小沢健二

『恋しくて』小沢健二

昨日、「笑っていいとも」に小沢健二が出てましたね。
16年ぶりだそうですが、当時は全くオザケンに興味がありませんでした。
俺が聴きはじめたのは、たしか15年くらい前に、当時知り合ったオザケン好きの子(オリーブ少女)に作ってもらったMIXテープがきっかけでした。その後、中古屋で『LIFE』を100円で買ったりしてだんだんと聴くようになりました。
当時、コーネリアスは好きだったんだけど、小山田圭吾とフリッパーズ・ギターを組んでた人だというのも後で知りました。

音楽的には好きだけど、そんなにファンというわけではない俺ですが、オザケンに一言いいたいのは、『刹那2』を早く出して欲しいということです。

『恋しくて』

曲はもちろんいいんですが、バングルスの『マニック・マンデー』まんまなイントロが80年代洋楽好きな俺にはたまりません。
今やテープも持ってないし、聴けなくなったので、こんな名曲群をぜひCD化して欲しいものです。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『いちょう並木のセレナーデ』小沢健二

早いもので12月に入り、すっかり風も冷たくなり、
街も冬景色に変わってきました。

『いちょう並木のセレナーデ』小沢健二

 
俺は90年代半ばくらいまで、ほとんど洋楽ロックしか聴かなかったので、フリッパーズ・ギターも知らなかったし、当時の小沢健二もテレビなんかで見かける程度で、なんか軟弱そうなイメージでした。

やがて日本のロックも聴くようになり、この曲が入っているアルバム『LIFE』を中古屋で、100円だったか300円だったか忘れましたが、それくらいで手に入れました。

『愛し愛されて生きるのさ』

 

『ぼくらが旅に出る理由』

 

『LIFE』小沢健二(1994)

商品の詳細

とんでもない名盤でした。

そして俺はこれからもブルーの中を生きていくのです。

 

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ドアをノックするのは誰だ?』小沢健二

クリスマスも過ぎようとしてます。

今朝、子供が目を覚まして、枕元に置いてあったプレゼントを見つけた時の嬉しそうな顔はよかったな。
ささやかな幸せを感じる瞬間でした(^^)。

そういう素敵な日々がずっと続けばいいなあと。
そんな気分で聴くのは、この曲です。

『ドアをノックするのは誰だ?』

 街は様子変えて僕らを包む
 街路樹の匂いもちょっとずつ変わってく
 スケートリンク 君と僕とは笑う
 爆音でかかり続けるよヒット曲
 たぶんこのまま素敵な日々がずっと続くんだよ
 風冴える クリスマス 君の心の扉を叩くのはいつも僕さ
 それ分かってる?

LIFE  

『LIFE』の小沢健二は無敵です。

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『LIFE』小沢健二

人生で1番大事なことは何か?
そう問われれば、それは間違いなく『愛』です。

この時代に「愛」って言っても薄っぺらく感じるかもしれないし、人それぞれ、その人の価値観によって違うという意見もあるかもしれませんが、それはただその人が「知らない」だけのことで、「人は何のために生きているのか?」という魂レベルの話をすると、それは「愛の意味を知るため」に他なりません。

一言で『愛』といっても、そのカタチはさまざまです。
ただ言えるのは「愛することはむずかしい」ってことです(^^;)。

前置きが長くなったので、
ここまでのくだりは無視してください(笑)。

『LIFE』(1994)小沢健二

LIFE

ロックとはある意味コケおどしの音楽で、とくに若い頃は、いかにクールでいるか、かっこよく見せるかという部分があると思うんだけど、そんなフリッパーズ・ギター(日本のセックス・ピストルズ)時代を経て、ソロになってからの2枚目のアルバム。

前回も書きましたが、この頃のオザケンに対しては、”軟弱”というイメージがあり、聴いたことがなかったんだけど、何年後かに聴くようになって、このアルバムの良さがだんだんとわかるようになりました。

小沢健二もパンク(ニュー・ウェイヴ)の影響を受けて音楽を始めたんだと思うので、多分若い頃はこういう音楽をやるのはかっこ悪いと思ってただろうというのは想像出来ます。

そういうオザケンが、てらいもなく『愛』について歌ったこの『LIFE』は、クールに見せることよりも、本当に大事なことについてありのままに歌うことが、もっとも”硬派”なんだというのを教えてくれる、この時期のオザケンだからこそ作りえた奇跡的な一枚。

『ラブリー』

~とても寒い日に 僕ら手を叩き 朝が来る光 分かり合ってた!
 
 それで LIFE IS COMIN’BACK 僕らを待つ
 OH BABY LOVELY LOVELY こんなすてきなデイズ
 世界に向かってハローなんつって手を振る
 OH BABY LOVELY LOVELY 機嫌無敵なデイズ
 いつか僕ら外に飛び出すよ 君と僕とはドキドキしてるよ
 誰かの待つ歩道を歩いてく
 OH BABY LOVELY LOVELY WAY 息を切らす~
 

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『刹那』小沢健二

今日あたりからぼちぼちと大掃除でもしようと思い、まず部屋の片すみに散りばったり、積み上げられたCDを片付けていました。

すると小沢健二の『刹那』の歌詞カードが出てきました。

刹那

そこには「2003.12.27」と記されてたので、
このアルバムが出てからちょうど5年なんですね。

オザケンのアルバム未収録のシングルを集めたものですが、
やっぱり収録曲の少なさにガッカリしましたね。
個人的には、まだまだ未収録の素晴らしい曲がたくさんあるので、それらのすべてが収められてたらよかったのに・・・、と思ったものです。
続編みたいなのが出るのかと思ったけど、出ないままだし。
とくにバングルズの「マニック・マンデー」と同じイントロの
「恋しくて」が好きなので入れて欲しかったです。

というのも、当時(90年代初め)俺は洋楽ばかり聴いてたので、オザケンは聴いたことがなく(フリッパーズ・ギターも知らなかったので、当時の露出的に”軟派”なイメージがあった)、後にオザケン好きだった知り合いの女の子に編集テープをもらって聴いたのが最初でした。ちなみにその子とは、サニーデイ・サービス、カジヒデキ、スーパーカー、コーネリアスなど音楽の趣味が似ていました。
テープしかこの時期のはないので、聴きたくても聴けないんです。
 

今年もあとわずかで終わりです。
このブログに来てくださったみなさん(通りがかりの人も)、
どうもありがとうございました。

来年もよろしくお願いします!
一生に一度しかない一年なので、素晴らしい年にしましょう(^^)。

さてと「痛快ウキウキ通り」を歩いていくとするか(笑)。

~喜びを他の誰かと分かり合う
 それだけがこの世の中を熱くする
 立ち止まり 息をする 暖かな血が流れていく
 心の中でずっとキラキラ弾ける!

 長い長いアラビアン・ナイト ほんの一夜の物語を行こう!

 それでいつか君と僕とは出会うから
 お願いはひとつ 笑顔で応えてと
 唾を吐き 誓いたい それに見合う僕でありたい
 しびれっぱなしの手のひら 鼻水出りゃこすりながら
 痛快に降る雪の中歩いてく!~
 

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック