« 『True Colors』シンディー・ローパー vs マドンナ | トップページ | 『さよならぼくたちのようちえん』 »

『Kids Don't Fight』ヨーナス・プジョーリ vs アンパンマン列車

『SKYSCRAPER』Jonas Bjerre(2011)

商品の詳細

デンマークの至宝、MEWのフロントマン、ヨーナス・ブジェーリの初ソロ作品で、思春期の少年と盲目の少女の物語を描いたデンマーク映画「スカイスクレイパー」の音世界を美しく彩どったサウンドトラック。

『Kids Don't Fight』

 
ピアノの暖かい音を核に、生楽器とエレクトロニクスを織り交ぜて構築した、ピュアな透明感と美しさに溢れた、ハートウォーミングな小品です。

雨の日やちょっと天気の悪い日なんかだと気持ちも沈みがちになってしまいますが、そんな時にこのアルバムを聴くと、どんよりとした心が晴れて清々しい気分になります。

例えばさまざまな困難な状況にあり、暗闇の中にいるように感じている時、そんな自分を暖かく灯して導いてくれる、天上からの優しい光のようなもの、俺にとってこのアルバムの楽曲とはそういう癒しの音楽なんじゃないかなと思います。

『Spill The Beans』

 
『Running』

 

3月下旬から東日本大震災の被災地を運転し、小学生以下の子供と父母らを無料招待するという、JR四国の「アンパンマントロッコ列車」ですが、俺の幼稚園の子供もこのアンパンマントロッコ列車に乗って遠足に出掛けたことがあり、楽しい思い出になっていることと思います。なので被災地の子供たちにとってもきっと楽しくて素敵な思い出になるんじゃないでしょうか(^^)。

俺の住んでいる家からは、田んぼを隔てたとこに線路があり、毎日「アンパンマン特急列車」が走ってるのを見ることが出来るんです。だから休みの日に外で遊んでいる時なんかに通ったりすると「見てん、アンパンマン列車来たでー!」と子供とよく見てます。
そんな風に大人の俺が見てもワクワクするんだから、子供だとなおさらでしょうね。

そんな「アンパンマントロッコ列車」は、被災地の子供達に愛と勇気を与えてくれることでしょう。俺みたいな香川に住む人達のそういう願いも届けてくれると思います。

四国と東北、そして俺も、ほんの少しでもこういうところで、つながっているんだなと思うとちょっぴり嬉しくなります。


俺んちの近くを走っているアンパンマン列車です(^^)。

 
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« 『True Colors』シンディー・ローパー vs マドンナ | トップページ | 『さよならぼくたちのようちえん』 »

MEW」カテゴリの記事

10年代ロック」カテゴリの記事

コメント

そういえばヨーナスのソロまだ聴いてなかった…
というのが一瞬でどうでも良くなるぐらい、アンパンマントロッコ列車の話は良い話ですね。
williamさんの書く文章はいつも、どこか世の中を達観しているようなところがありながらも、あたたかい眼差しがちゃんと根底にあるので、ボクは大好きなんです。
エッセイを出版したら真っ先に買いますよ!

あ、初めてこの音を聴いたけどMEWをさらにメラコリックにしたような感じで、めちゃめちゃ気に入りました。

投稿: コハゲ | 2012年3月11日 (日) 21時15分

>コハゲさん、
文才の無さは自分が一番よく分かってますよ(笑)。
ブログも日記みたいなつもりでやってますが、誰にも読まれてなければやはり寂しいものがあるので、そう言ってもらえれば嬉しいです(^^)。
達観というか世の中に対して冷めているだけなのかもしれませんが、そのくせ心の中では温かいものを求めているという、そんな感じでしょうか。。
じつはMEWは「Frengers」を持ってるだけで、そんなには知らないんだけど、ちょっとハートウォーミングなものが聴きたくて買いました。小品ですが俺も気に入ってます(^^)。

投稿: william | 2012年3月13日 (火) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/492600/44309156

この記事へのトラックバック一覧です: 『Kids Don't Fight』ヨーナス・プジョーリ vs アンパンマン列車:

« 『True Colors』シンディー・ローパー vs マドンナ | トップページ | 『さよならぼくたちのようちえん』 »