は心地いいものです(^^)。

パステルズと小山田圭吾といえば、
パステルズとグラスゴーのバンドへのオマージュのこの曲。

『SON OF A GUN』ヴァセリンズvsニルヴァーナvsカヒミ・カリィ 

 
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (6) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック