広島カープ

『ベースボールとエルビス・プレスリー』ショコラ(withフルカワミキ) vs 広島カープ

いよいよプロ野球が開幕しました。
広島カープは今日やっと今シーズンの初勝利を飾りました(^^)。
今年のカープは優勝を狙える戦力なのでちょっと楽しみです、まあ客観的に見れば、相変わらずの「らしい」補強をした巨人が有力でしょうが・・・(^^;)。
打線は爆発力はありませんが、最悪だった去年よりはマシだろうし、投手陣は久々の投手王国復活の感じなのでかなり期待してます。去年前半不調だったけど今年は期待出来るマエケンを始め、復活した大竹にルーキーの野村と先発陣は6人揃ってるし、とくに抑えのミコライオとサファテは強力なので7回までリードしてれば安心して見ていられそうです。
あと若手の堂林は今年経験をつめば化けそうな予感がするので、ぜひとも緒方みたいな選手になってもらいたいですねー。

という訳で、野球つながりのこの曲。

『ベースボールとエルビス・プレスリー』chocolat

 
『ハムスター』(1999)

商品の詳細

セカンド・アルバム『ハムスター』に入ってる曲です。
子供の頃、「野球とプレスリー」の魔法に魅せられたって歌だと思うんだけど、俺の場合は「広島カープとロックンロール」でした。

ちなみに俺は、子供の頃からのカープファンなんですが、俺の小学生時代、ここ香川では6割が巨人ファン、3割が阪神ファン、そして残り1割が他の4球団のファンと、大体そんな割合だったような気がします。同級生でカープファンだったのは俺ともう一人だけでしたので。

ところでショコラはセカンドもいいんですが、ファーストの方が好きです。

『one to many chocolat』(1998)

商品の詳細

『もうひとつの雨』
雨の日や梅雨の時期に聴きたい曲です。

 
このファーストには、スーパーカーが参加している曲が、2曲入ってますが、俺はスーパーカーが大好きだったので、このコラボは嬉しかったです。
その内の1曲『ステキなクルマで走りぬけて』は、もろスーパーカーという感じの疾走感で、ボーカルがミキちゃんのかわりにショコラってだけの曲、もう1曲の『momo』はショコラの詞に、中村弘二が曲をつけてるんだけど、エモーショナルでアルバム中1番好きな曲です。

最後に、ショコラとミキちゃんのコラボ曲です。

『Like A Starberry』ショコラ with フルカワミキ

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球開幕!広島カープ連勝!!

WBC優勝の余韻がさめやらないまま、
絶好のタイミングでプロ野球が開幕しました!

広島カープは巨人に連勝と幸先のいいスタートとなりました(^^)。
3連勝を狙った今日の試合は、篠田が巨人打線相手に逃げずに真っ向勝負のすばらしいピッチング(津田の背番号14を受け継いでるだけあります)、土壇場の9回にはまさかのダブルスチールなどで同点に追いつく粘りを見せ、引き分けに持ち込みました。

それにしても今年のカープは期待出来ますね!
まず投手陣、エースのルイスを軸にした先発、そして中継ぎも充実してます。正捕手の石原のリードも安心して見れるし。唯一の気がかりは永川のシーズンを通した調子です。去年は個人的にはチームのMVPじゃないかと思うくらいの成績だったので、それに近いくらいの安定感があれば文句ありません。今日のクルーンみたいな事だけにはならないで欲しいです(笑)。

打線は他チームから大砲を寄せ集めているチームと比べると、重量感という点では物足りませんが、将来のジャパンの4番になるだろう栗原を中心に、侍ジャパン(の小型版)みたいなそれぞれが自分の役割を果たせる、つなぎの野球が出来るようなメンバーのように思います。

ブラウンイズムも浸透して、新しい球場になる今年、
ムード的には、優勝してもいいような感じです(笑)。
優勝となると実力とは別に、勢い的なものも必要ですが。

久しぶりのリーグ優勝、そしてカープ一筋で頑張ってきた、
前田智や緒方の胴上げがぜひとも見たいものです。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球開幕&競馬はクラシックシーズン到来

桜もほぼ満開で、お花見には最適な週末となりましたね(^^)。

とうとうプロ野球が開幕しましたね~。
我が広島カープは、去年エースと4番が抜けるという状況になりましたが、逆に新しいメンバーが出てきて、期待してました。

・・・が、開幕してみると、案の定というか、
弱点の抑えと守備の不安が露呈して4連敗・・・。

しかーし、昨日はサヨナラ勝ち、今日は打線が爆発して、17対3と快勝、カープファンにとっては、ようやく開幕したなという感じです(^^)。

そして大リーグのドジャースに行った、黒田投手もデビュー戦を勝利で飾り、鮮やかなスタートをきりました。まあ個人的には、松坂と比べても上の投手なので、ヒジの状態さえよければ、最多勝をとってもおかしくはないと思ってるので、これからも楽しみです(^^)。

競馬はいよいよクラシックシーズン到来で、来週は桜花賞です!
春のG1も「競馬の法則」で、ビシバシ当てて、儲けていくので、
よろしくお願いします(笑)。めんどくさくなければ、各G1の「法則」をブログに書いていきますので。

今日の大阪杯では、ダイワスカーレットが強豪牡馬を相手に快勝して、春の古馬・中距離路線の主役に踊りでました(俺の感触では、エアグルーヴ級の馬)。ドバイで4着と健闘したウオッカとの対戦が楽しみです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (5)

さようなら、また会う日まで。

「広島からFAしていた黒田投手が3年40億円でドジャースと合意」

いや~、やっと決まりましたか、
これで今オフ、FAでメジャーを目指した

福留、小林、薮田、福盛の5選手の行き先が決定しました。

来シーズン、カープの優勝争いは、正直厳しいでしょうね~。
その分、黒田の活躍が今から楽しみです(^^)。

メジャーで活躍して、ワールドシリーズ優勝という夢を実現させた後には、再びカープに戻ってきてもらいたいです。低年俸で(笑)。
黒田ならそういうこともあり得るんじゃないかな?
4年契約を断っての3年契約なので、本人もその気??

話は変わりますが、「四国独立リーグの香川オリーブガイナーズ」
(監督は西田)
に所属していた元広島カープの天野投手は、
どっか?のリーグに移籍してしまいました。
カープファンの俺にとっては少し残念なことです・・・。

お金の話といえば、世間ではボーナスシーズンですが(笑)、
無職の俺にはなんの関係もありません、じつに寂しいものです・・・。
とりあえず、一日中(朝早いのも)はしんどいので、
5~6時間くらいでバイト的なことをしようかと思い、
職安行ったり、求人情報誌を見たりしてるけど、
なかなか「これ」というのがありません。
というか
、「もう年明けでええか」と思ってます(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

黒田博樹(広島カープ)よ、どこへ行く!

「黒田に複数球団が年棒10億円超提示」

と報じられてますが、まあ妥当な金額でしょうね。

松阪っていくら貰ってたっけ?実力だけなら松阪より上(ヒジさえよければ)だけど、松阪の場合、一般的な知名度や人気が圧倒的に高いので、集客力や経済効果という付加価値もあるからな~。

カープファンとしては、残留して欲しいという思いもありましたが、あれほどの選手だし、1年間待ったというのもあるので、ぜひ夢であるメジャーに行って、その実力を発揮してもらいたいという気持ちが強いです。新井の場合と違って(笑)。

新井の移籍は正直すっきりしないんですよね・・・。昨日も広島ファンの人が「甲子園を爆破」するぞという脅迫をして逮捕されてましたが、多少気持ちは分からないでもないけど(いやこういう行為はもちろんダメですが)。本当にカープが好きならカープを優勝させるというぐらいの気概があってもよかったんじゃないかって・・・。

僕はそう思うんだけど、あなたはどう思う?(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (4)

カープとFA~カープファンの愚痴~

カープファンにとっては、少しばかし憂鬱な季節です。

FAとはただ主力が出て行くだけの制度なので・・・。

選手個人としては移籍するのは、仕方ないことだと思いますが、

やっぱりファンの立場としては、優勝を望んでるので

いつもいつも4番が抜けてたら、来年も期待は出来ません。

人間性としては新井は好きだし、あの涙も分かるし、それなら・・・。

まだ福留みたいにお金(評価)が目的という方がすっきりする。

なぜ優勝争い出来ないのか・・・

若手が成長してきたと思ったら

主力が抜けていくからに他ないのに・・・。

黒田は客観的に見れば松坂より上なので、

大リーグでどれだけやるのか楽しみです(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック