競馬の法則

歴史に残る名勝負!『天皇賞(秋)』

いや~、すごいレースでした!

第138回天皇賞(秋)のゴール前、
ダイワスカーレットとウオッカ、さらにディープスカイの叩きあい。

レース前からダイワスカーレットとウオッカの牝馬ライバル対決、
ダービー馬ディープスカイの参戦で話題になっていましたが、
その人気3頭の激しい戦いで最後は写真判定。

テレビの画面ではわずかにダイワスカーレットが出ているかなと思ったんだけど、結果はウオッカのハナ差勝ち!

正直レース前はウオッカが勝つかなと思って見ていたんだけど、
あのダイワスカーレットの粘りはすさまじかったし、
結果を待つ間、ダイワに勝って欲しいなと思ってました。
秋天で逃げて、最後は一度抜かれそうになりながら、あそこまで粘るんだから、ほんとにすごい馬です。
俺の一番好きな馬、サイレンススズカも成し得なかった(事故だけど)、秋天を逃げて勝つという偉業をみてみたかったです。

しかし、ウオッカも俺の好きなエアグルーヴ以来の牝馬による秋天制覇。ジャパンCも勝つようだとエアグルーヴを超えるということになるでしょうね。

さらにディープスカイ、追い込んできたカンパニーの争い、大レコード決着、これはもう「歴史に残る名勝負」といってもいいでしょう!

「名勝負」で真っ先に思い出すのは、
有馬記念でのスペシャルウィーク対グラスワンダー。
あのレースもハナ差で写真判定の結果が出るまでは、てっきりスペシャルウィークの差しきり勝ちと思いましたが・・・。

「競馬は終わりのない推理小説だ」というような事を、誰かが言ったとか言わないとか、聞いたことがあるようなないような(^^;)。

俺は「競馬は終わりのない壮大なロマン」だと思います。
 

「武豊が語るサイレンススズカ」

「1999年有馬記念」


 

ブログランキング・にほんブログ村へ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (4) | トラックバック (0)

的中率100%「皐月賞の法則」

競馬ブログ「ダービーの法則」に、
「皐月賞~過去18年・的中率100%の法則~」を書いたので、
興味がある人はぜひ見てください(^^)。

過去の人気になって負けた馬がなぜ負けたのか、
人気薄で劇走した馬がなぜ走ったのかを、
独自のデータで全て解明してます!

「ダービーの法則」←こちらです(^^)

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「桜花賞」結果論~過去19年・的中率100%の法則の完成~

オッズ的に荒れそうな感じはしてましたが、あれほどとはな~(笑)。
それにしてもトールポピーの池添はヘタな乗り方しましたね。
リトルアマポーラはオークス向きだと思ってたので、桜花賞に関しては評価を下げてたんだけど、これでオークスの本命に決まりかも?

結局、レース直前まで1番人気が決まらず、どちらにしても信頼性という点で疑問が残るので、馬券を買うのは見送りました。
BOXで買おうかとも思いましたが、今年は「法則」をクリアしている馬が多いのでやめました。
4~5頭なら買ってましたが、買ってたとしても、結局レジネッターソーマジックは1着3着ではずれでした。

初めて「法則」が敗れましたが、10万を超えるような、あそこまでの大荒れだと仕方ないか~、
他のいろんな人の予想でも同じだったんじゃないかな?
「2着の馬は買えんよな~」、そんなことを思いながら、エフティマイアの馬柱を見ていると、 とんでもない事に気がつきました!

「桜花賞の法則」の別路線組からの連対条件に「前走重賞勝ちで、阪神マイル経験か中山マイル勝ちを含む3連勝以上の馬」 という条件がありますが、
この馬、新馬~新潟2歳Sと3連勝を記録して、阪神マイル経験もありました。

3連勝後は、京王杯、阪神JFとレベルの高いレースで惨敗してますが、 その後、フェアリーS5着、菜の花賞では勝ち馬より2キロ重い斤量で6着、クイーンCでは、勝ったリトルアマポーラより1キロ重く斤量で6着と、内容的にそれほど負けてない事が分かります。

最近の着順だけを見て軽視してしまいましたが、3連勝を先にしてるか、 後にしてるかの違いだけで、「前走」というくくりはいらなかったんじゃないかと。ようは、3連勝をするには、それだけの実力があるという事で。

すると、この馬も「法則」をクリアする馬として浮上してくる事になり、
実質1番人気のいなかった今年の桜花賞、「法則」をクリアした馬のBOX買いをしてれば、 あの大万馬券もゲットしていた事になります。
結果論だけど、3連単の700万も、もしかしたら(笑)。
おさらいとして「法則」をクリア(厳密に)していた馬は、
エイムアットビップ
トールポピー
エアパスカル
ソーマジック
レジネッタ
エフティマイア

そう考えると「この法則」ってかなり凄いんじゃないでしょうか??
みなさん、どう思います? たとえば、このレースを的中させた
他の人の予想方法ってどんなんでしょう??

と、こんな感じで次回「皐月賞の法則」を披露しますので、
期待しててください(笑)。
こちらもよろしく→「ダービーの法則」

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「桜花賞」~過去18年・的中率100%の法則~

<過去18年・的中率100%>
「桜花賞の法則」を書いていきたいと思います。

最近、音楽中心のブログになってきたので、
新しく競馬ブログ「ダービーの法則」をはじめました(^^)。
この記事はそちらと同じ内容ですが、軌道にのるまで、
とりあえずこっちにも載せておきます。
競馬好きの人がいるかもしれないので(笑)。

過去18年とは中途半端なんですが、新聞とかでは、過去10年のデータなんかが載ってるのでそりよりも詳しくして、あまり昔すぎても参考にならないので、1990年以降という事にしたら、18年になりました(^^)。

え~と、何から書きましょう・・・。
とりあえず1番人気の信頼性の見極め方から書いていきます。

○1番人気で連対を外したのは、過去9頭いましたが、
  その敗因の内訳を書いてみます。

・阪神1600m経験なしー6頭
 (アドマイヤグルーヴ、シャイニンルビー、サイコーキララ、
  リトルオードリー、ライデンリーダー、イソノルーブル)

 その条件で走ったことがないので、
 実際に走るのかどうか分からないという事でしょう。

・休み明けー2頭 スティンガー(阪神JF1着以来)
           ロープモンタント(エルフィンS以来、約2カ月ぶり)

 やはり、まだ若い馬なので、本番前にひと叩きは欲しいところ。

・ダンツシリウスー11戦して連対率50%以下、

 こういう馬が1番人気になったのは、過去にこの馬だけ。

◎逆に言えば、上記の条件をクリアしている、
  1番人気馬は信頼出来るという事です!

 
 (ただし、ダンスインザムードは阪神マイル未経験でした。
 似たようなコース形態の、中山マイル勝ちがあるので、
 このことから「前走、フラワーC勝ちで、中山マイル勝ちのある
 3連勝以上馬」はオッケーという事に)

実際、勝ち馬は阪神1600mの経験があるか、
中山1600m勝ちがあります。

◎過去、全馬共通の連対条件。

○トライアル出走馬
 ・チューリップ賞、フィリーズレヴュー(5番人気以内で、4着以内)
 ・アネモネS(4番人気以内で、連対)
 ・トライアル1番人気
  (能力がありながら、何かの理由で凡走した可能性)

○トライアル以外からの別路線組
 ・前走重賞(フラワーC)勝ちと、阪神マイル経験か
  中山マイル勝ちを含む、3連勝以上馬
 ・阪神JF3着以内の実績がある馬
 ・ムーンライトタンゴは、前走500万条件ながら、男馬相手に
  阪神1600mを1’34’4の好タイム勝ち、チューリップ賞が
  1’35’3だったので、1秒近く速いタイムで走ってた。

さらに、以上の条件をクリアした馬の「前走」をチェックします。

○前走、「4角10番手以内」
 阪神コースの特殊な形態から、追い込み脚質の馬は連対が
 難しいと思われるので。
 
これだけでかなり絞れると思いますが、実際に、
この条件をクリアした馬しか連対してません!

正直、阪神コースの改修は、個人的には残念でした・・・。
この「法則」でかなり儲けてたので(^^;)。
コースが変わって、直線が長くなったので、傾向がかわる可能性があります。今まではクイーンC組はいらなかったし、前走「4角10番手以内」というのも通用しないかも。

例として、分かりやすく過去のレースで検証してみます。
ここ3年は、本命ー対抗で決まってるので、2004年のレース。

1番人気はダンスインザムードで堅いので、この馬が軸になります。

相手探しで、人気順にチェックしていくと、
スイープトウショウ 前走、4角14番手から追い込んで1着 ×
ムーヴオブサンデー 1200m連勝後、前走フィリーズレビュー勝ちの3連勝、
             距離適正に不安があり △
ヤマニンシュクル 前走、4角11番手から追い込んで3着 ×
ダイワエルシエーロ 前走、クイーンCで4角11番手から1着 ×
マルターズヒート 前走、4角14番手から追い込んで2着 ×
そして7番人気のアズマサンダース 前走チューリップ賞、3番人気で2着 ○

結果は、ダンスインザムードーアズマサンダースで決まり、馬連3540円でした。

もう一つ、2002年、大荒れとなり「法則の威力」が発揮されたレースです。

まず一番人気がクイーンCを勝ったシャイニンルビーで荒れる気配がプンプン。
阪神JF2着で、前走アネモネS1番人気ながら8着惨敗で、
13番人気に低迷したアローキャリー。
フィリーズレヴュー3番人気で4着、7番人気のブルーリッジリバー。
結果、この2頭で決まり、馬連34440円の大万馬券となりました。

こういう「おいしいレース」、またないかな~(笑)。

とまあ、「桜花賞の法則」とはこういった感じです。

これを今年の出走メンバーに当てはめて、予想していけば今年も的中するんじゃないかと思います。

◎つづいて、桜花賞の前日オッズが分かったので、
「法則」を使って、個人的に予想をしてみます。

まず単勝オッズは、
トールポピー 4.0倍、
リトルアマポーラ 4.6倍、
オディール 4.8倍、
微妙なオッズですね(笑)。

かろうじてトールポピーですが、レースまでにどうなるか分かりません。
一応、トールポピーを本命としますが、単勝オッズが4倍を超える
1番人気馬となれば、なんか信用しにくいですね(^^;)。

次に相手探しですが、
「法則」通りなら、2・3番人気のリトルアマポーラとオディールは消しとなり、中穴ゲットという感じになります。・・・が、実際そうは簡単に行きそうにありません。

リトルアマポーラは、前走クイーンCでしたが、新馬・500万下と阪神1600mを連勝した関西馬なので、これは買い目にいれておかなければいけないかもな~。クイーンCを勝っただけで、阪神経験のない関東馬なら、簡単に消しなんだけど。もし1番人気ならこの馬が軸になるかなあ??

オディールの前走は「4角11番手」でしたが、これは出遅れがあってのものなので、この馬も完全に消しには出来ません。というか能力的には、対抗でしょう。

フィリーズレヴューは上位3頭が追い込み馬という事で、ほとんど無視していいレースでしたが、レジネッタは穴として押さえが必要かも。エイムアップビップは典型的な穴パターンでおもしろいです。

アネモネS組も基本的には、毎年いらないんだけど、ソーマジックは芝で負けなしなので、
押さえが必要。同じく芝で連対を外してないエアパスカルも。

あと狙いとしておもしろいのは、ブラックエンブレム
中山マイル・フラワーC連勝と最近、連対の多いパターンだし、早め栗東入りの関東馬。このパターンもブルーリッジリバーと同じです。

ポルトフィーノの出走取り消しは残念です・・・、エアグルーヴは好きな馬なので・・・。武豊がハナをきれば、競りに行くジョッキーはいないので、有力かなと思ってましたが。

一応、個人的見解としては、こんな感じですが、
レース直前、オッズが確定するまで、はっきり断言する事は出来ませんね。最悪、BOX買いとか、馬券購入見送りとかになるかも(笑)。

それでは、みなさん「桜花賞」頑張りましょう!
長々と書きましたが、参考になりましたら、
ついでにクリックお願いします(^^)
↓↓↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェブラリーSの法則

フェブラリーSは正直言って、法則はありません。
タイトルには書いたけど、ダートは専門外なので・・・。
でも、このレースは基本的に紛れのないオーソドックスな結果に
なるので、法則なしでもわりと的中してます。

注目のダイワスカーレットが回避したのが残念です。
過去に芝の実績馬が出走してきては、人気になってコケるので
(キングヘイロー、キョウエイマーチとか)おいしかったですね。
でも、ダイワスカーレットが出てくれば勝ち負けだったでしょう。
脚質的にダート馬がついてこれないスピードもあり、
最後まできっちり走れるスタミナもありと、
ドバイで2着だったトゥザヴィクトリー級の馬だと思ってます。

このメンバーなら、体調不十分でもヴァーミリアンが勝たなくては
ダメでしょう。ドバイワールドCへ弾みをつけるためにも。

◎ヴァーミリアン
○ワイルドワンダー
それからフィールドルージュ、メイショウトウコンあたり。
でも全部6歳馬で今いちおもしろみに欠けるので、
前走出遅れたけど東京と距離はベストのドラゴンファイヤー、
同じく出遅れたロングプライドは、このレース得意のペリエ騎乗。
伸びしろ豊かな2頭の4歳馬に魅力があります。

京都記念にはウオッカが出走しますね。
体調万全ならこのレースは勝たなくてはいけないでしょう。

ドリームパスポートはなぜAJCCを使ったのかが分からないし、
フサイチホウオーもいいかげんマイルあたりを使ったほうが
おもしろいと思うんだけど。


「競馬の法則」の本格始動はクラシックからです(^^)。

ところで、ニルヴァーナはどうなったんでしょうか。
最近、音楽(ロック)馬名の馬ってなにがいるんですかね??

ブログランキング・にほんブログ村へ  ←いろんな予想が見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有馬記念が終わって

祭りは終わった・・・。

レースが終わった瞬間は、呆気にとられましたが、
冷静に見てみると勝つべきして勝ったなと思えてきました(笑)。
まあ馬場の影響は大きかったと思いますが・・・。

インティライミについて、積極的な競馬が必要と書きましたが、
まさにマツリダゴッホあの競馬(位置)がそうでした!
あの位置を「有馬記念ポジション」とでも名付けましょうか(笑)。
これで万馬券を演出した人気薄の4頭すべてが、
あの位置取りだったという事になります。
「結果論」で中山G2を2勝してる馬は、軸穴としておもしろいと
書きましたが、2勝とも「4角2番手以内」だった事を考えると、今後こういう馬が出てきた場合、単穴として買った方がいいかも。

メイショウサムソンが危険な場合の連軸候補、ダイワスカーレッにしても、ご存知の通りの先行脚質。牝馬連対の可能性も高かっただけに、この2頭で決まったというのも納得です。
結果論ですが(笑)。

見てる方としては、どうして騎手はあの位置に行かないんだろうと思ってしまいます。折り合い、脚質、馬の人気、どの馬をマークするかとか、いろんな問題があるんだろうとは思いますが・・・。

穴馬としてサンツェッペリンを挙げたのは、時事ネタはなんだろうと考えた時に、レッド・ツェペリン再結成」が思いついただけ(笑)。
それでロック-ツェッペリンを。

レースが終わって、来年の楽しみもいろいろと出てきました。

ダイワスカーレットはどういう路線を進むんでしょうか?
ウオッカにもいえる事ですが。

1.混合G1路線、安田記念→宝塚記念
2.牝馬G1路線、ヴィクトリアマイル→宝塚記念
3.中距離路線、大阪杯→金鯱賞→宝塚記念

そして、秋の最大目標は、エアグルーヴ以来の天皇賞制覇でしょう!ジャパンCを含めて、紛れのない東京コースでウオッカとの決着、牡馬との戦というのは見ものです。

4着だったロックドゥガンブ。本格化は来年秋でしょうが、
春天・宝塚記念あたりも狙えるので楽しみです。
その春天・宝塚で本命にしたいのは、ドリームパスポート。怪我がなければ、今年の主役はこの馬だったかもと思わせました。

ついでに、年度代表馬アドマイヤムーンでしょうね。
春のグランプリ、ジャパンCを勝ってるので間違いないでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

有馬記念の法則~結果論~

マツリダゴッホとダイワスカーレット
なるほど・・・、こういう結果になるのか・・・。
こうなると悔しいとかなく、もう笑けてきますね(笑)。

これまでさんざん「法則」について書いてきましたが、みなさんお気づきのように、あの法則には馬場状態、脚質、枠、騎手など、競馬予想に重要なファクターは一切加味されてません。

それをふまえて「法則」の敗因をあげれば無くもないです。
今回の有馬記念、1番気がかりだったのは、馬場状態です。梢重で1枠に入ってしまったサムソンがどういう競馬をするのか。

過去15年、梢重で行われたのは、02年、ただ1回だけです。
この時の1番人気ファインモーションは、牝馬という事で片付けましたが、馬場の影響の可能性もなくはなく、梢重の場合、1番人気は過信出来ないという見方も出来ます。

この年連対したのは、中山で行われた秋天1着、JC1番人気のシンボリクリスエスとタップダンスシチーという中山巧者の馬でした。
この事から、梢重で行われる時は、中山巧者・先行馬は注意という事がいえます。

それを今年に当てはめて考えてみます。
1番人気のメイショウサムソンが危険だとすると、次に軸となる
ダイワスカーレットからというのもひとつの方法かも。
かなりのこじつけですが(笑)。

それから、さんざん言ってきて軽視してしまった中山巧者のマツリダゴッホ(笑)。中山G2を2勝してるのは、あのアメリカンボスと同じ。このタイプの馬がいた場合、馬場に関係なく穴軸にするというのもありです。

思ってたよりも、サムソンをはじめ、有力馬も人気薄馬も後ろの方で競馬をしてたので、結果的には仕方ないでしょう。

この一週間、なかなか楽しめました。
「有馬記念の法則」に付き合ってくれたみなさん、
本当にありがとうございました(^^)。

来年から「良馬場で的中率100%の法則」
として覚えておいてもらえれば(笑)。

来年のクラシックシーズンに出没すると思うので、
その時は、またよろしくお願いします(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

有馬記念の法則~最終決断~

メイショウサムソン
ロックドゥカンブ
ポップロック
ダイワスカーレット
 ドリームパスポート

インティライミ
マツリダゴッホ、サンツェッペリン、ハイアーゲーム

ロックドゥガンブで勝負!という気持ちになりつつあります。
しかし、二冠馬ネオユニヴァースでも、宝塚記念ではまったく歯が立たなかった事を考えれば、絶対という自信はありません。

☆インティライミは、自分の夢馬券です(笑)。

穴は多分、買わないと思うけど、挙げるならこの3頭。

「法則」的には、荒れるほうがおもしろかったんだけどな~。
とんでもない不利とか故障がない限りは大丈夫でしょう。

もし荒れる可能性があるとすれば、今年のダービーみたいに、
牝馬が60何年かぶりに勝つというとんでもない事があった時。
ダービーも過去15年、完璧な法則があり、毎年儲けてましたが、あのとんでもない出来事のおかげで負けてしまいました・・・。)

なので、もしウオッカが勝ち、30何年ぶりとかいう出来事がおこったら、もうお手上げです(笑)。サムソンが早めに動いて押しきろうとした場合、ないともいえない。

それではみなさん、ありがとうございました(^^)。
GOOD LUCK!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

有馬記念の法則~個人的見解~

「有馬記念の法則」としての結果は出ましたが、
あとはこれをどう(馬券的に)料理するかです。
買い目をどうするかというのは、まだ迷ってますね~、
正直、馬券に関してはアマチュアなので(笑)。
好きな馬や個人的な希望で買ってしまう事がよくあります・・・。

一応、各馬について書いてみますが、あくまで素人の見方なので、みなさんの方が詳しいと思います(^^)。

まず有力馬から。

メイショウサムソン。個人的には好きなタイプではないけど、
やっぱりこの馬を軸で買わないといけないでしょう。
馬連にするかワイドにするか3連複か・・・。

ポップロック。普通に考えれば、相手はこの馬でしょうね。
ペリエだし。でも、JCがピークのような印象も。
6歳という年齢から上積みは??

ウオッカ。やはり外枠が嫌われてか思ったより人気が低い。
この馬はそのままタニノギムレットのイメージなので、溜めれば確実に伸びてくると思うけど、中山では良くて3・4着まで??

ダイワスカーレット。やはり今年の3歳牝馬のレベルは高く
ヒシアマゾン
以来の牝馬連対の可能性。ヒシアマゾンが重賞5連勝だったのに対し、この馬も4連勝と臨戦過程は似ています。
ただ、連対となるとエアグルーヴの3着という成績を上回るので、現時点でそこまでの馬か??という気もしますが。
牝馬戦のようにマイペースでは、行けないだろうし。

ダイワメジャー。この馬はやはり距離が長い。引退レースだし。
買う気はありませんが、やはりデムーロなので、
来たら仕方ないという気持ち。

個人的には、インティライミ、ドリームパスポート、ロックドゥカンブ
あたりで勝負したいんですがね~、どうでしょう??

インティライミ。JC時に、ここで負けて有馬で人気を落とすようだと狙い目と書いたんだけど、いざそうなると狙いづらいですね(笑)。
ここは思いきった先行策が必要だと思うんだけど、佐藤哲っちゃんから福永に乗り代わってどうなんでしょう。

ドリームパスポート。ルメールが乗って、ハーツクライのような競馬をすればおもしろいと思ってました。しかし、高田が皐月賞と同じように乗る事が出来れば期待出来ます、頑張ってもらいたいです。問題は叩いて良くなってるかどうか。

ロックドゥカンブ。思ったよりも人気になってたので、みなさん同じ考えなんでしょう(笑)、突き抜けるとすればこの馬だろうというのが。
ロベルト系、キネーン、南半球産で53K
キャリアの浅い分、未知の魅力があります。反面、このパターンは初めてなので、さっぱり歯が立たないというケースも。いくら斤量が軽くても、宝塚記念のウオッカみたいに力の差がありすぎてはどうしようもないし。

マツリダゴッホは、中山巧者という事で、新聞でも穴候補として騒がれてますが、どうせなら忘れ去られてるくらいの馬を狙いたいです。
サンツェッペリン(皐月賞2着)、
ハイアーゲーム(前走重賞勝ちでルメール)あたり。

有馬記念は、それぞれの好きな馬を買って、
夢を買うのがいいと思うんだけど、今回はなけなしの
1万円で勝負なので、そうもいってられません(笑)。

馬連で流すとあんまり儲けれないし、あんまり点数多く買うの好きじゃないんですよね~。個人的に好きなのはワイド1点買い
サムソンからだと、インティライミで10万、ドリームパスポートで7万、ロックドゥガンブで3万か~。

無難にサムソンーポップロック軸の3連複にしよかな~とか、
悩み中(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有馬記念の法則~軸馬決定~

有馬記念の枠順が決定しましたね~。
という事で、今回は「連軸馬の法則」を書いてみます。

まず1番人気の信頼性をチェックします。
過去15年、1番人気で連対した10頭をデータ分析すると、

①3~5歳の牡馬
②前走、G1かG2で1番人気
③前2走のどちらかで勝っている

この3つの項目すべてに当てはまってます!

結論から言うと、今年の1番人気であろうメイショウサムソンは、
「連対が堅い」1番人気馬だという事が分かります(^^)。

相手は単純に6番人気までの5点買いで予想も終了(笑)。
しかし過去15年がそうだからといって、そう簡単にいかないのが、
競馬の難しいところであり、おもしろいところ。

1番人気の堅い今年は関係ないけど、
一応、連対を外した5頭はどんな戦績だったのか書いてみます。

92年、トウカイテイオーは前走、ジャパンC・5番人気(1着)。
95年、ヒシアマゾンは前走、ジャパンC・2番人気(2着)の牝馬
98年、セイウンスカイは前走、菊花賞・2番人気(1着)。
01年、テイエムオペラオーは、前2走、秋天・JC連続2着。
02年、ファインモーションは前走、エリ女王杯・1番人気1着の牝馬

3頭は前走、1番人気ではありませんでした→
01年、前2走で勝ってない馬が1番人気になったのは、
過去15年、この年のオペラオーだけ→
02年ファインモーションは牝馬G1の実績だけ→

それでは、1番人気が「とぶ」と分かった場合、
どんな馬を軸にすればいいのか??

①(基本的にG1勝ちの実績があり)前走、G1かG2で1番人気。

これに当てはまる馬を人気順にチェックしていきます。

98年、4番人気→1着グラスワンダーは、ア共和国杯1番人気
02年、2番人気→1着、シンボリクリスエスは、JC1番人気
(ただし、95年2番人気のナリタブライアンはJC1番人気ながらとんでます。前2走が秋天12着、JC6着という成績でした。
②→前2走、掲示板を外しているような馬は消し

①②の方法で、該当する馬がいない場合、
「直結レース」勝ち馬が軸となります。

92年、宝塚記念勝ち馬メジロパーマー、15番人気→1着。
95年、菊花賞勝ち馬マヤノトップガン、6番人気→1着。
01年、菊花賞勝ち馬マンハッタンカフェ、3番人気→1着。

この方法で決定した「軸馬」から、
「直結レース」連対馬、中山G2連対馬に流せば、
「過去15年、的中率100%の法則」の完成となります(笑)。

今年の有馬記念出走馬、自分なりの見解については、
また書きたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック