幕末・歴史

『篤姫』最終回、「小松帯刀と坂本龍馬」

NHKの大河ドラマ『篤姫』ですが、いよいよ最終回ですね~。

普段ドラマなんか全然見ないんですが、
(今だと「流星の絆」なんかはちょこちょこと見てます)
『篤姫』だけは、毎週欠かさず見てました!
実際は2、3回見逃してるけど(笑)。

最初は、「篤姫ってあんまり興味ないんやけど・・・」、とか思いながら見てたんだけど、知らないうちにぐいぐいと引き込まれて、いつのまにかハマッてました(笑)。
歴史、とくに幕末や明治維新のあたりが好きだというのもあるんだけど、やっぱり宮崎あおいの演技力でしょうかね。

その影響が大きいんだと思いますが、今年生まれた女の子の名前で一番多かったのが、「あおいちゃん」だったそうです。

うちにも11月に女の子が生まれたんですが、その時に上の子に「赤ちゃんの名前何がええ?」って聞くと、なぜか「あおいちゃん!」って言うので、「その名前は多いんでちょっと・・・」と思いつつ(笑)、いろいろ迷ったけど、結局は考えていた名前の中からつけました。

その『篤姫』の中に登場する「小松帯刀」という人物に一番惹かれました。というのも俺はかなりの「幕末」好きで、いろんな本を読んだり、テレビで見たりしてたんだけど、小松帯刀についてはほとんど知らなかったからです。
吉田松陰や高杉晋作と、わりと長州藩の人が好きだったりするし、
やっぱり坂本龍馬は好きですね。
あの時代の人たちはとにかく熱いです!
なので今度、小松帯刀に関する本とか読んでみたいですね。

そして来年の「直江兼続」に続いて、再来年は「坂本龍馬」です。
龍馬役は福山雅治ですかー、まあエンターテイメントだからいいんじゃないかと思います。というか嫁さんが好きなので、今度は嫁が食い入るように見るんだろうなというのが想像出来ます(笑)。

ところで昨日「三億円事件」のドラマをやってて、見てたらかなりおもしろかったんですが、その中の刑事役の人どっかで見たことあるな~と思ってたら、「井伊直弼」役の人でした(^^)。
 

それでは最後に一句、

「おもしろき こともなき世を おもしろく」 
                                                
~高杉晋作辞世の句~

こういう風に生きていきたいっすね・・・。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (3)

坂本龍馬は誰が暗殺したのか

「坂本龍馬」の話が出たついでに、
幕末についてちょっと書いときます。

俺がなぜ幕末が好きなのかというと・・・、

子供の頃に、時代劇の鞍馬天狗や年末にやってた新撰組や白虎隊を見て、惹かれるものがありました。
マンガ「お~い竜馬」を読んで感動したり(笑)。
なのでとくに尊皇攘夷の志士達が一番好きですね。
ほかには、吉田松陰、高杉晋作も好きです。

あの時代の人達というのは、とにかく熱い!!

自分達が国を変えるんだというエネルギーに満ち溢れているので、そういう所に憧れるんだと思います。
とくに自分にはそういったものがないので・・・。

それから幕末というのは謎だらけ
興味がつきないというのもあります。

↓少し前に読んだ本だけど、この本は凄かった。はまり込んで、買ったその日に全部読んでしまいました。

坂本竜馬を暗殺した黒幕(大久保利通かな。薩摩藩だというのは間違いないでしょう)は誰かとか今まで考えてたけど、そんな事はちっぽけだと思うくらい驚愕の内容でした。
あの時代は、綺麗ごとの世界ではないみたいです。

幕末にそれほど興味なくてもミステリーとしてもおすすめです。

幕末 維新の暗号 幕末 維新の暗号

著者:加治 将一
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あやつられた龍馬―明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン Book あやつられた龍馬―明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン

著者:加治 将一
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (1)

今日は何の日か知ってますか??

11月15日って、何の日か知ってますか?

ヒント1.幕末

ヒント2.土佐の生んだ国民的な英雄

といえば・・・、そうです

『坂本竜馬』生まれた日でもあり、命日なんです。

ついでに、俺の甥っ子の誕生日でもあります(^^)。

昔からなぜか「幕末」に惹かれて好きなので、

知ってるんだけど、ちょっとした豆知識でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック