スネオヘアー

『a watercolor』スネオヘアー

10月に入りましたね。
完全に夏は過ぎ去ったみたいです。
そんな夏の終わりを感じる季節に、
このアルバムをずっと聴いてました。

『a watercolor』(2003)スネオヘアー

a watercolor

俺が選ぶ、「2000年代、日本のロック・アルバム 」第2位です。

『ピント』PVが笑えます。

宣言文的な一曲目「のびたテープ」で始まり、
アップ・テンポな二曲目の「ピント」へという流れ、
これは、ストーン・ローゼスやストロークスのファースト・アルバムのような、歴史を作った「名盤」と同じパターンです。そう思って比べて聴いてみるとおもしろいかも(^^)。

『ウグイス』佳曲です。

この年になった俺が、どういう音楽を好むかというと、自分と同年代のアーティストが、同じような立ち位置から発している(と勝手に思っている)音楽なんです。
まあ流行りとは関係なく自分の音楽をやってる人達です。
そんな好きなアーティストの中から、曽我部恵一、中村一義(100s)、ハナレグミ(永積タカシ)の新譜が偶然にも同時期(6~7月)に発売され、この夏はずっと愛聴してました。

ハピネス!

世界のフラワーロード#DVD付#

あいのわ 

ちなみに、この3枚のアルバム、
俺は心の中で「三種の神器」と呼んでました(笑)。

そしてスネオヘアーこと渡辺健二。
この遅咲きで俺と同じ年の男もそんな中のひとりです。

『a watercolor』の何に惹かれるのかというと、
多分、俺の心の中の心象風景と似ているからなんだと思います。
普段、表には出せず心の中で抱えている、そんな想いみたいなものが、このアルバムでは歌われている気がするんです。

とくに、後半の「セイコウトウテイ」「アオイソラ」「スピード」、
この怒涛の3連発は、俺的にきますね。

人生を見失いそうになる、そんな時に、胸に響いてきます。

『セイコウトウテイ』

~いつか成功、到底ムリだとわかったとしても~

『スピード』 

すれ違うばかりの通りに
響かない乾いた声
ちょうどノイズと無音の真中
そんな感じ

並んだ影は
混ざり合ってるけど
染みこむように薄らいで
消えてる

思うより早く世界はまわってる
急がなきゃこのままここで
ぼやいてる時間も無いさ

知らない誰かの噂で
気づけば踏み場も無いほど
それでも夕暮れ色づいて
優しく包んでみせる

高い鉄塔の上に吹いてる
遠くから来る風に
飛んで行きたいな

すごいスピードで
瞬きも出来ずに
まるで時間は止まってる
間違い無く動いている

思うよりも遥か
遠くに霞んでる
昨日を思うよりも
すぐに明日がやってくる

ああ 君はどんな空を見てるだろう
すれ違い紛れてく中に一人
そう どこで何を考えてるだろう
空は青く深く色を変えてゆくさ

そう 僕らが思うよりも早く
世界はまわってる
急がなきゃこのままで
止まってもいられないな

すごいスピードで
瞬きも出来ずに
まるで時間は止まってる
間違い無く動いている

 ベスト(初回生産限定盤)
 
最近のスネオヘアーは聴いてないんだけど、
出たばかりのベスト盤を買おうかなと思ってます。
 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『フォーク』スネオヘアー

「ロックなめんなよ!」

一時期、スネオヘアーがTVの音楽番組や「スペ中」なんかで、冗談ぽく、こう言ってましたが、ロックの本質を理解している男だからこその妙な説得力がありました。

そういう訳で、スネオヘアーの3枚目のアルバム。

『フォーク』(2004)

フォーク

前作の『a watercolor』は、個人的には「00年代、好きな日本のロック・アルバム10枚」に入るアルバムでした。

もしスネオヘアーの音楽を聴いたことがない人がこのアルバムを聴くと、「スネオヘアー」というふざけたような(尊敬するて゛あろうコーネリアス先輩みたいな)アーティスト名や個性的なキャラクターからは想像しないような「まっとうな歌」に意外に思うんじゃないでしょうか。

小沢健二の『LIFE』の時にも書きましたが、ロックはある意味コケおどしの要素も必要なので、ガツンとしたものや目新しさを求めている人が聴くと物足りなく映るかもしれませんが、シンプルでまっすぐな言葉や音が内側へと静かに入り込んでくる好アルバムです。
最後の曲でやんちゃな面を出したりしてますが。

アルバムにも収録されてる、「ヒコウ」「ストライク」「テノヒラ」のシングル3連発は、この時期のスネオヘアーの充実ぶりを表してます。

ヒコウ

『ヒコウ』PV

ストライク

『ストライク』PV

テノヒラ

『テノヒラ』PV
スペースシャワーTVのパワープッシュになってた曲で、
PVでは、池ちゃん(100s)がいい味を出してます(笑)。

~理由なんてどうだって良かった
 愛しいもの 言葉には出来ない瞬間
 輝き始めた瞳が泣いたり笑ったりして
 これからを映し出した
 重ねあった手のひら 光を放さずに確かめ合う
 この温もり 繋いでゆく明日へ~
 

『ヒコウ』の歌詞は今の時期にぴったりかもしれません。

~上空を飛行して この想い焼き付けて
 新しい地平から つなぎ広がってゆく太陽
 春風に飛行して 揺さぶり続けてゆく衝動
 唇を経由して いつまでも抱きしめてたいよ
 上空を飛行して
 春風に飛行して~

機会があれば、スネオヘアー聴いてください。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days | andymori | HALCALI | MEW | MGMT | P.I.L. | R.E.M. | RIP SLYME | THE BLUE HEARTS | THE MIRRAZ | TVオン・ザ・レディオ | おすすめの本 | はっぴいえんど | アクロン/ファミリー | アッシュ | アニメ・コミック | アークティック・モンキーズ | アーケイド・ファイア | イーグルス | ウィルコ | ウィーザー | ウォークメン | エコー&ザ・バニーメン | エレファント・カシマシ | オアシス | カジヒデキ | カルチャー・クラブ | カーズ | ガンズ&ローゼズ | ガールズ | キングス・オブ・レオン | クラウデッド・ハウス | クラウド・ナッシングス | クラッシュ | クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー | グラスゴーの旅! | グリーン・デイ | コーネリアス | ゴメス | ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ | サニーデイ・サービス | ザ・クリブス | ザ・サンデイズ | ザ・ジャム | ザ・スミス | ザ・スリルズ | ザ・ハイヴス | ザ・ブルートーンズ | ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート | ザ・ホリデイズ | ザ・ポップ・グループ | ザ・ポーグス | ザ・ラプチャー | シャーラタンズ | ショコラ | ショーン・レノン | ジェフ・バックリィ | ジェームス・イハ | ジグ・ジグ・スパトニック | ジャズ | ジョナサン・ファイアー・イーター | ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン | ジョン・レノン | ジーザス・ジョーンズ | ジーザス&メリー・チェイン | ジーン | スウェディッシュ・ポップ | スウェード | スケルトンズ | スタイル・カウンシル | ストロークス | スネオヘアー | スピリチュアル | スポーツ | スーパーカー | スーパーグラス | セックス・ピストルズ | ソニック・ユース | ソフィー・セルマーニ | タヒチ80 | ダムド | ダーティ・プロジェクターズ | ティーンエイジ・ファンクラブ | デス・キャブ・フォー・キューティー | デス・フロム・アバヴ1979 | デッド・ツリーズ | デュラン・デュラン | デヴィッド・シルヴィアン | トクマル・シューゴ | ドアーズ&ジム・モリソン | ニック・ドレイク | ニルヴァーナ | ハッピー・マンデーズ | ハナレグミ | ハリケーン#1 | ハンサムケンヤ | パステルズ | パンク/ニューウェイヴ | ビョーク | ピチカート・ファイヴ | フォスター・ザ・ピープル | フリッパーズ・ギター | フリート・フォクシーズ | ブライト・アイズ | ブラック・リップス | ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ | ブラー | ブレンダン・ベンソン | プライマル・スクリーム | ベル&セバスチャン | ペイヴメント | ホット・ホット・ヒート | ボブ・ディラン | ボンベイ・バイシクル・クラブ | ポール・ウェラー | マイケル・ジャクソン | マジー・スター | マニック・ストリート・プリーチャーズ | マンサン | マンドゥ・ディアオ | ミッシェル・ガン・エレファント | メンズウェア | ラモーンズ | リプレイスメンツ | レッツ・レッスル | ロシアン・レッド | ロックの本 | ロック名盤ベスト100 | ロック名盤(洋楽) | ロック名盤(邦楽) | ロングピッグス | ローリング・ストーンズ | ヴァンパイア・ウィークエンド | ヴェルヴェット・アンダーグラウンド | 中村一義 | 佐野元春 | 夏の1曲! | 対決シリーズ! | 小沢健二 | 幕末 | 幕末・歴史 | 広島カープ | 斉藤和義 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 曽我部恵一 | 木村カエラ | 歴史 | 相対性理論 | 神聖かまってちゃん | 競馬 | 競馬の法則 | 羊毛とおはな | 育児 | 踊ってばかりの国 | 踊ろうマチルダ | 銀杏BOYZ | 音楽 | 00年代ロック | 00年代邦楽 | 10年代ロック | 10年代ロック(洋楽) | 60年代ロック | 70年代ロック | 80年代インディー・ロック | 80年代ハード・ロック | 80年代洋楽 | 80年代邦楽 | 90年代邦楽 | 90年代UKロック | 90年代USロック