« 『僕の右手を知りませんか?』THE BLUE HEARTS vs うるう年 | トップページ | 『Kids Don't Fight』ヨーナス・プジョーリ vs アンパンマン列車 »

『True Colors』シンディー・ローパー vs マドンナ

今、ユニクロのCM「カラーアンクルパンツ カラフルな人生編」に、58歳のシンディー・ローパーが出てますが、昔から全く変わらず「パワフルで粋なおばちゃん」という感じですね(^^)。

そんなパワフルなシンディー・ローパーなので、今も被災地の方々や、そして日本を元気にしてくれているのです。

このCMを見て思い出したのが、1986年の全米NO.1ヒットで、彼女の代表作でもあるこの曲です。

『True Colors』Cindy Lauper

 
哀しそうな目をしたあなた
がっくり落ち込んでしまわないでね
私だってよく判るわ
いろんな人たちがひしめき合うこの世の中で
勇気を出すことがどれほど大変なことで
うかうかしていると
すぐに取り残されてしまうことぐらい
そして心中の闇が広がり
あなたはたまらなくみじめな気分に
なってしまうのよ

だけど私には見える
あなたの本当の素晴らしさが
滲み出している
私にはあなたのよさが良く判る
だからこそあなたを愛しているのよ
自分本来の姿を表に出すことを
恐がっていちゃだめ
本物の輝きってとてもきれいなのよ
まるで虹のように

だから笑顔を見せて
ふしあわせのままでいることなんかないわ
いったいいつの日のことかしら
この世の中があなたをおかしくさせ
何もかもすべて
抱え込んでしまっているというのなら
私に電話してちょうだい
すぐにでも駆けつけてあげるから

私には判る
あなたの本当の素晴らしさが
滲み出ているわ
私にはあなたの持ち味がよく判る
だからこそあなたを愛しているのよ
自分本来の姿を表に出すことを
恐がっていちゃだめ
本物の輝きってとてもきれいなのよ
まるで虹のように

 
この当時のシンディー・ローパーは、とにかくマドンナとよく比較されてました。同じような時期に登場し、まったく違うスタンスで女性であることを歌い、お互いにこれまでにはなかった女性の価値観を提示していたからでしょう。

そんな2人ですが、1986年にシンディー・ローパーが『トゥルー・カラーズ』、マドンナが『トゥルー・ブルー』と、お互いが「トゥルー~」というアルバムを発表し、タイトル曲もシングル・ヒットしました。

『True Blue』Madonna

 
俺はどっちかというとシンディー・ローパーの方が好きだったんだけど、マドンナは『ライク・ア・ヴァージン』も『トゥルー・ブルー』もアルバムを持ってたので、マドンナもけっこう好きだったんでしょうね~、男を惑わす何かがあったんでしょうか(笑)。

ちなみに今、キリン「生茶」のCMでは、韓国の女性グループ2NEI×FPMによる『ライク・ア・ヴァージン』のカヴァーが流れてますね(^^)。

 
『What's Going On』
「トゥルー・カラーズ」収録のマーヴィン・ゲイのカヴァー曲です。

「女性たちよ、カラフルな人生を!!」

 
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« 『僕の右手を知りませんか?』THE BLUE HEARTS vs うるう年 | トップページ | 『Kids Don't Fight』ヨーナス・プジョーリ vs アンパンマン列車 »

80年代洋楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『True Colors』シンディー・ローパー vs マドンナ:

« 『僕の右手を知りませんか?』THE BLUE HEARTS vs うるう年 | トップページ | 『Kids Don't Fight』ヨーナス・プジョーリ vs アンパンマン列車 »