ロックの本

『好きな80年代洋楽スター・人気ランキングBEST30』

先日、『ドレミファ・ドン!』のイントロ・クイズを見ました。

「ベスト・テン」世代なので、80年代の歌謡曲も懐かしかったけど、
個人的に楽しめたのが、やはり「洋楽」でした。

ビヨンセみたいなのはさすがに分からないけど、「80年代洋楽」の問題は、ほとんど解りましたね。安部知代アナにヨーロッパの『ファイナル・カウント・ダウン』を先に答えられたのが、少し悔しかったですが、自分も一緒にやってて、楽しくてしかたなかったです(^^)。

久しぶりにテンションがあがった出来事でした(笑)。

80’s STYLE(マイケル・ジャクソン、マドンナ、プリンス…) (日経BPムック)

『大人のロック!80's STYLE』という少し前に買った本に、「好きな80’sスター人気ランキングBEST30」というのがありました。

ひとつの楽曲や映像に日本中の人が心を躍らせた、そんな80年代に青春時代を過ごした今の30代40代を対象に、好きなアーティストを聞いて、それをランキングにしたものです。

 1 マイケル・ジャクソン
   ビリー・ジョエル
 3 ワム!
 4 マドンナ
 5 TOTO
 6 ホール&オーツ
   デュラン・デュラン
 8 シカゴ
 9 ジャーニー
   シンディー・ローパー
   ホイットニー・ヒューストン
12 a~ha
   カルチャー・クラブ
   ブルース・スプリングスティーン
15 ブライアン・アダムス
16 オジー・オズボーン
   フィル・コリンズ
   プリンス
19 イエス
20 スイング・アウト・シスター
   スタイル・カウンシル

と、こんな感じで30位までありました。


このランキングをパッと見て、ワムの人気って高いんだなあと思いましたね。そういえば、そろそろ「ラスト・クリスマス」が流れ出す時期ですね(^^)。

a~haも解散を発表しました・・・。80年代のプロモというと、まず「テイク・オン・ミー」が思い浮かびます。


ちなみに俺のベスト3は、こうです!

 1 デュラン・デュラン
  2 カーズ
 3 ハワード・ジョーンズ
 

さて、みなさんの好きなアーティストは誰でしょう??

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

俺内1位!?『ディグ・アウト・ユア・ソウル』オアシス

『ロッキング・オン』誌の2008年の年間アルバム1位はオアシスで、
ほかにもコールドプレイやガンズ&ローゼズが上位と、
相変わらず『ロッキング・オン』は保守的だなあと思いつつ
(3枚とも聴いてないので、実際のところなんとも言えません)、

『ディグ・アウト・ユア・ソウル』オアシス

ディグ・アウト・ユア・ソウル

実はこのアルバム、オアシス嫌いの俺が聴いてもけっこう「いい」と思うんじゃないかと、思ってるんです。今までこのアルバムについて書かれていた、いろんな記事を読んできて。シングルの一曲だけは聴いたことがあります。

という事で、俺内アウォード「自分では絶対(多分)買わないと思うけど、けっこういいんじゃないかと思っているアルバム賞」第1位は、このアルバムです!

ただ、『金返せアルバム』になる可能性もあるけど(笑)。

オアシス嫌いといっても、ファーストとセカンドは、コンスタントに聴いてます。ただバンド的に自分的に共感する部分がまったくないというだけで、やっぱりパンク好きの俺からみればまったく正反対のメンタリティなので。

『ショック・オブ・ザ・ライトニング』オアシス

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ、グラスゴーが唯一無二の音楽都市になったのか?

「死ぬまでに聴きたいアルバム1001枚」と一緒に買った本です。

「GUIDE TO GLASGOW MUSIC」
(ガイド・トゥ・グラスゴー・ミュージック)

ガイド・トゥ・グラスゴー・ミュージック~ヴォイス・オブ・スコティッシュ・インディ・ミュージック

独自のインディー・シーンを形成、発展させてきた音楽の街、
グラスゴー。27組の主要アーティストと関係者のインタヴュー、
スコットランド出身アーティストのアルバム100枚の
ディスク・レヴューなどが掲載された音楽ガイド本です。

グラスゴー・・・、俺にとっては特別な響きをもった街です。
なので、こういう本が出てるなら買わない訳には行きません(笑)。

今やサッカー好きの人にとっても、中村俊輔が所属するチーム、
セルティックがある街としても、知られてますね(^^)。

グラスゴー出身のアーティストも好きな人がたくさんいるんだけど、
俺の好きなアーティストがまたグラスゴーと深いつながりが
あったりして、よけいに惹かれるんですよね。

コーネリアス、カジヒデキ、スーパーカー、曽我部恵一・・・。

それからニルヴァーナのカート・コバーンも、ヴァセリンズのカヴァーをやってたし、好きな(共鳴できる)アーティストにティーンエイジ・ファンクラブの名前を挙げてたり・・・。

グラスゴー出身のアーティストを並べてみると、

ジーザス&メリー・チェイン、プライマル・スクリーム、パステルズ、
オレンジ・ジュース~エドウィン・コリンズ、ヴァセリンズ、
ティーンエイジ・ファンクラブ、BMXバンディッツ、アラブ・ストラップ、
ベル・アンド・セバスチャン、トラッシュキャン・シナトラズ、トラヴィス、
フランツ・フェルディナンド、モグワイ、フラテリス・・・。


グラスゴーについて語った各アーティストの
インタヴューの一部を、本文より抜粋してみます。

地元のシーンに関わっていると何かやらなきゃいけないって思う。
何もしなければ、何も起こらない。行動することが大事なんだ

ーパステルズー

「ロンドンに行かなくたって、グラスゴーで出来るぞ!」って感じで、
自分たちでなんでもできる環境っていうのは素晴らしいよ。

ーティーンエイジ・ファンクラブー

「バンドワゴネスク」とか「スクリーマデリカ」を聴いて、
グラスゴーのバンドが凄い音楽をやっていることを知ったんだ。

ーベル・アンド・セバスチャンー

スコットランド人は、とにかくバカ正直なんだ。そのバカ正直さで
音楽に向かうから、独特の音楽が生まれてくるんだ。

ートラヴィスー

俺たちスコティッシュがメインストリームの枠の外でちゃんと存在していけるように自分たちでやっているのは、ハッキリ言って伝統なんだ。
ーモグワイー

グラスゴーには限られた町でしか許されないような自由があって、変わったことをしたり、今までにないようなことをすることが出来るんだ。
ーフランツ・フェルディナンドー

素晴らしいアーティストがたくさんいて、
素晴らしいアルバムがたくさんあるので、
あまり詳しく知らない人や興味を持った人がいれば、
ぜひその音楽に触れてみてください(^^)。

ニルヴァーナもコーネリアスもカヴァーしてる、
『サン・オブ・ア・ガン』ヴァセリンズ

 

それでは最後に、今の時期にぴったりな、今日の一枚。

「東京/サニーデイ・サービス」

東京

桜の木が写ったジャケットと、
晴れた日に、街に出かけたくなるような春らしいサウンド。

「東京」を聴きながら、もうすぐ出る、
曽我部恵一バンドのデビュー・アルバムを待ちましょう(笑)。

「死ぬまでに聴きたいアルバム1001枚」

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「死ぬまでに聴きたいアルバム1001枚」

買ってしまいました。5500円もする「死ぬまでに聴きたいアルバム
1001枚」という分厚い本を(^^)。

死ぬまでに聴きたいアルバム1001枚

1950年代から2007年までの、時代を代表する名盤から、アーティストによっては意外な知る人ぞ知るといった、1001枚のアルバムが各時代ごとに、バランスよくまとめられてます(個人的には、ウィーザーの最初の2枚が入ってないのが不満、あとダムドのファーストも)。

こういう本好きなんですよね~(笑)。5センチちょっとという分厚さなので、各アルバムの詳しい情報とトリビアが満載で、聴いたことのないアルバムでも、その音を想像して楽しむことも出来るし、オールカラーなので、暇なときなど、なにげなくパラパラと見て楽しむことも出来ます。

本当は高いので、買う気はなかったんですよね。
3月は俺の誕生月で、嫁さんに「誕生日なんかいる?と聞かれたので、とくに欲しいものがなく、ちょうどこの本の存在を知った後だったので「じゃあ、この本かな~」と。

人によっていろいろと楽しめると思うので、ロックや音楽好きの人、
興味ある人は、一生ものなので、ぜひ(^^)。

ついでに「3月」つながりで、もう一冊。
”ミスター平凡”千原ジュニアの2冊目の自伝。

3月30日

「俺の笑いが分からないなら、見なくていい」と考えていたジュニアが、バイク事故のあと、「笑いをたくさんの人と共有したい」と思うようになったこととか、現在「ロンハー」で”キング・オブ・普通”と呼ばれるに至った道のりなどが書かれてます(笑)。ちなみに「3月30日」は、ジュニアの誕生日で、事故から意識を取り戻した日だそうです。

今日の一曲。
「3月生まれ/ピチカート・ファイヴ」

ロマンティーク96

↓なぜ、グラスゴーが唯一無二の音楽都市になったのか?↓
「ガイド・トゥ・グラスゴー・ミュージック」

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

「ガイド・トゥ・グラスゴー・ミュージック」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

歴代デビュー・アルバム700枚から見るロックンロール50年史

「SNOOZER(スヌーザー)」誌の、”処女作革命1955-2008”
というロック50年の歴史に存在する膨大なデビュー・アルバムを
厳選して、時代順に並べるという特集記事ですが、いやかなりおもしろかったです。この企画で、まるまる一冊作っても、いいぐらい。

snoozer (スヌーザー) 2008年 04月号 [雑誌]

俺みたいな、今となっては「ロックにどっぷり」というのじゃない人間にとっては、音楽雑誌を買うのは、こういう興味をそそられる特集の時だけなんですよねー。例えば、「パンク○周年」「オールタイム・ベストアルバム」「時代別名盤」とか、あとは「好きなアーティスト」の特集だったり。
曽我部恵一のインタビューもあったので、即買いでしたね(^^)。

先月号の「ロッキング・オン」の”怒りと闘いのアルバム100選”も、
結構そそられたんだけど、パラパラと立ち読みで済ませました(笑)。

rockin'on (ロッキング・オン) 2008年 03月号 [雑誌]

俺が「ロック名盤ベスト100」をやろうと思ったのも
「レコード・コレクターズ」
の、”ロックアルバム・ベスト100”を見たからなんだけど、ちょっと不満というか気になることがあるのは、選んだ人達が、俺よりも2つも3つも上の世代の人だということです。
なので、自分と同世代の人達が選ぶならどういう順位になるんだろう
という興味があったため、とりあえず「自分のベスト100」を
選んでいこうと思い始めたわけです。

しかし「1位~40位」まで書いた訳ですが、これ以下となると順位をつけてもあまり意味がないような気がするので、あとは年代別やジャンル別にしようかとも思いつつ、それだと雑誌と同じになるので、やっぱり「自分内ベスト100」とした方が意味があるのかなとか考え中です。

レコードコレクターズ増刊 ロックアルバムベスト100

↓これも即買いでした。
「クロスビート」12月号、<究極のベスト・アルバム500>

CROSSBEAT (クロスビート) 2007年 12月号 [雑誌]

今回のスヌーザーの特集でとくによかったのは、俺の一番好きな時代「パンク/ニュー・ウェイヴ期」、”ロックにどっぷり”とハマッてた、1993-95年あたりのアルバムなど、その時代時代の作品がまとめて見れたことですね。

この記事を見て初めて気づいたんだけど、「ジョナサン・ファイヤー・イーター」のアルバム・ジャケットがめちゃかっこいい!あのアルバム(俺が持ってるの)は、インディーから出た編集盤だったので、オリジナル(輸入盤?)はあんなんだったのか・・・、欲しい。

ついでに、「リーダーズ・ポール」の”金返せ”アルバムは、
クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー「サム・ラウド・サンダー」でしたが、
俺なら、クラクソンズ「近未来の神話」でしょうか(^^)。

近未来の神話[スペシャル・エディション](DVD付)

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

| | コメント (7) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック