スポーツ

W杯・日本快勝!『Footballing Weekenders』カジヒデキ

W杯、日本はカメルーンに快勝しました!
最後はヒヤヒヤのドッキドキでしたね~。
次のオランダ戦、楽しみです。

俺は昔からサッカー観るのは好きでした。
歴代サッカー選手の中で、ファンバステンが1番好きなので、オランダは昔から好きなんですが、さすがに今回は日本を応援します。

90年あたりから、WOWOWで毎週「セリエA」を観ていた影響もあり、
それからはずっとイタリア・ファンです。
あとポルトガルやスペインとか。

ワールドカップは全試合観たりしてましたが、
ただ今大会は有名どころ以外の選手はあまり知らないので、
今までよりかは興味が薄れてます・・・。

が、週末のオランダ戦は盛り上がりそうですね。
 

『Footballing Weekenders』カジヒデキ

カジくんもサッカー好きらしく、ちょいちょいフットボール関連の曲があります。

A LONG WEEK-END

ちなみにこのアルバムには、ベルセバ好きらしく『ジェントル・ウェイヴス』という曲も入ってます。
カジくんも俺と同じく、心は『永遠のパンク少年』ですね(^^)。

 
<歴代好きなサッカー選手ランキング>

1.マルコ・ファンバステン(オランダ)
2.ロベルト・バッジオ(イタリア)
3.フランク・ライカールト(オランダ)

それにリネカー、スキラッチとか、子供の頃に観てた人や、
あと90年代前半に『セリエA』で活躍してた人は、ほとんど好きです。
ブローリン、ストイコビッチ、パパン、レンティーニ、シニョーリ、
マテウス、バティストゥータ、ラウドルップ、シーフォなど・・・。

『伝説のドライヴ・ボレーシュート』

→『永遠の緑の中で逢いましょう...』ザ・ジェントル・ウェイヴス

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (6) | トラックバック (0)

プロ野球開幕!広島カープ連勝!!

WBC優勝の余韻がさめやらないまま、
絶好のタイミングでプロ野球が開幕しました!

広島カープは巨人に連勝と幸先のいいスタートとなりました(^^)。
3連勝を狙った今日の試合は、篠田が巨人打線相手に逃げずに真っ向勝負のすばらしいピッチング(津田の背番号14を受け継いでるだけあります)、土壇場の9回にはまさかのダブルスチールなどで同点に追いつく粘りを見せ、引き分けに持ち込みました。

それにしても今年のカープは期待出来ますね!
まず投手陣、エースのルイスを軸にした先発、そして中継ぎも充実してます。正捕手の石原のリードも安心して見れるし。唯一の気がかりは永川のシーズンを通した調子です。去年は個人的にはチームのMVPじゃないかと思うくらいの成績だったので、それに近いくらいの安定感があれば文句ありません。今日のクルーンみたいな事だけにはならないで欲しいです(笑)。

打線は他チームから大砲を寄せ集めているチームと比べると、重量感という点では物足りませんが、将来のジャパンの4番になるだろう栗原を中心に、侍ジャパン(の小型版)みたいなそれぞれが自分の役割を果たせる、つなぎの野球が出来るようなメンバーのように思います。

ブラウンイズムも浸透して、新しい球場になる今年、
ムード的には、優勝してもいいような感じです(笑)。
優勝となると実力とは別に、勢い的なものも必要ですが。

久しぶりのリーグ優勝、そしてカープ一筋で頑張ってきた、
前田智や緒方の胴上げがぜひとも見たいものです。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史に残る名勝負!『天皇賞(秋)』

いや~、すごいレースでした!

第138回天皇賞(秋)のゴール前、
ダイワスカーレットとウオッカ、さらにディープスカイの叩きあい。

レース前からダイワスカーレットとウオッカの牝馬ライバル対決、
ダービー馬ディープスカイの参戦で話題になっていましたが、
その人気3頭の激しい戦いで最後は写真判定。

テレビの画面ではわずかにダイワスカーレットが出ているかなと思ったんだけど、結果はウオッカのハナ差勝ち!

正直レース前はウオッカが勝つかなと思って見ていたんだけど、
あのダイワスカーレットの粘りはすさまじかったし、
結果を待つ間、ダイワに勝って欲しいなと思ってました。
秋天で逃げて、最後は一度抜かれそうになりながら、あそこまで粘るんだから、ほんとにすごい馬です。
俺の一番好きな馬、サイレンススズカも成し得なかった(事故だけど)、秋天を逃げて勝つという偉業をみてみたかったです。

しかし、ウオッカも俺の好きなエアグルーヴ以来の牝馬による秋天制覇。ジャパンCも勝つようだとエアグルーヴを超えるということになるでしょうね。

さらにディープスカイ、追い込んできたカンパニーの争い、大レコード決着、これはもう「歴史に残る名勝負」といってもいいでしょう!

「名勝負」で真っ先に思い出すのは、
有馬記念でのスペシャルウィーク対グラスワンダー。
あのレースもハナ差で写真判定の結果が出るまでは、てっきりスペシャルウィークの差しきり勝ちと思いましたが・・・。

「競馬は終わりのない推理小説だ」というような事を、誰かが言ったとか言わないとか、聞いたことがあるようなないような(^^;)。

俺は「競馬は終わりのない壮大なロマン」だと思います。
 

「武豊が語るサイレンススズカ」

「1999年有馬記念」


 

ブログランキング・にほんブログ村へ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「広島カープ、CSへ向けて!」&「F1史上最年少V」

「前田健プロ初完封で大勝」

3位争いをしている中日に連勝して、
クライマックスシリーズ第1ステージ進出へ大きく前進しました!

今年のカープは、5割を目前にすると負けが込んで借金生活という、
もどかしい試合が続きましたが、この中日戦ではこれまでの試合ぶりがうそのような快勝で、シーズン終盤に来てのチームの充実ぶりがうかがえますね。

今日の先発予定はエースのルイスなので、勝てる可能性が高く(雨で流れると痛い)、3ゲーム差をつけられれば、11年ぶりのAクラスも現実味を帯びてきます。
カープファンとしては長かったです(笑)。

今日の結果はともかく、明日から勢いのある巨人との4連戦が山場。

念願のリーグ優勝は、若手の台頭でチーム力のアップした(出ていく選手は今のところいないし)来シーズンに期待します!

「小さなチームでF1最年少V」

ところで先週行われた、F1イタリアGPで、21歳のセバスチャン・ベッテルが史上最年少での優勝を飾りました。

久しぶりにF1を観たので、トロロッソ・フェラーリというチームの存在も知りませんでしたが、小さいチームが湯水のように予算を使う大きいチームを負かすという構図は、(独立採算制の)広島カープのようですね(笑)。

それにしても、F1は昔(89年頃から)好きでよく観てました。
その頃は、セナ、プロスト、マンセル、ピケ、中嶋悟を筆頭に、
ベルガー、カペリ、アレジ、パトレーゼ、チェザリスなんかがいました。

その中で俺が1番好きだったのは、イタリアの伊達男、
アレッサンドロ・ナニーニ(ベネトン)でした。

念願のフェラーリ移籍が決まり、これからという時に、
ヘリコプターの墜落事故で右腕を切断、
F1ドライバー生命を絶たれてしまったのが残念です・・・。

その後、セナも事故で亡くなって、
F1への興味もだんだんとなくなっていきました。
(多分この頃の影響からホンダ好き)

『アイルトン・セナの言葉』

 
あの頃のレースは全部ビデオテープに録ってますが、
まだ観れるんですかね~。

 
今日の1曲、
『イン・ディス・カントリー』ロビン・ザンダー

  

ブログランキング・にほんブログ村へ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

| | コメント (4) | トラックバック (0)

”エア・ケイ”全米オープンベスト16!

テニスの全米オープンの男子シングルスで、錦織(にしこり)圭が、
第4シードの誰かしらを破り、日本人としては70何年ぶりの
ベスト16入りを果たしました!全部アバウトですが(笑)。

錦織のプレー・スタイルは”エア・ケイ”と呼ばれるように、
世界でただ一人、ジャンプしてボールを打つなど、
華があり、見ていておもしろいしろいです。

「熱い男」松岡修三によれば、技術と精神力は文句ないけど、
体力がないとの事なので、これで体力がついていけば、
今後、4大大会での活躍が期待出来そうです。

なぜこの話題かというと、俺は中学の時はテニス(軟式庭球)部に入ってた、テニスボーイだったからです(^^)。

その頃に「フィフティーン・ラブ」(少年マガジン)というテニスの漫画があったんだけど、その主人公が最後にウィンブルドンで優勝するというストーリーですが、なんとなく錦織に似てる気がするんですよね~。

フィフティーン・ラブ 全11巻 塀内真人/作

その頃といえば、ちょうどファミコンが出た頃でした。
この前「スマステ」で、”懐かしのゲーム、ベスト20”かなんかをやってましたが、ランキングに入ってた初期のファミコンソフトは俺も全部やったことあるもので懐かしかったですね。その中で、俺が一本挙げるとすると『ゼビウス』かな。

ファミコン サウンドヒストリーシリーズ「マリオ ザ ミュージック」

それにしても広島カープはさっぱりっすね・・・。
もう少しで5割というとこまでくると負けがこんでくるパターンやな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

プロ野球開幕&競馬はクラシックシーズン到来

桜もほぼ満開で、お花見には最適な週末となりましたね(^^)。

とうとうプロ野球が開幕しましたね~。
我が広島カープは、去年エースと4番が抜けるという状況になりましたが、逆に新しいメンバーが出てきて、期待してました。

・・・が、開幕してみると、案の定というか、
弱点の抑えと守備の不安が露呈して4連敗・・・。

しかーし、昨日はサヨナラ勝ち、今日は打線が爆発して、17対3と快勝、カープファンにとっては、ようやく開幕したなという感じです(^^)。

そして大リーグのドジャースに行った、黒田投手もデビュー戦を勝利で飾り、鮮やかなスタートをきりました。まあ個人的には、松坂と比べても上の投手なので、ヒジの状態さえよければ、最多勝をとってもおかしくはないと思ってるので、これからも楽しみです(^^)。

競馬はいよいよクラシックシーズン到来で、来週は桜花賞です!
春のG1も「競馬の法則」で、ビシバシ当てて、儲けていくので、
よろしくお願いします(笑)。めんどくさくなければ、各G1の「法則」をブログに書いていきますので。

今日の大阪杯では、ダイワスカーレットが強豪牡馬を相手に快勝して、春の古馬・中距離路線の主役に踊りでました(俺の感触では、エアグルーヴ級の馬)。ドバイで4着と健闘したウオッカとの対戦が楽しみです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (5)

あまのじゃくな男~サッカー編~

昨日、ACミラン対浦和レッズの試合があり、
ひさしぶりにサッカーの試合を観ましたね~。
昔からのファンとすればミランが勝ってよかった・・・、
と、ホッとしました。

子供の頃から、サッカーを見るのは好きでした。
ワールドカップも昔は映像とかあまりなかったと思うので、
新聞や雑誌なんかで見てたんだと思います。
BSでワールド・カップの中継を流すようになると、
全試合録画して観てますね!

WOWOWで「セリエA」の放送が始まった時は、
これも試合を録画して、かかさず見てましたね~。
カビラ(当時無名)はテンション高いな~と思いつつ(笑)。

その時は、オランダ・トライアングルなんかがいて
ACミランの全盛期だったと思うけど、あとユベントスにインテルに、
スペクタルなサッカーでそらもうおもしろかったですね~(^^)。

その頃から、イタリア・ファン(アズーリ)です。

そのうち、Jリーグが始まったりしましたが、
あんまり興味がない・・・、試合もほとんど観たことないし・・・。

サッカー番組が増えて、世間の人がセリエAとか言いだした時は、
逆にあんまり興味がなくなっていきました。

ようは、あまのじゃくな男だということです(笑)。

昔からわりとそうなんですよね~、流行ってたりすると興味をなくしたり、権力的なことがきらいというか・・・。
なのでまわりが巨人ファンなのにカープファンだったり(^^)。

そういう訳で、好きなサッカー選手ベスト5は、

1.マルコ・ファンバステン
   
史上最高のストライカーでしょう
2.ロベルト・バッジオ
   
天才
3.フランク・ライカールト
   
地味ながらいい仕事をしてました
4.サルバトーレ・スキラッチ
   
ワールド・カップ得点王
5.ゲーリー・リネカー
   
ワールド・カップ得点王

やっぱりその頃、活躍していた選手になりますね。
思い出したら、まだまだ名前が出てきますが・・・。
パパン、バティ、シーフォ、シニォーリ、レンティーニ、フットレ、
ストイコビッチ、マテウス、ブロリン、ソーサ、フォンセカ、
カントナ、ガスコイン、ラウドルップ、ギグス・・・、懐かしいっす。

| | コメント (1) | トラックバック (6)

その他のカテゴリー

120Days andymori HALCALI MEW MGMT MUSIC P.I.L. R.E.M. RIP SLYME THE BLUE HEARTS THE MIRRAZ TVオン・ザ・レディオ おすすめの本 はっぴいえんど アクロン/ファミリー アッシュ アニメ・コミック アークティック・モンキーズ アーケイド・ファイア イーグルス ウィルコ ウィーザー ウォークメン エコー&ザ・バニーメン エレファント・カシマシ オアシス カジヒデキ カルチャー・クラブ カーズ ガンズ&ローゼズ ガールズ キングス・オブ・レオン クラウデッド・ハウス クラウド・ナッシングス クラッシュ クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー グラスゴーの旅! グリーン・デイ コーネリアス ゴメス ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキ サニーデイ・サービス ザ・クリブス ザ・サンデイズ ザ・ジャム ザ・スミス ザ・スリルズ ザ・ハイヴス ザ・ブルートーンズ ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ザ・ホリデイズ ザ・ポップ・グループ ザ・ポーグス ザ・ラプチャー シャーラタンズ ショコラ ショーン・レノン ジェフ・バックリィ ジェームス・イハ ジグ・ジグ・スパトニック ジャズ ジョナサン・ファイアー・イーター ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン ジョン・レノン ジーザス・ジョーンズ ジーザス&メリー・チェイン ジーン スウェディッシュ・ポップ スウェード スケルトンズ スタイル・カウンシル ストロークス スネオヘアー スピリチュアル スポーツ スーパーカー スーパーグラス セックス・ピストルズ ソニック・ユース ソフィー・セルマーニ タヒチ80 ダムド ダーティ・プロジェクターズ ティーンエイジ・ファンクラブ デス・キャブ・フォー・キューティー デス・フロム・アバヴ1979 デッド・ツリーズ デュラン・デュラン デヴィッド・シルヴィアン トクマル・シューゴ ドアーズ&ジム・モリソン ニック・ドレイク ニルヴァーナ ハッピー・マンデーズ ハナレグミ ハリケーン#1 ハンサムケンヤ パステルズ パンク/ニューウェイヴ ビョーク ピチカート・ファイヴ フォスター・ザ・ピープル フリッパーズ・ギター フリート・フォクシーズ ブライト・アイズ ブラック・リップス ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ ブラー ブレンダン・ベンソン プライマル・スクリーム ベル&セバスチャン ペイヴメント ホット・ホット・ヒート ボブ・ディラン ボンベイ・バイシクル・クラブ ポール・ウェラー マイケル・ジャクソン マジー・スター マニック・ストリート・プリーチャーズ マンサン マンドゥ・ディアオ ミッシェル・ガン・エレファント メンズウェア ラモーンズ リプレイスメンツ レッツ・レッスル ロシアン・レッド ロックの本 ロック名盤ベスト100 ロック名盤(洋楽) ロック名盤(邦楽) ロングピッグス ローリング・ストーンズ ヴァンパイア・ウィークエンド ヴェルヴェット・アンダーグラウンド 中村一義 佐野元春 夏の1曲! 対決シリーズ! 小沢健二 幕末 幕末・歴史 広島カープ 斉藤和義 日記・コラム・つぶやき 映画 映画・テレビ 曽我部恵一 木村カエラ 歴史 相対性理論 神聖かまってちゃん 競馬 競馬の法則 羊毛とおはな 育児 踊ってばかりの国 踊ろうマチルダ 銀杏BOYZ 音楽 00年代ロック 00年代邦楽 10年代ロック 10年代ロック(洋楽) 60年代ロック 70年代ロック 80年代インディー・ロック 80年代ハード・ロック 80年代洋楽 80年代邦楽 90年代邦楽 90年代UKロック 90年代USロック