« 『ベースボールとエルビス・プレスリー』ショコラ(withフルカワミキ) vs 広島カープ | トップページ | 『Plastic Box』P.I.L. »

『Autonomia』マーク・スチュワート vs プライマル・スクリーム

昨年サマソニでも来日し、復活を果たした「ザ・ポップ・グループ」。
その中心メンバーでもあるマーク・スチュワートの4年ぶりとなる通算7作目のアルバム。

『THE POLITICS OF ENVY』MARK STEWART(2012)

商品の詳細

とはいっても、俺はザ・ポップ・グループ以降の音楽は一切聴いたことありませんでした・・・。そんな俺ですが、この最新アルバムを聴いて、笑ってしまいました(痛快って感じのいい意味ですが)。
それはキャリア30年以上で50歳を超えてもなお、攻めの姿勢を失わず、音楽シーンの最突端を見つめ続けている、現役のそして本物のパンク・ロッカーがここにいたからです。

このアルバムは曲ごとにさまざまなアーティストとコラボレーションを展開する形になってるんですが、その中でもとくに耳に残るのは、プライマル・スクリームがバックを務めた強烈なガレージ・ロック、『アウトノミア』でしょう。

『Autonomia』feat.プライマル・スクリーム

キリング・ジョークのユースとの共同プロデュースのこのアルバム、他の参加アーティストの名前を挙げると、ニューヨーク・パンクの大御所リチャード・ヘル、ダディG(マッシヴ・アタック)、レゲエ/ダブの巨匠リー・ペリー、カルト映像作家のケネス・アンガー、テッサ・ポリット(スリッツ)、ジナ・バーチ(レインコーツ)、キース・レヴィン(P.I.L)、ダグラス・ハート(ジーザス&メリー・チェイン)、ファクトリー・フロア、デヴィッド・チベット(カレント93)、イヴ・リヴァティーン(クラス)とダン・カトゥシス(ザ・ポップ・グループ)などなど、パンク/ニューウェイヴ期を代表する錚々たる面子が参加し、まさに最狂のコラボレーション・アルバムといえるでしょう。

『Nothing Is Sacred』feat.イヴ・リヴァティーン&ダン・カトゥシス

 
ちなみにすでにザ・ポップ・グループでも新しい音源を作り始めていて、それには「あのブラーのやつ、ゴリラズのやつ」も絡むかもしれないそうです。

マーク・スチュワートのようにいつまでもエネルギッシュでいたいものです(^^)。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« 『ベースボールとエルビス・プレスリー』ショコラ(withフルカワミキ) vs 広島カープ | トップページ | 『Plastic Box』P.I.L. »

ザ・ポップ・グループ」カテゴリの記事

パンク/ニューウェイヴ」カテゴリの記事

プライマル・スクリーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492600/44744200

この記事へのトラックバック一覧です: 『Autonomia』マーク・スチュワート vs プライマル・スクリーム:

« 『ベースボールとエルビス・プレスリー』ショコラ(withフルカワミキ) vs 広島カープ | トップページ | 『Plastic Box』P.I.L. »