« 『PEOPLE』スケルトンズ vs フォスター・ザ・ピープル | トップページ | 『One Mississippi』ブレンダン・ベンソン »

『RECKONING(夢の肖像)』R.E.M. vs 俺

先日、Noteさんのブログで、「R.E.M.の解散」を知りました。

という訳で、俺にとってのR.E.M.ってのを書いてみます。

『R.E.M.と俺』

1番初めに聴いたアルバムは『GREEN』でした。
それまで煌びやかな80年代洋楽を聴いてたので、渋いロックだなという印象を受けました。
つづく『OUT OF TIME』は、それよりも軽やかで風通しのよいアルバムで好きでした。

アウト・オブ・タイム

『Shiny Happy People』

 
『Losing My Religion』

 
R.E.M.の曲といえば、俺はまずこの『ルージング・マイ・レリジョン』が思い浮かびます。

この頃はまだレンタルでカセット・テープに録ってましたが、この後の90年代のアルバムは名作『オートマティック・フォー・ザ・ピープル』をはじめ全部買いました。
それとそれ以前のインディ時代のものもさかのぼって何枚か手に入れました。

その中でも、セカンド・アルバムの『RECKONING』は初期の彼等を代表する一枚で、俺が1番好きなアルバムかもしれません。 
 
『RECKONING(夢の肖像)』(1984)

Reckoning

オーソドックスなインディ・ギター・ロックといえますが、軽やかな躍動感とダイナミズムに溢れていて、何よりも曲がキャッチーで粒ぞろいです。

1984年、イギリスにはザ・スミスがいて、アメリカにはR.E.M.がいたという、そんな作品です。

ちなみにこのアルバムには「タイム・アフター・タイム」という曲が入ってるんですが、1984年に「タイム・アフター・タイム」という曲を歌ってたのはシンディー・ローパーだけじゃありませんでした(笑)』。

『Harborcoat』

『7 Chinese Bros.』

『So. Central Rain』

『(Don't Go Back To)Rockvil』

 
2000年代以降のアルバムは聴いてなかったんですが、R.E.M.はずっと続くものだと思っていたので、解散は意外だったし、少し寂しい気がします。

リスナーと共に成長するバンドとして新しい時代を牽引したバンド、R.E.M.。ちなみにR.E.M.というグループ名は元々、「Rapid Eye Movement」(睡眠状態時に起こる眼球運動)の略でした。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« 『PEOPLE』スケルトンズ vs フォスター・ザ・ピープル | トップページ | 『One Mississippi』ブレンダン・ベンソン »

80年代インディー・ロック」カテゴリの記事

R.E.M.」カテゴリの記事

コメント

オハヨウゴザイマス。徹夜明けです。
フラフラです。アハハハハ。
私はオートマかファーストが好きです。

投稿: Note | 2011年9月27日 (火) 07時59分

Noteさん、オツカレサマデス。
徹夜はもう何十年もしたことありません。
昔はよく徹マン(麻雀)してましたが・・・。
どのアルバムが好きかは多分聴いたタイミングとかにもよるんだと思いますね、俺の場合。

投稿: william | 2011年9月27日 (火) 22時44分

こんにちは。コメントありがとうございました。

REM解散は驚きましたね。
最近の作品もけっこうよかっただけに残念です。

とても音楽に詳しいブログですね。
またちょくちょく覗かせていただきます。

というか、カープファンというところに感激です!
自分も広島生まれのカープファンなので。
今年もCS出場はもう諦めました。笑

投稿: chuck | 2011年10月 2日 (日) 10時49分

chuckさん、
コメントありがとうございます。

そちらのブログもちょくちょく覗かせてもらいますので、またよろしくお願いします。
ラプチャーの新しいのは個人的には好きですね。

本場のカープ・ファンの方ですか(^^)、俺は香川ですが、子供の頃からのカープ・ファンです。でも今年のカープの戦いぶりを考えると腹がたってくるので、あんまり野球のことは考えないようにしてます(笑)。とくに巨人戦のふがいなさには・・・。いやもう終わったことは考えんとこ。

投稿: william | 2011年10月 3日 (月) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『RECKONING(夢の肖像)』R.E.M. vs 俺:

« 『PEOPLE』スケルトンズ vs フォスター・ザ・ピープル | トップページ | 『One Mississippi』ブレンダン・ベンソン »