« 『RECKONING(夢の肖像)』R.E.M. vs 俺 | トップページ | 年に一度の『80年代・ハードロック祭り!』 »

『One Mississippi』ブレンダン・ベンソン

なにか秋っぽいアルバムないかなーとCDラックを探していたら、「おお、これがあったやん!」と見つけたのが、このアルバムです。

『One Mississippi』ブレンダン・ベンソン(1996)

One Mississippi

ベックを筆頭とした、オルタナティヴ以降に鳴らされた新時代のシンガーソングライターの一人、ブレンダン・ベンソンの傑作ファースト・アルバム。

最近では、元ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトと一緒に、ラカンターズをやっていたので、若い人でも知ってる人がいるんじゃないでしょうか。

オープニングから組曲風に続く3曲にセンスを感じます。

『Tea』~『Bir's Eye View』~『Sittin' Pretty』

 
ピュアなメロディとハーモニー、弾けるビートとラフなバンド・サウンド、そしてナイーヴな楽曲なんかが、この頃よく聴いていたベン・フォールズ・ファイヴに通じるところがある気がします。

ソング・ライティング面では、亡くなった父親が聴かせてくれたという、デヴィッド・ボウイ、T・レックス、ストゥージズなど60~70年代のアーティストの影響を大きく受けてそうです。とくにビートルズでしょうね。
ちなみにアルバムの約半分の曲で共作してるのは、元ジェリーフィッシュのジェイソン・フォークナー。

『I'm Blessed』
サビはビートルズの「タックスマン」ぽい。

『Cosseyed』
ダイナソーJr.風のダウナーな曲。

 
『Me Just Purely』
しっとり美しいメロディ。

 
朝いちにブレンダン・ベンソンの、この傑作アルバムを聴くと気持ちのいい一日の始まりになること間違いなしですね(^^)。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« 『RECKONING(夢の肖像)』R.E.M. vs 俺 | トップページ | 年に一度の『80年代・ハードロック祭り!』 »

90年代USロック」カテゴリの記事

ブレンダン・ベンソン」カテゴリの記事

コメント

私もこのアルバムが大好きで、最近よく聞いています。
朝一日の始まりに聞くと爽快な感じしますよね。
本当にブレンダンベンソンっていい音楽作るなあって言いながら聞いてしまいます!

新しいアルバムが出るのを楽しみにしているけど、ラカンターズの活動もしてるしリリースはないのでしょうか。。

投稿: ミック | 2011年11月 6日 (日) 11時40分

>ミックさん、
コメントありがとうございます(^^)。

このアルバムをCDラックから見つけれたのは、ラッキーでした!今の季節とか朝なんかに聞くとぴったりですよね。
そんなブレンダン・ベンソンですが、俺はこのアルバム以降の音源を聴いたことないんですよね・・・、ラカンターズも。
なので機会があれば聴いてみたいなとは思ってます。
今すぐ出るかどうかは分かりませんが、才能のある人なので、そのうち新しいアルバムを出すんじゃないでしょうか(^^)。

投稿: william | 2011年11月 8日 (火) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『One Mississippi』ブレンダン・ベンソン:

« 『RECKONING(夢の肖像)』R.E.M. vs 俺 | トップページ | 年に一度の『80年代・ハードロック祭り!』 »