« 『言いたいことはなくなった』The Mirraz | トップページ | 『Always You』ソフィー・セルマーニ »

『パールと貝がら』ハワード・ジョーンズ vs 銭形まつり

昨日今日と俺が住んでいる香川県観音寺市というところで「銭形まつり」というものが行われました。
踊りやらライヴやらいろんなイベントが行われた中で、「親子貝堀り大会」というものがあり、子供を連れて参加しました。その日の早朝に大量のあさりを浜辺にばらまいていて、その中には「当たり」のシールが貼っているものがあり、当たりの貝をとると屋台での食事券とか商品券みたいなものに引き換えてくれるんです。

昼になりアホみたいな人出の中始まったんですが、人が掘ってないところだと砂を一かきするだけですぐに採れるので、嫁さんのお母さんと大人三人、子供二人合わせて50個くらいのデカイあさりが採れました!残念ながら当たりの貝はありませんでしたが、都会の方だと潮干狩りをするのにもお金を払ったりするみたいなので、それを考えると断然お得だし、楽しいイベントでした。

もちろんあさりはおいしくいただきました(^^)。

という訳で、今日の一曲、

『Pearl In The Shell(邦題:パールと貝がら)』ハワード・ジョーンズ

 
イントロのブレスがかっこいいです。

ハワード・ジョーンズといえば、当時最先端のシンセサイザーを駆使した、80年代を代表するエレクトロ・ポップ/テクノ・ポップのアーティスト。数年前からの80年代エレポップ・ムーヴメントの元祖みたいな人です。
日本でも人気があり、彼の特徴でもあるツンツンした髪型も当時流行りました。ちなみにデュラン・デュランと並び当時の俺のアイドルでした(笑)。

『Human's Lib(邦題:かくれんぼ)』Howard Jones(1984)

商品の詳細

シンガーソングライターとしての才能を発揮した完成度の高いアルバムで、80年代エレクトロ・ポップを代表する名盤。
シングルとしても「ニュー・ソング」「ホワット・イズ・ラヴ?」が大ヒットしました。ちなみに「ニュー・ソング」は俺の「80年代ベスト30」くらいには入る好きな曲です。

当時、吉川晃司がなにかの雑誌のインタビューでこのアルバムをジャケ買いしたというのを読んで、「吉川晃司なかなかやるな!」と思ったのをなぜか覚えてますね~、しょーもないプチ・エピソードですが(笑)。

『New Song』


『What Is Love?』

 

永遠に色褪せない、真珠のような曲達です。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« 『言いたいことはなくなった』The Mirraz | トップページ | 『Always You』ソフィー・セルマーニ »

80年代洋楽」カテゴリの記事

コメント

Williamさん初めまして、私40代の主婦ですが、Howard Jones懐かしいです。今思えばチェッカーズはモロに「What is Love?」のファッションでしたね。
ところで、宜しかったら相互リンクをお願い出来ますか?私のブログは音楽オンリーではありません(全体の2割程度です)が、シュミが結構かぶってる気がして、、。

投稿: yuccalina | 2012年8月24日 (金) 08時50分

>yuccalinaさん、はじめまして。
コメントの返事遅くなってすみません・・・、3日ばかし旅行に行ってましたので(^^;)。
中学生当時、俺もあんな髪型に憧れましたが、田舎の子供には無理でしたね。
ところで俺はバカボンのパパと同じ年齢になってしまいました。80年代洋楽ネタはたまにしかありませんが、こちらこそよろしくお願いします(^^)。

投稿: william | 2012年8月27日 (月) 22時16分

早速リンク有難うございましたm(__)m。カテゴリーにエコー・アンド・ザ・バニーメンやグラスゴーの文字があった時点で、おおっ!と思ったのですが、私より結構年下でしたね。ワタクシは現在47才です。エコバニはコンサート行きました。まだ記事の一部しか見てないのですが、もしかしてWilliamさんってThe SmithsのIt was really nothingな曲から名前取ってますか?
今後とも宜しくお願いしまーす。

投稿: yuccalina | 2012年8月28日 (火) 16時06分

ユッカリーナさん、こんにちは。
多分、俺の兄貴と同い年です(^^)。
エコバニはリアルタイムでは聴いてなかったんですが、かなり好きなバンドですね。
名前のことを指摘されたのって初めてなんですが、その通りです!「ウィリアム、本当は何てことなかったんだよ」のwilliamです(笑)。スミスの「ハットフル・オブ・ホロウ」は一番か二番目くらいに好きなアルバムなので。
それでは今後ともよろしくお願いします。

投稿: william | 2012年8月29日 (水) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『パールと貝がら』ハワード・ジョーンズ vs 銭形まつり:

« 『言いたいことはなくなった』The Mirraz | トップページ | 『Always You』ソフィー・セルマーニ »