ショコラ

『ベースボールとエルビス・プレスリー』ショコラ(withフルカワミキ) vs 広島カープ

いよいよプロ野球が開幕しました。
広島カープは今日やっと今シーズンの初勝利を飾りました(^^)。
今年のカープは優勝を狙える戦力なのでちょっと楽しみです、まあ客観的に見れば、相変わらずの「らしい」補強をした巨人が有力でしょうが・・・(^^;)。
打線は爆発力はありませんが、最悪だった去年よりはマシだろうし、投手陣は久々の投手王国復活の感じなのでかなり期待してます。去年前半不調だったけど今年は期待出来るマエケンを始め、復活した大竹にルーキーの野村と先発陣は6人揃ってるし、とくに抑えのミコライオとサファテは強力なので7回までリードしてれば安心して見ていられそうです。
あと若手の堂林は今年経験をつめば化けそうな予感がするので、ぜひとも緒方みたいな選手になってもらいたいですねー。

という訳で、野球つながりのこの曲。

『ベースボールとエルビス・プレスリー』chocolat

 
『ハムスター』(1999)

商品の詳細

セカンド・アルバム『ハムスター』に入ってる曲です。
子供の頃、「野球とプレスリー」の魔法に魅せられたって歌だと思うんだけど、俺の場合は「広島カープとロックンロール」でした。

ちなみに俺は、子供の頃からのカープファンなんですが、俺の小学生時代、ここ香川では6割が巨人ファン、3割が阪神ファン、そして残り1割が他の4球団のファンと、大体そんな割合だったような気がします。同級生でカープファンだったのは俺ともう一人だけでしたので。

ところでショコラはセカンドもいいんですが、ファーストの方が好きです。

『one to many chocolat』(1998)

商品の詳細

『もうひとつの雨』
雨の日や梅雨の時期に聴きたい曲です。

 
このファーストには、スーパーカーが参加している曲が、2曲入ってますが、俺はスーパーカーが大好きだったので、このコラボは嬉しかったです。
その内の1曲『ステキなクルマで走りぬけて』は、もろスーパーカーという感じの疾走感で、ボーカルがミキちゃんのかわりにショコラってだけの曲、もう1曲の『momo』はショコラの詞に、中村弘二が曲をつけてるんだけど、エモーショナルでアルバム中1番好きな曲です。

最後に、ショコラとミキちゃんのコラボ曲です。

『Like A Starberry』ショコラ with フルカワミキ

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『one too many』Chocolat

2000年代が木村カエラなら、90年代後期はショコラでした。
モデル出身の女性シンガーといえば。

ただ木村カエラが天性のスター性で、一般的なポピュラティを獲得しているのに対して、ショコラの場合は、あくまでロック畑でのみ愛されてました。もちろん俺も好きでした(^^)。

『one too many』(1998)

one too many Chocolat

ショコラのデビュー・アルバム。
カジ・ヒデキ、スーパーカー、ニール&イライザ、後の旦那・片寄明人(GREAT3)、黒沢秀樹、神田朋樹といった面々が参加していて、決して歌は上手くはないけど、ヴァラエティにとんだそれぞれの楽曲がショコラの魅力を引き出しています。

今の季節にぴったりなのが、『もうひとつの雨』

 
スーパーカーの2人(石渡淳治&中村弘二)による「ステキな車で走りぬけて」は、そのままスーパーカーでミキちゃんが歌ってもいいような曲。
飼っていたハムスターが死んだ時に書いたというショコラの詞に、ナカコーが曲をつけた「MOMO」はアルバムの中で1番好きな曲です。当時の心境的に、この曲の歌詞がはまったというのもあるけど・・・。

他にもカジくんらしい爽やかな初夏の風を感じる「SUN LEMONADE」、恋をしている時にぴったりな「かなえるよ」や「恋をしたなら」などロマンチックな曲があります。

『恋をしたなら』

この曲はニール&イライザの松田岳二と堀江博久(現the HIATUS)によるものです。

このアルバム、懐かしくも甘酸っぱい想いと、
キュートな魅力がたくさんつまったアルバムです。

当時、ローソンのCMに出てたんだけど、かわいかったですね(^^)。
バックの曲はカジくんの「フォーリング&ラヴィング」でした。

最後に、デビュー・マキシの『ショコラ・ア・ラ・モード』から、
今の季節にぴったりなこの曲。

ショコラ・ア・ラ・モード

『ブルーでハッピーがいい』

 
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック