競馬

『ジャパンC』、炎の一点勝負!

今年の「ジャパンC」の出走メンバーの顔ぶれですが、近年では最高ともいえる豪華メンバーで、非常に楽しみなレースとなりました!

出来れば、1点買いで勝負したいと思ってます(^^)。

まず有力馬のチェックを簡単に。

牝馬ながら秋天を制し、歴代最強牝馬を目指すブエナビスタ。
そのブエナビスタを宝塚記念で破り、凱旋門賞2着、ナカヤマフェスタ。
昨年のJCでウオッカのハナ差2着、オウケンブルースリ。
春天勝ち、ジャガーメイル。
皐月賞馬、ヴィクトワールピサ。
ダービー馬、エイシンフラッシュ。
ダービー&菊花賞2着、ローズキングダム。
秋天2着、ペルーサ。
京都大章典勝ち、エリ女2着、メイショウベルーガ。

外国馬では、エリザベス女王杯を圧勝したスノーフェアリーの回避は残念でしたが、ジョシュアツリー、ヴォワライシあたりは勝負になりそうです。

俺の本命ですが、迷いなくブエナビスタです!
ドバイ帰りで疲れのあった宝塚記念は、ナカヤマフェスタに敗れましたが、今回はまったく逆の立場になりました。
ただこのメンバーでは秋天みたいな楽勝は考えられず、負ける可能性もあると思ってます。

その筆頭は、海外遠征帰りで状態面が心配されますが、やはり地力に勝るナカヤマフェスタでしょうね。やっぱり強かったというシーンも考えられますが、どっちかというと中山向きなので、個人的には、ここで負けて、少し人気が落ちるだろう有馬記念で狙いたいですね。
同じくジャガーメイルもここで大敗しての、有馬の穴として狙ってます。

ちょっとくさいのはオウケンブルースリなんですよね、ジャングルポケット好きだったし。ただ状態が去年と比べてどうかというのがあるので、今回はパスでしょうか。

ハイレベルな3歳世代ですが、その中でも1番能力を秘めているかもしれないのが、ペルーサです。
秋天では出遅れながらもメンバー最速の上がりで、2着にきたし、青葉賞での圧勝もあるように、この舞台でブエナビスタを負かす可能性があるのはこの馬かもと思ってます。ただ俺はダービーで本命にして負けたので、あのゲート難は一点買いするには不安があります。来年以降、最強馬に君臨するだろうと思うので、今回は遠慮してもらいたいです。

そこで狙いは、エイシンフラッシュとローズキングダム、やはりこのジャパンCと同じ舞台のダービー1・2着馬です。
人気落ちならダービー馬のエイシンフラッシュを狙いたいところですが、競馬は「血統のロマン」でもあります。
俺はローズキングダムの母のローズバドが好きだったんだけど、ローズバドは、オークス2着、秋華賞2着、で古馬と対戦となったエリザベス女王杯でも2着という成績でした。
ローズキングダムもここまでダービー2着、菊花賞2着と来てるので、古馬と初対決のここでも2着に来ないかなと(^^)。

ちなみにローズバドがエリザベス女王杯2着の時の勝ち馬がトゥザヴィクトリーで、その年のドバイワールドカップ2着でした。そして今年のドバイシーマクラシックの2着馬がブエナビスタでした。
ということはもうお分かりでしょう(笑)。
あのレースは馬券的にもトゥザヴィクトリーからの本線ローズバドで取れた思い出深いレースなので、その再現を期待します(笑)。

あとはオッズや馬の状態を見ながら、じっくり決めたいと思いますが、
ちょっとびびって2点くらい買うかもしれませんが(笑)。

それではまた、有馬記念でお会いしましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (2) | トラックバック (1)

『第77回 日本ダービー』

毎週日曜日は必ずどこかに出掛けてるんだけど、
このタービーの日だけは家にいてテレビ観戦しています。

史上空前の好メンバーが揃ってた、今年のダービーでしたが、
3番人気ダノンシャンティが出走取り消しになったのは残念です。

まず個人的、有力馬の見解。

ヴィクトワールピサ
弥生賞は、インぴったりから抜け出して、この乗り方をすれば皐月賞も勝てるという走りをみせ、皐月賞でも全く同じ走りで見事タイトルを獲得しました。
皐月賞向けのタイプですが、高い完成度と狭い場所にも入っていける根性、そこから一瞬で抜け出す反応の良さと瞬発力が魅力。

ペルーサ
4戦4勝、前走の青葉賞では4馬身ぶっちきりの圧勝。
厩舎の先輩シンボリクリスエスやゼンノロブロイ以上の強さで、2着に終わったクリスエス、ロブロイで成し遂げられなかったダービー制覇が目前。

ヒルノダムール
皐月賞では、後方、そして大外から上がり最速の脚で2着に突っ込んできました。広い東京で末脚を全開できそうです。

オークス連対の母にダービー馬の父キングカメハメハという良血馬3頭。
トゥザグローリー、ルーラーシップは将来性が楽しみ。
ローズキングダムはマイルCSあたりがおもしろそうです。

ちなみに、ダノンシャンティは出走してても無印だったんだけど、前走、日本レコードでNHKマイルCを勝ち、どういう走りをするのか楽しみだったので残念です。馬券的にも。

俺の予想はこうです。

◎ペルーサ
○ヴィクトワールピサ
▲ヒルノダムール
△エイシンフラッシュ
穴レーヴドリアン

穴は東京でこそのレーヴドリアン。
皐月賞ではヒルノタムールに次ぐ上がりの脚を使い、ダービーに直結するきさらぎ賞2着というのは、人気薄で父スペシャルウィークの2着に突っ込んだ、ボールドエンペラーを彷彿させます。

ただ今の東京は先行有利の馬場で、近年の先行馬が穴をあけるという傾向から、皐月賞好走、もしくは人気で惨敗した先行馬(アサクサキングス、スマイルジャック、ロジユニヴァース、リーチザクラウン)に注意が必要です。
このタイプは、アリゼオ、もしくはゲシュタルトでしょうか。

ダービー馬に輝くのはどの馬なのか、
どんな見ごたえのあるレースになるのか楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『有馬記念の法則』

一年は早いものです。

今年の「有馬記念」、出走メンバーを見てみると、去年のダイワスカーレットみたいな絶対的な本命が不在で、予想する側とすれば、なかなかおもしろいです。

人気は、ブエナビスタ、ドリームジャーニー、マツリダゴッホ、フォゲッタブルの順ですが、個人的にはこの4頭は消しです。

ブエナビスタは夏以降の成長力に物足りなさをかんじているのと、はたして小回りの中山、古馬相手で大外をぶん回して勝てるのかと。

フォゲッタブルは超良血で(俺はエアグルーヴ好きなんです)、菊花賞連対と文句がなさそうだけど、個人的にはステイヤーズSを使ったローテはマイナスです。

マツリダゴッホは、今回、先行馬がわりと揃っているので、人気ならあんまり面白味がないので。

ドリームジャーニーは宝塚記念を勝ってるし、迷うとこだけど、基本的には2000m前後がベストかと。後ろから行く馬だし。

そこで、俺の本命候補は、マイネルキッツかスリーロールスです。

マイネルキッツは春天勝ち、日経賞連対とこの舞台に対する実績としては文句ないし、内枠からインぴったりに先行する作戦なので、粘りこみに期待できます。

スリーロールスは菊花賞馬。注目したいのは、前々走の勝ちっぷりで、今回も先行しての瞬発力に期待します。

この2頭と、▲リーチザクラウンです。

武豊で、中山2500mでマイペースの逃げなら、トゥザヴィクトリーくらい走ってもいいでしょうね。

アンライバルドの1枠でデムーロというのも不気味だけど、基本的にはマイル~2000mの馬かなと。

あと穴はミヤビランベリ。

有馬記念の結果は、よくその年の世相をあらわすといいますが、今年だと、まずマイケル・ジャクソンなんかが頭に浮かびますが、はたして??

最近の有馬記念は当たってないので、
がっぽり勝っていい気分で年を越したいです(笑)。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やって来ました、競馬の祭典!『日本ダービー』

とうとうやって来ました!
年に1度の競馬の祭典『日本ダービー』。
毎年、この日だけは外出せずにテレビ観戦してます(^^)。

でも、いつもなら世代8000頭の頂点にたつのはどの馬か??という楽しみがあるんだけど、今年は世代最強かもしれないブエナビスタがオークスに出走したので、あくまで1番強い牡馬は誰かといった感じになります。
ブエナビスタとアンライバルドの対決が見られないのが残念です。

レースを楽しむのはもちろんですが、
予想もスカッと的中させたいと思います!

本命は、皐月賞を圧勝したアンライバルドです。
この馬が軸で、間違いないでしょう。

相手は3頭いますね。
横一線ですが、あえて印をつけるなら

◎アプレザンレーヴ
▲リーチザクラウン
△トライアンフマーチ

と、こうなります。

レースの鍵を握るのはやはりリーチザクラウン(武豊)でしょう。
「逃げ宣言」が出てますが、たしかにマイペースの先行策がとれれば、
勝てる可能性があるだけの能力はもってると思います。

ただ先行勢の顔ぶれを見てみると、皐月賞と同じだし、
NHKマイルCを勝ったジョーカプチーノもいるので、
そう簡単にマイペースでは行けそうもありません。
皐月賞1番人気で惨敗したロジユニヴァース(横山典)も今回は思い切った乗り方をしてくる可能性があります。

今年は簡単かなと思いながらも、まだまだ予断を許さない、
今年の「ダービー」、はたしてどういう結果になることやら(笑)。

それでは、レース当日まで『ダービーウィーク』を楽しみましょう!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラシックシーズン到来!桜花賞&皐月賞展望!

いよいよ春のG1シーズンの到来で、
今週は桜花賞です!

今年も稼ぎまくりたいです(笑)。←願望。

簡単に桜花賞と皐月賞の展望といきたいところですが、
今年は両レースとも堅いので予想の必要がなさそうです。

まず桜花賞ですが、これはもうブエナビスタで決まりでしょう!
馬券的には、「法則」で絞りこめた3頭に流して、
配当が高いのが2着にくればラッキーという感じ。

あの馬のレベルは簡単にいえば、牝馬のディープインパクトなので、
この後、ダービーに出るようならまず勝つでしょうね。

サイレンススズカ級だったダイワスカーレットの引退で、
サイレンススズカの「夢のつづき」が見られるのは、また先になりましたが、この季節になるとやっぱりわくわくしますね(^^)。

ついでに皐月賞ですが、
ロジユニヴァースの連対は堅そうですが、
アンライバルド、リーチザクラウンの三つ巴の様相です。

ロジユニヴァースがすんなりと勝つようだと、
ダービーも分からなくなりますね。

今年はどんなドラマが待っているのか楽しみです!!

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『有馬記念の法則』~結果論~

「ダイワスカーレット、牝馬として37年ぶりの勝利!」

ダイワスカーレットは予想通りの強さでしたね!
俺の見解としては、ドバイワールドカップに出ても勝てるんじゃないかと思いますね。あそこで勝つ要素のすべてを兼ね備えてるんじゃないでしょうか。

ドバイDFに出走するウオッカと共に、
日本牝馬旋風を期待してます!

と話が先に進みすぎましたが、相手本線にしたマツリダゴッホ、
流れの中でああいう位置取りになってしまったんだと思うけど、
それはそれとしてジャパンCの好走で陣営や騎手に油断というか楽観的な雰囲気が出てしまったんじゃないかなと(苦手の東京であれだけ走ったんだから、得意の中山ではという)。
去年みたいなガムシャラさがなかったように感じました。

2着アドマイヤモナーク・・・、
この結果を見て、というか競馬の結果を見るたびにつねづね
「先入観は捨てなければいけない」と思ってます。

正直、「アドマイヤモナークはないわ」とまともに出馬表も見てなかったけど、あらためて戦績を見ると、いかにも「有馬」で穴を開けるタイプの馬でした。G2日経新春杯勝ち、中山の日経賞こそ3着ですが、京都大賞典2着、参考外の東京のG1で連続2桁着順の後(レベルの高いレースでもまれて)、右回りの有馬で一発というのは、アメリカンボスみたいですね。

前がやりあうなら大穴としてベンチャーナインがおもしろいと少し狙ったんだけど(穴として挙げていたエアシェイディは3着)、今考えるとベンチャーナインよりは全然買えてましたね(^^;)。

結果的には、エイシンデピュティの回避は大きかったと思います。
あれでダイワとしても展開的にだいぶ楽になったんじゃないかな。

「やはり、ダイワスカーレットは強い!」

有馬を終えての感想はこれに尽きます。

俺としては、年度代表馬はこの馬で決まりです!
今年G1勝ちは、この有馬だけですが、パフォーマンス的にという意味で。

有馬記念も終わってしまいました・・・、
最後の最後に予想を外してしまいましたが、
来年はもっと競馬で稼ぎまくりたいです(笑)。

にほんブログ村 競馬ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『有馬記念の法則』~前日予想~

「連軸馬の法則」に今年の出走馬を当てはめてみます。

まず、1番人気のダイワスカーレットは、前走・秋天で2番人気という事で、「法則」的には連軸としての信頼性は低いです。

過去似たようなパターンとして、3歳時、前年の有馬で2着だったヒシアマゾンが、前走のJC・2番人気で2着の後、有馬で1番人気で連対を外してます。

ダイワスカーレットが信頼出来ないとなると、連軸候補になるのは、前走G2以上のレースで1番人気だった馬、アルナスライン、フローテーション、カワカミプリンセスになります。

アルナスラインとフローテーションは菊花賞2着がありますが、共に重賞未勝利、カワカミプリンセスも牝馬G1だけの実績で、3頭共、近3走勝ち星がないようでは、ちょっと軸にはしずらいですね~。

となると、過去のパターンとしては、「直結レース(春天、宝塚記念、菊花賞)」の勝ち馬から流すんだけど、エイシンデピュティが回避したので、これも勝ち馬不在となりますね。
う~ん、エイシンデピュティ狙ってたんですけどね。

こうなると、前年の覇者で今年も中山G2を2勝しているマツリダゴッホが最有力でしょう。
アルゼンチンージャパンC連勝のスクリーンヒーローもあるかと。

とりあえず俺の予想は、

◎ダイワスカーレット
○マツリダゴッホ
▲スクリーンヒーロー
△フローテーション
 アルナスライン
 アサクサキングス

ダイワスカーレット本命は秋天の時から決めてたので。
ただデータ的には連軸としての信頼性は低いので、マツリダゴッホと2頭軸の3連複あたりで勝負しようかなと思ってます。

アサクサキングスが人気をかなり落としてるので、狙い目でしょうか。
穴ならエアシェイディ、大穴ならベンチャーナインとか??

とりあえずレース直前までじっくりと考えてみます(^^)。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『有馬記念の法則』~軸馬の選び方~

有馬記念の枠順が決定しましたね~。
という事で、今回は「連軸馬の法則」を書いてみます。

まず1番人気の信頼性をチェックします。
過去16年、1番人気で連対した10頭をデータ分析すると、

①3~5歳(牡馬)
②前走、G1かG2で1番人気
③前2走のどちらかで勝っている

この3つの項目すべてに当てはまってました!

ただし去年の1番人気だったメイショウサムソンは、
この条件にハマってましたが、連対を外してます。
これは、重馬場の影響もあったんじゃないかと思われます。
後方からの脚質(武豊の乗り方)だし。

1番人気が堅い場合、相手はすべて6番人気以内で決まってます。

サムソン以外の連対を外した5頭は、
どんな戦績だったのか書いてみます。

92年、トウカイテイオーは前走、ジャパンC・5番人気(1着)。
95年、ヒシアマゾンは前走、ジャパンC・2番人気(2着)の牝馬
98年、セイウンスカイは前走、菊花賞・2番人気(1着)。
01年、テイエムオペラオーは、前2走、秋天・JC連続2着。
02年(梢重)、ファインモーションは前走、エリ女・1番人気1着の牝馬

3頭は前走、1番人気ではありませんでした→
01年、前2走で勝ってない馬が1番人気になったのは、
過去15年、この年のオペラオーだけ→
02年ファインモーションは牝馬G1の実績だけ→
それかこの年も梢重だったので、こういう時は、
荒れると思ったほうがいいかも。

それでは、1番人気が「連対を外す」と分かった場合、
どんな馬を軸にすればいいのか??

①(基本的にG1勝ちの実績があり)前走、G1かG2で1番人気。

これに当てはまる馬を人気順にチェックしていきます。

98年、4番人気→1着グラスワンダーは、ア共和国杯1番人気
02年、2番人気→1着、シンボリクリスエスは、JC1番人気
(ただし、95年2番人気のナリタブライアンはJC1番人気ながらとんでます。前2走が秋天12着、JC6着という成績でした。

②→前2走共、掲示板を外しているような馬は消し

この方法で決定した「軸馬」から、
G1馬、「直結レース」連対馬、中山G2連対馬に流せば、
「過去16年、的中率100%の法則」の完成となります。

もし①②の方法で、該当する馬がいない場合、
「直結レース」勝ち馬が軸となります。

92年、宝塚記念勝ち馬メジロパーマー、15番人気→1着。
95年、菊花賞勝ち馬マヤノトップガン、6番人気→1着。
01年、菊花賞勝ち馬マンハッタンカフェ、3番人気→1着。

あくまで過去のデータですが、今年の有馬記念出走馬に当てはめてみれば、どういうレース(結果)になりそうなのかが見えてきますね(^^)。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『有馬記念の法則』~過去16年~

今年も残すところ有馬記念だけとなりました!
秋のG1は予想的には、秋華賞以外は的中しているので、
有馬もスカッと的中させて、1年を締めくくりたいところです(^^)。

ここからは、去年『有馬記念の法則』として書いたのとほとんど同じですが、去年は結果的に外れてるので今年はリベンジです。

スポーツ新聞とかでは、過去10年のデータは載ってると思うので、
別の角度から、過去16年の的中率ほぼ100%の法則(良馬場限定なら100%)を書いておきます。

まず、傾向として有馬記念3着までの人気と馬連配当。

      1着   2着   3着   馬連配当
1992   15    5    4    31550
  93    4       10     3290
  94        6    4      820
  95    6    5    4     4770
  96        3   14      900
  97    4        2     1240
  98    4    3   11     4430
  99        2    5      470
2000        2   13      380
  01    3   13    6    48650
  02    2   13    8    14830
  03        4    3     1290
  04        3    9     1240
  05    4        6      750
  06        6    3     1070
  07    9    5    6    22190

これを見てもらえれば分かりますが、
1番人気は10連対で、1番人気が連対した場合、
相手はすべて6番人気以内で、比較的堅くおさまっています。

1番人気が連対を外した6回は、配当4000円以上、
万馬券が3回と荒れたレースになっています。

まず1番人気馬が信頼出来るかどうかがポイントになります。

それから、「穴馬の法則」として、
人気薄(6番人気以下)で劇走するパターンを解明してみます。

有馬記念は、距離・コース形態などから「直結」するレースがあり、
それは、「天皇賞(春)、宝塚記念、菊花賞」の3つのG1です。
G2なら、阪神大賞典や京都大賞典など)
過去15年、この3つのレースの連対馬が有馬記念で連対しなかったのは、02年の1度と(ただし、02年は東京競馬場改修の為、中山で行われた「秋天」を勝ったシンボリクリスエスが1着)、
そして去年のメイショウサムソンです。
去年のサムソンは重馬場の影響もあったんじゃないかと思うけど・・・。

この「直結レース」から人気薄で劇走した馬。
92年、15番人気→1着で、大万馬券を演出した
メジロパーマーは宝塚記念勝ち!
98年、11番人気→3着のステイゴールドは、春天・宝塚記念2着、
04年、9番人気→3着のシルクフェイマスは、宝塚記念2着、
近走不振で人気を落としていても要注意です。

 
次に、威力を発揮してるのが、中山コース巧者で、

「その年に、中山で行われるG2で連対した馬」

有馬史上最高配当だった、01年、最低人気で2着に突っ込んだ
アメリカンボスは、年明けのAJC・中山記念を連勝!
02年、13番人気→2着タップダンスシチーは、日経賞2着、アルゼンチン共和国杯(中山)3着で、中山2500の実績ありでした。
この年、8番人気→3着コイントスは、ア共和国2着。
00年、13番人気→3着ダイワテキサスは、中山記念勝ち。
そして去年のマツリダゴッホは記憶に新しいところでしょう。

この中でも、やはり中山G2を2勝していたアメリカンボスとマツリダゴッホの人気薄2頭の激走が光ります。

それと忘れてましたが、万馬券の4頭に共通してるのが、
「4角2番手以内」という逃げ・先行脚質でした。
この他に細かいデータはいろいろありますが、大まかにいえば、
こんな感じですね。

このように、すべての穴馬は、意味もなく走る訳ではなく、
劇走するには、「それなりの理由」があるという事です(^^)。

 
さて、今年の有馬記念が荒れるか荒れないか、1番人気が信頼出来るかどうか、出走メンバーの戦力分析など、これからいろいろと有馬記念を楽しんでいきましょう!!

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック