マニック・ストリート・プリーチャーズ

『Take It Easy』アンディー・テイラー vs マニック・ストリート・プリーチャーズ

商品の詳細

マニック・ストリート・プリーチャーズ『ジェネレーション・テロリスト(20周年記念デラックス・エディション)』のDVDに入っているドキュメンタリー映画『Culture,Alienation,Boredom and Despair -A Film About ‘Generation Terrorists’』は見応えがあり、おもしろかったです。

「リトル・ベビー・ナッシング」の歌詞をタイトルに引用したこの作品は、マニックス3人のメンバーと当時の関係者へのインタビューを中心に、バンドの成り立ちからアルバム発売までを振り返るというものです。

『Little Baby Nothing』マニックス with トレイシー・ローズ

 
 

その中でも俺が興味深かったのは、アルバムのプロデューサーが決まってなくて色んな人が候補に挙がっている中に、元デュラン・デュランのアンディー・テイラーがいたということです。
ただマニックスのメンバーと顔を合わせる時に、アンディー・テイラーが酔っぱらってきていて、その態度なんかも気に食わなかったらしく、その話は流れたそうです。

アンディー・テイラーといえば、当時人気絶頂だったデュラン・デュランを「俺ぁ、もっとかっちょええギター・プレイがしたいんじゃー!」と脱退した男です。

 
そのアンディー・テイラーのソロ第一弾シングル。

『Take It Easy』Andy Taylor(1986)

元セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズとの共作で、この後、さらに一緒に組んでソロ・アルバム『Thunder(サンダー)』をリリース。元パンク少年(ハード・ロック小僧?)としては嬉しかったでしょうね(^^)。

 
脱退する少し前、ジョン・テイラーと結成したユニット、「ザ・パワー・ステーション」では、デュラン・デュランで出番がめっきり減っていたうっぷんを晴らすようにギャンギャンギターを弾いてます。ここらが脱退の引き金になったんでしょう。

『Get It On』 The Power Station(1985)
おなじみTレックスのカバー。

 
この後のアンディー・テイラーの消息は、マニックスのDVDを観るまで全く知りませんでした・・・。

ジョン・テイラーの方は後に、スティーヴ・ジョーンズやダフ・マッケイガン(元ガンズ・アンド・ローゼズ)らと、「ニューロティック・アウトサイダーズ」を結成します。
こうしてみると、ピストルズやガンズに憧れていたマニックスとデュラン・デュランていうのは、直接的な関係はないけど、まあちょっとしたつながりみたいなものはあるんじゃないかと思います(笑)。

 
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニックスの『ジェネレーション・テロリスト(20周年記念盤)』を聴きながら...

マニック・ストリート・プリーチャーズは俺にとって特別なバンドでした。
そして彼らのデビュー・アルバム『ジェネレーション・テロリスト』は、俺の心に影響を与えた深度からいえば、人生で一番かもしれません。感覚的には一年間毎日聴いていたような気がします。
このアルバムと、あとニルヴァーナの『ネヴァーマインド』を聴いてから、ロックやパンクに本格的にのめり込みましたね。
しかし、集中的に聴いた数年間が過ぎると、ほとんど聴くことはなくなりました。ハードロックよりのごった煮サウンドよりも初期の「モータウン・ジャンク」の頃のようなパンク・サウンドの方が好きだったし、マニックス独自のサウンドで『ホーリー・バイブル』という傑作を生み出したというのもあったかもしれません。

『GENERATION TERRORISTS(20周年記念盤)』

商品の詳細

少し前に「20周年記念盤」が出ても初めはそんなに興味はありませんでしたが、普段は輸入盤しか買わないけど、国内盤が1000円くらい安くなっていて輸入盤と変わらない値段になっていたので、やっぱりマニックスのあのアルバムは買っておかなければと手に入れました。当時の岩見吉郎氏のライナーは熱くて好きでした・・・。

『Slash 'N' Burn』

 
 

久しぶりに聴きましたが、20年経ってフラットな気持ちで聴けるというのもあるせいか、なかなかメロディアスでかっこいいなと思いました。
『デモ・ヴァージョン』もけっこう楽しめます。

『Motorcycle Emptiness(享楽都市の孤独)』

 

大好きだった『モーターサイクル・エンプティネス』を聴いて、あの頃、世界中でひとりぽっちのように感じて、先の見えない孤独と絶望に震えていた自分はもういないんだなと思いました。

明日、12月22日はそういやリッチーの誕生日だなと、そんなことを想いながら、初期衝動とピュアネスに溢れたこのアルバムを聴いています。
ザ・クラッシュのジョー・ストラマーの10回忌でもありますね・・・。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ポストカーズ・フロム・ア・ヤング・マン』マニック・ストリート・プリーチャーズ

いつもCDショップに行くと、よっぽど期待しているお目当てのものがない限り、その時の気分でCDを買うことが多いです。
この前行った時も話題の新作がたくさんあったもののそれほど聴きたい気分じゃなく、何にしようかと思ってたところ、目についたのが俳優のティム・ロスがポラロイドカメラを構えた、マニックスの新作のジャケットでした。
そんなこんなで結局買うつもりがなかったマニックスとウィーザーの新作を買った訳ですが、偶然にもアルバム・ジャケットで俳優を起用しているというベテラン・バンドの2枚でした。

『ポストカーズ・フロム・ア・ヤング・マン』

ポストカード・フロム・ア・ヤングマン

前作からわずか1年4ヶ月ぶり、マニックス10枚目のアルバム。

リッチー・エドワーズという命題と向き合った、前作『ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ』が『ホーリー・バイブル』と対を成す作品なら、全編にわたってストリングスがフィーチャーされた今作は『エヴリシング・マスト・ゴー』のような作品といえるかもしれません。ただ、否応なく3人となり、迷いの中で作り出されたあのアルバムとは異なり、このアルバムのサウンドは確信に満ちたものです。

『(IT'S NOT WAR)JUST THE END OF LOVE』

 
3人になってからずっと試行錯誤を続けていた印象のマニックスですが、とうとうここまで辿り着いたんだなと思わせる、絶対的な自信にあふれた一切の迷いのないアルバムです。

マニックス節は相変わらず健在なんですが、青空にむかっていくような開放感の抜けのいい楽曲は、デビューから20年になろうとしているバンドとは思えないような瑞々しさです。
90年代初頭にデビューしたUK勢で最前線でずっと活躍しているのは、このマニックスとレディオヘッドのみという事実、「デビュー・アルバムを出して解散する」と言ってたバンドの今の姿をいったい誰が想像してたでしょうか。

このアルバムはゲストも多彩で、エコー・&ザ・バニーメンのイアン・マッカロク、ウェールズの先輩(レジェンド)で元ヴェルヴェット・アンダーグランドのジョン・ケイル、元ガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガンと、彼らが影響を受けた人たちとの共演曲も聴きどころのひとつでしょう。ジェームスと一緒に歌うイアンの姿を、Youtubeで久しぶりに見ましたが、時の流れを感じましたね。

『POSTCARDS FROM A YOUNG MAN』

 
俺にとっては、前作とこのアルバムで、3人になったマニックスを初めて受け入れることが出来ました。

「かって絶望に打ち震えていた若者たち、
そんな彼らに向けて歌われる勝利のメッセージ」

この20年間いろんなことがあったなあ・・・、
と、しみじみと感じます。

 
『モータウン・ジャンク』マニック・ストリート・プリーチャーズ

 
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ケヴィン・カーター』マニック・ストリート・プリーチャーズ

先週ですが、「ベストハウス123」を見てたら、
ある人物のことについてやってました。
その人物とは、『ケヴィン・カーター』です。

ケヴィン・カーター・・・、なんか聴いたことあるなと思ったけど、すぐに思い出しました。マニックスが曲にしてた人です。

『Kevin Carter』

 
俺はマニックスの曲の中で知ってただけで、実際にどんな人なのかは知らなかったので、それを見て初めて知りました。

元々は戦場カメラマンとして、スーダン内戦の写真を撮ってたんだけど、たくさんの難民や飢餓で苦しんでる人達を見て、もっと世界に伝えなけれぱいけないと、そういう人達の写真を撮るようになったそうです。

そしてある一枚の写真が彼の人生を大きく変えることになります。
彼の撮った「飢えで倒れこんだ少女をハゲタカが狙っている」写真が、『タイム・マガジン誌』の一面を飾ることになりました。この写真のおかげで、スーダンの実情を知った人達から、救援物資が届けられるようになり、たくさんの人達が救われ、彼自身も「ピュリッツァー賞」を受賞しました。

ただ、”当事者”ではない世間の人々から「写真を撮る暇があるなら、なぜ少女を助けなかったのか」といった非難やたくさんのバッシングを受けることになります(実際には、その少女は無事でしたが)。
その後、彼は自殺しました。

俺は思うんですよね。純粋な人ほど、この世の中を生きて行くのが困難な場合があるんじゃないかと。

たった一枚の「真実」を世の中に伝えたために、自ら命を絶つまでに追い込まれてしまったという彼の生き方、それを知ったリッチーはどういう想いでこの曲を書いたんでしょうか。

この曲が収められた、マニックスの4thアルバム。

『エヴリシング・マスト・ゴー』(1996)

エヴリシング・マスト・ゴー

このアルバムも賛否両論あったと思いますが、リッチー失踪という状況の中で、残された3人のメンバーは誠実によく頑張ったなと、俺は評価してます。

久しぶりにこのアルバムを聴きましたが、
『Further Away』や『No Surface All Feeling』を聴くと、
今だに胸に熱いものがこみ上げてきます。

『Further Away』

『No Surface All Feeling』

~あれは恥も外聞もない剥き出しの感情から出た失言みたいなもの
 多分あの時はそうする事で夢を見てる気分になれたから~

 
あれからもう15年が経つんですね・・・、
時が流れるのは早いものです。

「 I Love You... 」

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ』マニック・ストリート・プリーチャーズ

あの頃、「本気」でマニックスが好きだった人達は、
今頃どうしているんだろう・・・。

このアルバムを聴くとそんな事を思ってしまいます。

『ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ』(2009)
マニック・ストリート・プリーチャーズ

ジャーナル・フォー・プレイグ・ラヴァーズ

『ノウ・ユア・エネミー』で失望してから、
もうマニックスのアルバムを買うことはないだろうと思ってましたが、

リッチー・エドワーズの詩、
スティーヴ・アルビニのプロデュース、

これらのキーワードと、決め手となったのは、
リッチーを彷彿させるジャケット(ジェニー・サヴィル)の絵でした。

まず、各曲ごとに、ニッキーによるサウンド面の解説や、ピストルズ、PILをはじめ、ニルヴァーナ、エコー&バニーメン、マガジン、ピクシーズ、ニック・ドレイクという、その曲のインスピレーション源を書いてるというのも、パンク/インディー・キッズ(心は)の俺にはそそられます。

そして、このアルバムのサウンドは、やはり「『ホーリー・バイブル』が次に必然的に導いたであろうアルバム」を目指しただけあって、もしリッチーがいれば、次はこういう感じになってたかもしれないと思わせるものでした。
さすがに『ホーリー・バイブル』ほどの切迫感や鋭さといったものはありませんが、大げさすぎない、ちょっとした抑揚の変化やリフで聴かす「マニックス節」ともいえる楽曲は、さすがジェームスといえます。

今でもマニックスとは「4人の絆」なんだという事を証明してみせる、時を超えた『ホーリー・バイブル』の続編もまた、傑作といえるでしょう。

だからこそ、このアルバムを聴いてると、強烈なノスタルジーに陥ってしまい、こういうことを想ってしまうんです。
当時、「本気」でマニックス(とくにリッチー)のことを好きだったさまざまな人たち(もうロックを聴いてない人もいるだろうし、マニックスに興味をなくしている人もいるでしょう)は、このアルバムを聴いてどんなことを感じるのだろうか・・・と。
俺がそうだから。

 

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い  

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村  

 
「アルバム・シークレット・トラック」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『モータウン・ジャンク』マニック・ストリート・プリーチャーズ

「俺達のやれることで最も重要なことは、とんでもない注目を一手に集め、そのまま全部捨てちまうってことなんだ。
アルバムは1枚だけ作って終わりにしたい。30曲入りの2枚組にして、それが俺達を代弁することとなるわけだ。
で、俺達は解散する。やりたいことはそれだけだし、
それだけを目的にしてこれまで生きてきたんだ。
インディー・チャートのトップに立ったり、ナショナルチャート30位なんかにつけても、これっぱかしのありがたみもねえよ。
ナンバー・ワンじゃなきゃ駄目なんだ。
俺達はただ、90年代における最も重要な評価基準に自らなりたいだけなんだ。それだけなんだよ」

シーンに登場した途端に解散宣言をぶちかました、
マニック・ストリート・プリーチャーズ。

ウェールズのインテリ大学生だった彼らが、
バンドを始めることになったのは、TVのパンク10周年記念番組で全盛期のクラッシュの映像に衝撃を受けたことがきっかけ。

「ピークが過ぎても生き残っているバンドはロック・バンドじゃないし、
人々もそう認めてやるべきじゃないんだ」

ロック・サラリーマンへの逃げ道を封じ、
自覚的計画的なセックス・ピストルズを目指したのが、
冒頭の前代未聞の『デビュー解散宣言』でした。

そして、この発言と時を同じくして発売された『モータウン・ジャンク』で、時代遅れの田舎パンクスだった彼らが、
ブリテッシュ・レベル・ロックの金字塔を打ち立てます。

お前らなんかと共存したくなかった
お前らに教えられたのは窒息死する程の退屈さと
安っぽい夢に漂流する事だけ
そんなものは何の役にも立ちゃしない
惨めな街で神経が麻痺し
奴らの為に墓穴を掘ってやりたいだけさ

モータウン・ジャンク
ジョン・レノンが死んだ時はあざ笑ってやった
21年間、生きてきた俺にとって
これっぱかしの意味も持たなかったんだ

モータウン・ジャンク、終身奴隷制度
ラヴ・ソングは下層階級の裏切りを象徴し
168秒間だけ若者の鼓動を止める
168秒間だけ思考回路を停止できるんだ

そんなものは欲しくない
だってお前らの英雄達が提示できるのは
未来への恐怖だけだろ?
過去なんか何の役にも立ちやしない
だって俺は今、死にかけてるんだから
自治的な虐政と自殺を促す終身刑

モータウン・ジャンク
ジョン・レノンが死んだ時はあざ笑ってやった
21年間、生きてきた俺にとって
これっぱかしの意味も持たなかったんだ

モータウン・ジャンク、終身奴隷制度
ラヴ・ソングは下層階級の裏切りを象徴し
168秒間だけ若者の鼓動を止める
168秒間だけ思考回路を停止できるんだ

 
スティ・ビューティフル
『モータウン・ジャンク』を含み、
『ユー・ラヴ・アス』『ステイ・ビューティフル』と、初期のEP3枚が収められているミニ・アルバム『ステイ・ビューティフル』。

このシングル3連発は最強です!
もしこの路線のまま、10~12曲入りのデビュー・アルバムを作ってたら、俺にとって「永遠の」名盤になってたでしょう・・・。

『ユー・ラヴ・アス』もデビュー・アルバムに入ってるハード・ロック・バージョンよりも、こっちのパンク・バージョンの方がはるかにかっこいいです!

~マニックス・ミニストーリー、続く~

『ステイ・ビューティフル』~美しく生きよう~

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (4) | トラックバック (1)

『ステイ・ビューティフル』マニック・ストリート・プリーチャーズ

そうすか・・・、リッチーが・・・。

「英裁判所は、1995年以来失踪しているマニック・ストリート・プリーチャーズのギタリスト、リッチー・ジェームス・エドワーズを死亡したものとみなしたという。」

マニック・ストリート・プリーチャーズ・・・、
俺にとっては特別なバンドです。
そしてリッチーは、今までで俺が一番好きになったアーティストです。

あの頃、世の中に対して違和感を感じていて(今だにですが)、いいようのない孤独感に襲われていた俺だけど、世の中に「自分みたいな人」がいるんだと知って救われたのが、マニックスの音楽、リッチーの書く詩や存在でした。

そんな自己嫌悪体質の俺が、その当時好きになるのはそういった自分が共感出来るアーティスト達でした。
カート・コバーンもそんな存在だったし、
ザ・スミスの『ハットフル・オブ・ホロウ』は自分そのもののように感じたし、やはりレディオヘッド『パブロ・ハニー』。
基本的にはスミスに影響を受けているようなバンドは大抵好きです。

いやもちろん享楽的なポップ・ソングというのも、
それはそれで好きなんですけどね。
いわゆるブリット・ポップなんかも聴きまくりましたが、それよりも後追いでパンク~ニュー・ウェイヴにどっぷり浸かってました。

享楽的なレイヴ・カルチャーの真っ只中に登場し、それらをすべて否定、そして時代遅れのパンク・ロックを鳴らしたマニックス。

「お前らはニセ物だろう?」と食い下がるNMEのインタビュアーに怒ったリッチーが、ナイフで自らの左腕に「4REAL」と彫り込んで大怪我をした『4REAL事件』。

2枚組のデビュー・アルバムを発表して、世界中で1位を獲得して解散するという、『デビュー解散宣言』。

ピストルズなんか知らない俺にとっては、
すべてがスキャンダリズムで最高でした!
俺はマニックスを聴いて、パンクを聴くようになりました。

そんなパンクに影響を受けていた、
マニックスの初期のシングル『ステイ・ビューティフル』。
オーソドックスなロックンロール・ナンバーですが、タイトルがいいし、やっぱり歌詞が好きでした。

平穏無事な毎日の中で信義を捜してろ
そうすりゃ17歳で身も心もボロボロさ
自滅した英雄達の夢で頭をいっぱいにしてろ
そうすりゃ世間ヅラや束縛さえ愛せるはずだぜ

俺達はアイ・ライナーや噴霧塗料で身も心も塗ったくり
自己流でファッション壊滅
消費文化なんか否認しろ
これは自己破壊主義の文化なんだぜ

お前らの顔なんか見たくもない
お前らの言葉なんか聞きたくない
だから何で・・・(くたばっちまわないんだ!)

家出娘達は毒づいた唇で逃げ口上を並べ
永遠に続くキスの為に抱擁を待つ
自己消耗の喜びにすがりつき
生涯続く憎しみの中に沈殿するんだ

学校も失業保険も小切手帳を持つ夢も
新しい服やスーツや特別年金手当も
(もうそんなものはどうでもいい)
なのにお前らは俺達の気持ちが解るって言うのか?
俺達に愛を説いたって無駄さ
よけい憎しみをあおるだけなんだから

お前らの顔なんか見たくもない
お前らの言葉なんか聞きたくない
だから何で・・・(くたばっちまわないんだ!)

狂気に破壊され、ベイビー
バンドなんかみんなぶっ潰しちまえよ

 
「ステイ・ビューティフル」・・・、
マニックスの音楽をほとんど聴かなくなった今でも、
この言葉は俺の心に突き刺さっています。

~美しく生きよう!~

 
「リッチー・ジェームス・インタビュー」

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days | andymori | HALCALI | MEW | MGMT | P.I.L. | R.E.M. | RIP SLYME | THE BLUE HEARTS | THE MIRRAZ | TVオン・ザ・レディオ | おすすめの本 | はっぴいえんど | アクロン/ファミリー | アッシュ | アニメ・コミック | アークティック・モンキーズ | アーケイド・ファイア | イーグルス | ウィルコ | ウィーザー | ウォークメン | エコー&ザ・バニーメン | エレファント・カシマシ | オアシス | カジヒデキ | カルチャー・クラブ | カーズ | ガンズ&ローゼズ | ガールズ | キングス・オブ・レオン | クラウデッド・ハウス | クラウド・ナッシングス | クラッシュ | クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー | グラスゴーの旅! | グリーン・デイ | コーネリアス | ゴメス | ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ | サニーデイ・サービス | ザ・クリブス | ザ・サンデイズ | ザ・ジャム | ザ・スミス | ザ・スリルズ | ザ・ハイヴス | ザ・ブルートーンズ | ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート | ザ・ホリデイズ | ザ・ポップ・グループ | ザ・ポーグス | ザ・ラプチャー | シャーラタンズ | ショコラ | ショーン・レノン | ジェフ・バックリィ | ジェームス・イハ | ジグ・ジグ・スパトニック | ジャズ | ジョナサン・ファイアー・イーター | ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン | ジョン・レノン | ジーザス・ジョーンズ | ジーザス&メリー・チェイン | ジーン | スウェディッシュ・ポップ | スウェード | スケルトンズ | スタイル・カウンシル | ストロークス | スネオヘアー | スピリチュアル | スポーツ | スーパーカー | スーパーグラス | セックス・ピストルズ | ソニック・ユース | ソフィー・セルマーニ | タヒチ80 | ダムド | ダーティ・プロジェクターズ | ティーンエイジ・ファンクラブ | デス・キャブ・フォー・キューティー | デス・フロム・アバヴ1979 | デッド・ツリーズ | デュラン・デュラン | デヴィッド・シルヴィアン | トクマル・シューゴ | ドアーズ&ジム・モリソン | ニック・ドレイク | ニルヴァーナ | ハッピー・マンデーズ | ハナレグミ | ハリケーン#1 | ハンサムケンヤ | パステルズ | パンク/ニューウェイヴ | ビョーク | ピチカート・ファイヴ | フォスター・ザ・ピープル | フリッパーズ・ギター | フリート・フォクシーズ | ブライト・アイズ | ブラック・リップス | ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ | ブラー | ブレンダン・ベンソン | プライマル・スクリーム | ベル&セバスチャン | ペイヴメント | ホット・ホット・ヒート | ボブ・ディラン | ボンベイ・バイシクル・クラブ | ポール・ウェラー | マイケル・ジャクソン | マジー・スター | マニック・ストリート・プリーチャーズ | マンサン | マンドゥ・ディアオ | ミッシェル・ガン・エレファント | メンズウェア | ラモーンズ | リプレイスメンツ | レッツ・レッスル | ロシアン・レッド | ロックの本 | ロック名盤ベスト100 | ロック名盤(洋楽) | ロック名盤(邦楽) | ロングピッグス | ローリング・ストーンズ | ヴァンパイア・ウィークエンド | ヴェルヴェット・アンダーグラウンド | 中村一義 | 佐野元春 | 夏の1曲! | 対決シリーズ! | 小沢健二 | 幕末 | 幕末・歴史 | 広島カープ | 斉藤和義 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 曽我部恵一 | 木村カエラ | 歴史 | 相対性理論 | 神聖かまってちゃん | 競馬 | 競馬の法則 | 羊毛とおはな | 育児 | 踊ってばかりの国 | 踊ろうマチルダ | 銀杏BOYZ | 音楽 | 00年代ロック | 00年代邦楽 | 10年代ロック | 10年代ロック(洋楽) | 60年代ロック | 70年代ロック | 80年代インディー・ロック | 80年代ハード・ロック | 80年代洋楽 | 80年代邦楽 | 90年代邦楽 | 90年代UKロック | 90年代USロック