« 『Plastic Box』P.I.L. | トップページ | 『Post Paradise』ザ・ホリデイズ »

『四月の風』エレファント・カシマシ vs モンゴル800

もう四月も最後の日となりました。
ミッシェル・ガン・エレファントの『キラー・ビーチ』が夏になると必ず聴きたくなるのと同じで、4月になると聴きたくなるのが、エレファント・カシマシの『四月の風』です。

超名盤アルバム『ココロに花を』に入っているこの曲は、今どきでいう「ネ申曲」というやつですね(笑)。

 
何かが起こりそうな気がする
毎日そんな気がしてる
ああ うるせい人生さ
そう 今日も
何かがきっとはじまってる

何だかじっとしてられない
誰かが何処かで待ってる
ああ 短けえ人生の中で
誰かが何処かで待ってる

風が誘いにきたようだ
少し乾いた町の風が
俺達を誘いにきたようだ

このまま全てが叶うようなそんな気がしてた

明日もがんばろう
愛する人に捧げよう
ああ 風が吹いた 四月の
四月の風

風が誘いにきたようだ
少し乾いた町の風が
俺達を誘いにきたようだ

毎日何処かで町の空仰ぐ俺がいた

ああ 何処へ行くのやら
明日は何があるのやら
ああ 教えてくれ
風がささやく気がした

明日もがんばろう
愛する人に捧げよう
ああ 君に会えた 四月の
四月の風

 
この曲別に4月に聴かなくてもいいんですが、曲名に4月とついてるのでやはり4月に聴くのがぴったりな、春の心地よい風のように体の中をかけぬける名曲です。
例えば1月から12月までの曲を集めてコンピを作るのもおもしろそうだなと思いますね、俺の場合、90年代の邦楽ロックならすぐに出来そうな気がします。

ところで『ココロに花を』は、全曲名曲みたいなもんですが、その中でも『悲しみの果て』は「必殺曲」です。

 
この2曲、例えばモンゴル800(モンパチ)風に言うと、「悲しみの果て」がモンパチの「あなたに」、「四月の風」がモンパチでいう「小さな恋のうた」に相当する曲のような気がします。

普段モンパチは聴かないんですが、この記事を書こうかと思っている時にたまたまモンパチとリップ・スライムがコラボした曲を耳にしたのと、CMで「あなたに」のカバーが流れてたので、ふとこんなことが思い浮かびました(^^)。

 
この悲しみの果てにはいったい何があるんだろうか?
愛と笑いに包まれた幸せな日々が待ってるといいなと思います。
みんなの頭上にも、きっと。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« 『Plastic Box』P.I.L. | トップページ | 『Post Paradise』ザ・ホリデイズ »

エレファント・カシマシ」カテゴリの記事

90年代邦楽」カテゴリの記事

コメント

エレカシはアルバム聴いてなくて何年か前のサマソニで初めて観たんですが、ライブパフォーマンスが素晴らしくて圧倒されました 最近は歌番組にもたまに出演しますがやはり存在感ありますね トークも面白いし(笑)

投稿: 車輪 | 2012年5月 6日 (日) 20時27分

ウィリアムさんこんにちは。

エレカシなんぞも聞かれてたんですねぇ。

セカンドぐらい?からか聞き始め、言葉の力強さに感銘を受け、

胸の中から熱いモノが込み上げてくる、いいバンドだなぁ~

と感じでました。

22才ぐらいの時就職も決まってなくて、当時付き合ってた彼女と

ドライブ中、なんの気なしに立ち寄った中古CD屋にこのシングル

(たしか悲しみの果てにのカップリングが四月の風)があり、

まぁデートには向かないけど欲しいから買お~みたいな感じで

買って、CD入れてギターリフからの、

「悲しみの~果てにぃ~♫」が始まった瞬間、

ぶわぁ~と鳥肌が立ったのいまだに覚えてます(笑)

やっぱり間違ってねぇよなぁ~!なんて勝手に盛り上がって、

2時間ぐらいのドライブはずっとエンドレスでした(笑)

これは特に、当時モンモンとしてた自分やら景色が

強烈にフラッシュバックしちゃう曲です。

思わずこのブログ読んだあと、CD探しちゃいましたよ~

無かったけど(笑)

投稿: ダッツァン | 2012年5月 7日 (月) 09時25分

>車輪さん、
じつは俺がエレカシを聴いてたのは90年代までで、2000年以降のはベストを聴くくらいで、最近のは全然知らないんですよね。歌番組も見ないんですが、トークの面白さは想像がつきますねー(笑)。
個人的におもしろいなと思ったのは、やはり初期で独特の存在感がありました。個人的には『ココロに花を』は特別なアルバムなので、聴く機会があればぜひ(^^)。

投稿: william | 2012年5月 7日 (月) 23時04分

>ダッツァンさん、おひさしぶりです。
この頃は、それまでのほとんど洋楽から、邦楽を聴き始めた頃だったんですが、日本語の良さがダイレクトに伝わるエレカシの歌詞はかっこいいなと思いました。
そのシングル(「悲しみの果て」カップリング「四月の風」)って最強の一枚ですよねー、2時間くらいは聴き続けられるかもしれませんね(笑)。
俺もダッツァンさんと同じように、90年代のロックっていろんな状況のいろんな感情の中で聴いていたので、思い入れが強く、フラッシュバックするような曲がたくさんあります。
結婚した今ではそんなことはなくなりましたが(^^)。

投稿: william | 2012年5月 8日 (火) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492600/45037610

この記事へのトラックバック一覧です: 『四月の風』エレファント・カシマシ vs モンゴル800:

« 『Plastic Box』P.I.L. | トップページ | 『Post Paradise』ザ・ホリデイズ »