ジェフ・バックリィ

『MYSTERY WHITE BOY』ジェフ・バックリィ

ジェフ・バックリィが、生前残した唯一のアルバム、

『グレース』(1994)

グレース

天性の美しい声を持った男の比類なき傑作は、
今だにその鮮烈さが薄れることはありません。

彼の真骨頂はライヴ・パフォーマンスにありました。
とはいっても、実際観たわけじゃありませんが・・・(^^;)。

だから俺は、今となっては「ライヴ盤」を聴くしかありません。

『Mystery White Boy Tour』

Mystery White Boy: Live '95-'96

95~96年に行われた、”Mystery White Boy Tour”でのライヴの中から、ジェフの母親とバンド・メンバーが「超絶した瞬間を捉えている個別のパフォーマンス」を見つけ出し、チョイスされたものがアルバムに収められています。

目を閉じて、ジェフ・バックリィのライヴ会場にいる自分を心に描いてみてください。そして、ピュアでセクシーでスピリチュアルなジェフ・バックリィを体験してください!

”唯一のゴールは過程にある。かすかな光の煌きを伴った過程こそが重要なんだ。その煌きがギグであり、ライヴ・ショウ・・・それは狭間を生きること。僕にあるのはただそれだけ”ジェフ・バックリィ

『ハレルヤ』

 
『モジョ・ピン』

 
『ラスト・グッドバイ』

 
『エターナル・ライフ』

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永遠の名盤!『グレース』ジェフ・バックリィ

ジェフ・バックリィ・・・。
あらゆる人々を魅了してしまう、
美しい、天賦の声を持った人でした。

彼が亡くなったのは、ちょうど11年前の今日でした。

ジェフ・バックリィは俺の中では、
ジム・モリソン(ドアーズ)、カート・コバーン(ニルヴァーナ)と並ぶ、
3大ヴォーカリストに入る、好きなアーティストです。

この3人の「魂の叫び」ともいえる歌声は、俺の魂に響いてくるものでした。3人とも若くして亡くなってしまったというのは、たんなる偶然じゃなく、ある種の必然性を感じます。

『グレース』ジェフ・バックリィ(1994)

グレース

「個人的ロック名盤・5位」

生前発表された唯一のアルバムで、ニルヴァーナの「ネヴァー・マインド」をミックスしたアンディ・ウォレスがプロデュースということもあり、時代の空気をとりいれた音でもありながら、唯一無二の存在感に、ただただ圧倒されます。
”永遠の名盤”としかいいようがない、美しい作品です。

「同じ曲でも、彼は同じ歌い方を2度繰り返すってことはなかったね。近いと思うものすらなかった。あるテイクのこの1ラインだけを直したいからってスタジオに入っても、彼はそのヴァースをそっくり丸ごと歌いなおしちゃうんだ。全然違う風にね。」
アンディ・ウォレス

今回は、ミュージシャンにとってのジェフ・バックリィというのを
紹介してみたいと思います。

「ジェフ・バックリィは、ノイズの海の中の濁りのないひとしずくだった」
ボノ(U2)

「僕は彼を愛した人たちが、彼の生涯と死を安っぽいロマンティシズムの夢物語に仕立てあげようという誘惑と闘い抜いてくれればと切に願うねー本物の彼はそんなものとは比べものにならないくらい素晴らしいものだったんだから」
エルヴィス・コステロ

「僕はこの世界ではお高く止まってる奴に随分会ったけど、彼は本当に愛するべき人で、僕が出会った中で最も才能があり、尚且つ人間的にも最高に素敵な人だった。
彼ほど僕が新しい作品を聴けることを心待ちにしていたアーティストはいないよ。僕はカミさんとよく音楽の話をするんだけど、何を聴いてもつまらない、この先出てくるものにも希望が持てないなんてシニカルな気分になった時にはいつでも、いや、少なくともジェフ・バックリィはこれからもずっと素晴らしいレコードを作り続けてくれるはずだよ、って言ってたのに。
<ラスト・グッバイ>はおよそ丸一年、毎日聴いてた。ギターをプラグ・インして、レコードに合わせてヴォリューム最大でプレイするんだ。僕をあれほど無理なく素直な気持ちにさせてくれた、自分自身であろうとすることへの恐れを消してくれた人は初めてだった・・・。」

バーナード・バトラー(元スウェード)

 
彼ほどの可能性を秘めたロック・パフォーマーは歴史を見渡してみても、ほとんど見当たりませんでした・・・。

奇跡の声~ベスト・オブ・ジェフ・バックリィ 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック