ティーンエイジ・ファンクラブ

『Sweet Days Waiting』ティーンエイジ・ファンクラブ

「東日本大震災」のあまりの被害の大きさにショックをうけ、テレビや新聞などで被災された方たちの報道を目にすると悲しみで涙が溢れてきます。
俺に何が出来る訳でもなく、思い浮かぶのは募金する事ぐらいだったので、とりあえず少ない小遣いの中から義援金は送らせてもらいました。少しでも力になれればと思うので、今後も続けていきます。

しかしテレビで地震のニュースや惨状を目にしても、ひとたびそこから離れるといつもと変わらない日常生活が俺を待ってます。結局のところ、俺に出来るのは「自分の人生を一生懸命生きること」しかありません。与えられた状況の中で、いかにその一瞬一瞬を大切に、そして真剣に生きられるのか、という。
でも、(軽いけど)心の病を抱える俺にとってはそれがもっとも難しいことでもあるんですが・・・。まあそれでも被災している人と比べるとはるかに俺は恵まれている環境にあるといえます。

そんなことを考えていると、ティーンエイジ・ファンクラブの『Shadows』が聴きたくなります。

『Shadows』Teenage Fanclub

シャドウズ

『Baby Lee』

 
『グランプリ』以降、ひたすら「曲の良さ」を追求してきた彼らの、ある意味頂点に達したアルバムなんじゃないかと思います。今までになく穏やかでシンプルなこのアルバムですが、1番最初に聴いた時は正直物足りませんでした、「地味すぎるんじゃ?」と。
例えると、『バンドワゴネスク』がゴツゴツした大きな岩だとすると、そこから余計なものを削ぎ落としていき、(ソングライティングを)磨きに磨いて、キズひとつない小さなまん丸い球体が出来上がったという感じです。なので刺激的な音楽を求めている人にとっては物足りないでしょう。

ですが、俺はこのアルバムを聴いていてこう感じるんです。
「刺激なんか必要ない、ありふれた、穏やかな日常の中にこそ、幸せは潜んでいるんだと」

『Sweet Days Waiting』

 
暗闇が港に迫ってくる
闇からの波がきみを飲み込んでゆく
この大きな古い世界は激しさを増してゆく
この騒ぎに満ちた日々が終わるのを待っている

きみは強い人さ、うまくいくことを願うよ
でも今のきみは海の中で捉えられた空気のよう

都会での辛い夜
息を止めて夜明けを待っている
この古い世界は激しさを増してゆく
時々、世界でなにが起こっているのかを知るのは難しいんだ

今、日の光は消え去ろうとしている
でも水平線の向こうではそれは輝いている

幸せな日々が
そこで待っている

きみを待っている

 
そんな素敵で、幸せな日々が俺やみんなに訪れることを願ってます。
 

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『恋はいつも幻のように』ホフディラン vs TFC

「コヤソニへの道!」第2回目は、ホフディランです。

ホフディランのCDは一枚だけ持ってます。

『Washington,C.D.』(1997)

Washington,C.D.
ひねくれたユーモアとポップ・センス、洋楽テイストに溢れたこのアルバムは、なかなかおもしろいものがありました。

『恋はいつも幻のように』

 
ティーンエイジ・ファンクラブチックなイントロのギターがたまりません。
この曲の後半もティーンエイジ・ファンクラブの「Norman 3」を彷彿させ、ティーンエイジ・ファンクラブ(以下TFC)の影響が大きい曲です。

こちら元祖TFCの『Norman 3』

 
この曲の後半の3分間は、
「イエー、僕は君が好き、君と恋に落ちてる」
と延々に繰り返されています。
さすがにいったいいつ終わるんだ?と飽きそうになる時がありますが(このYou Tubeの映像は途中で終わってますが)、トロトロにとろけそうな甘さの楽曲とハーモニーがたまりません。

そのTFCの6月に出た新作が、素晴らしいです。

『Shadows』

シャドウズ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ソングス・フロム・ノーザン・ブリテン』ティーンエイジ・ファンクラブ

夏も終わりに近づいて、秋の気配が漂ってます。

本当は「夏の到来」を感じさせるサウンドとして、スリルズの後にティーンエイジ・ファンクラブを書こうと思ってましたが、すっかり予定が狂って遅れてしまいました。

『ソングス・フロム・ノーザン・ブリテン』(1997)

ソングス・フロム・ノーザン・ブリテン

ティーンエイジ・ファンクラブ(以下TFC)の5作目。
それまでTFCはそこそこ好きだったものの、いまひとつ物足りないものを感じていました。しかしこのアルバムで、俺の中では、ベル&セバスチャンとともに、90年代後期最も好きなバンドになりました。もちろんTFCの中でも1番好きなアルバムです。



TFCは、アルバム発表毎にソングライティングのレベルが上がってきて、このアルバムでは、よりマイルドになったシンプルなグッド・メロディと、美しいハーモニー、そして前向きで誠実な歌詞、すべての要素が溶け合って、バンドはまさに最高の時を迎えたんじゃないかという印象をうけました。

歌詞の面では、ノーマンが「大体僕はクールっていうコンセプトが嫌いなんだよ。これはただの音楽であって、音楽はクールになれるものでも、ファッションのステイトメントとして使うものでもない。もちろん、自分も含めて若い頃はいかにクールでいられるかってことをかんがえるもんさ。だから”LOVE”なんて言葉使えなかったんだ。でも今の僕はクールとは無縁でいることが野望になっているんだからね」というように、音楽シーンを意識したクールなかっこつけとは無縁です。

今ちまたで話題(ノエル脱退問題)のオアシスのリアムからは、「君たちの音楽は最高だね、俺たちの次にいいバンドだよ!」とめでたく”セカンド・ベスト・バンド・イン・ザ・ワールド”の称号をいただいたそうですが、TFCの姿勢の方がよっぽどパンクなので、当然こっちの方が好きでした。

~複雑かもしれないけど、やり直す時間はあるよ~
と歌われる、一曲目の『スタート・アゲイン』で始まり、
次の『エイント・ザット・イナフ』でいきなりハイライトを迎えます。

『エイント・ザット・イナフ』

~日が昇る、それで充分じゃないのか?
 澄んだ空のような真実、それで充分じゃないのか?
 トイタウンのような気分が思い出させてくれる
 夏が町にやって来たんだ、やることをやろう~

そして大好きな『ウインター』では、

~水が流れる場所
 誰にも邪魔されず
 いつまでも澄み渡っている空
 道なんてなくて
 緑茂った豊かな森林
 天国が回って歌う
 季節がすべてに変化を与える

 僕らに見つけられる世界はあるのか
 心の中にある隠された場所~

まさに俺の人生においても「冬の時代」が過ぎ、
「夏」がおとずれようとしていた時でした。
そういう瞬間に、こんな素敵な曲がたくさんつまった、
『ソングス・フロム・ノーザン・ブリテン』と出会ったのです。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

↓関連記事↓
『サニーデイ・サービス』~ジャケットの風景写真の真実~

| | コメント (6) | トラックバック (1)

ケンタッキーフライドチキン(KFC) VS. ティーンエイジ・ファンクラブ(TFC)

28日は「にわとりの日」ということで、
ケンタッキーフライドチキン(以下KFC)に行ってきました。
毎月28日、KFCでは「とりの日パック」という特別価格サービスを実施しているらしく、ずっと前から気になってたので、タイミングよく日曜日ということもあり買ってきました!

完全にredsさんのパクリです。すみません。
毎月redsさんの記事を読んでたら、食べてみたくなったんです(笑)。

そんな「とりの日パック」を食べながら聴くのは、
ティーンエイジ・ファンクラブ(以下TFC)です。
TFCは近々登場予定でしたが、この企画のため、
急遽出演してもらいました(^^)。

TFCはご存知、ビジネスよりも「とにかく音楽が好き」であることを優先しているバンドです。この姿勢は、ニルヴァーナとツアーしてた頃から変わっていません。パンクです。

『Words Of Wisdom And HOPE』(2002)
ティーンエイジ・ファンクラブ&ジャド・フェアー

Words of Wisdom and Hope

TFCとジャド・フェアー(ハーフ・ジャパニーズ)のコラボ。
このアルバムでも、そんなTFCのまんまで、
音楽を楽しんでいる様子がうかがえます。
 
『Near To You』

 
このアルバムに収録されたナンバーの多くは、
TFCによって作曲され、ジャドによって作詞されたものだそうです。

「ジャドはほんとにすごいよ!まるで本を読むみたいに、次から次へ言葉を思いつくんだ」

そして、このアルバムのセッションではTFCのメンバー達はそれぞれが通常と異なる楽器を演奏しています。

「基本的にぼくらはこれを作る際、ほとんどインプロヴァイズしてた(即興にやった)んだ。事前に曲を作ったりもしなかった。大体スタジオで、誰かが思いついたベース・リフやギター・リフを基にして発展させていった。曲そのものが、ひとりでに生まれていくというか・・・、次から次へと、曲ができていった。なんとも楽しかったね」

ジャドの素晴らしい詩(歌詞カードを読んでください)とヘロヘロのヴォーカル、そして自然に湧き出たナチュラルなメロディー。
ここにあるのはただそれだけ。
作りこんだ流行りものの音楽が好きな人には物足りないと思います。
 
このアルバムにはパステルズのカトリーナ・ミッチェルも参加してます。ご存知パステルズはビジネスよりも「とにかく音楽が好き」であることを優先しているオルタナティヴなバンドです。パンクです。

パステルズに興味がある人は、
こちらのアルバムをおすすめします。

『サック・オン・ザ・パステルズ』

サック・オン・ザ・パステルズ

 
この『希望の光を投げかけてくれる賢者の言葉』、
ベタな表現ですが、スルメのようなアルバムです。
ほかに気のきく表現が思い浮かびません(笑)。
 

 ↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

 にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック