« 『七月の宇宙遊泳』曽我部恵一 vs スピリチュアライズド | トップページ | 『KIDS DON'T FOLLOW』リプレイスメンツ vs アンディモリ »

『90年代ブリットポップ』メンズウェア vs エコーベリー

震災後、東京などでは自転車通勤が増えたそうですが、実は俺も6月くらいから天気のいい日なんかは自転車で会社に通うようにしてます(雨の日は車ですが・・・)。

それで、「自転車が歌詞に出てくる曲って何があったっけ?」と考えたところ、思い浮かんだのが、『リトル・ミス・ピンポイント・アイズ/メンズウェア』と『イン・ジ・イヤー/エコーベリー』の2曲でした。
偶然にもこれらの曲が収録された2枚のアルバムは、1995年の10月に発売されてました。そう、95年といえば「ブリットポップ」真っ只中でした。

『Nuisance』Menswear(1995)

ニューサンス
メンズウェアといえば「ブリットポップ最大の徒花」といわれるバンドですが、「厄介者」と名付けられたこのファースト・アルバムでは、ポップ・ミュージックの更新に果敢に、そしてスタイリッシュに挑戦しています。

『Daydreamer』
ニュー・ウェイヴ風で無機質な手触りのこの曲は、ブリットポップの名曲ともいわれてます。

 
当時はイメージ的にあまり好きなバンドではありませんでしたが、田中宗一郎も「理想的なデビュー・アルバム」(稚拙な部分を含めての)と書いてたとおり、このアルバム悪くはありません、いやけっこういいんです。
何が悪かったのかと考えたところ、あまりに騒がれすぎたために飽きられるのも早かったという、「一発屋芸人」みたいな感じだったんでしょうか??実際には「厄介者」じゃなく、狂騒ブリットポップの「被害者」だったのかも。

2000年代になって、フランツ・フェルディナンドが出てきた時は、メンズウェアっぽいなと思いましたが、全然違ってたようです(^^;)。
ただ、ポップ・ミュージック史に、こういうバンドがいたという強烈な印象は残したといえるでしょうね。

 
「アルコールやドラッグや自己憐憫に溺れるくらいなら、外界と対峙して、新たな自分自身をクリエイトし直そう  それこそが僕らの現時点での命題なんだ。今もどこかの寝室で閉じこもってるかもしれない少年達を外の世界に誘い出すことが、メンズウェアの目的なんだよ」
ジョニー・ディーン


『I'll Manage Somehow』

 

『Sleeping In』

 
本人達にとっては、まさに夢の中のような出来事だったんでしょうね・・・。

エコーベリーについても書くつもりでしたが、力尽きました・・・。

 
→『モダン・ライフ・イズラビッシュ』ブラー vs ザ・クラッシュ
 

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« 『七月の宇宙遊泳』曽我部恵一 vs スピリチュアライズド | トップページ | 『KIDS DON'T FOLLOW』リプレイスメンツ vs アンディモリ »

90年代UKロック」カテゴリの記事

メンズウェア」カテゴリの記事

コメント

一瞬で消えたメンズウェア懐かしいなー。
ボクもフランツ・フェルディナンドが出てきたときはメンズウェアぽいなと思ったけど、どうやら才能のポテンシャルが全然違ったようですね(笑)。
エコーベリーはアルバムデビュー前から確かモリッシーが大絶賛してて、それで慌ててシングルを集めた記憶があります。
でも結局あのバンドもすぐ消えちゃった・・・

車よりも自転車通勤、ヒジョーに良いと思います!

投稿: コハゲ | 2011年8月 3日 (水) 20時59分

>コハゲさん、
メンズウェア、俺は数年に一回ひっぱり出して聴いてますよ(^^)。
エコーベリーは好きでしたね~、ソニアが。
でも、あのバンドまあまあ頑張ったんじゃないでしょうか。

自転車通勤といっても、近い距離ですけどね(^^;)。
それでも初めはちょっとしんどかったです(笑)。

投稿: william | 2011年8月 3日 (水) 23時02分

エ、エコーベリーの記事が(涙)。

僕もエコーベリー好きです~。
3rdの『ラストラ』までは持ってるんですが、今wiki見たらその後も5thまで出てるんですね。
知らんかった…。

しかしこの頃のラッシュとかエコーベリー、ベリー、クランベリーズとか最高ですね。
記事期待してます!

あ、メンズウェアも好きです(笑)。

投稿: 古巣 鳴人 | 2011年8月11日 (木) 22時11分

>古巣さん、
エコーベリーは俺も大好きでした。セカンドの歌詞カードはけっこうボロボロになってますよ(笑)。俺もサードまで持ってて5枚出てたのは知りませんでした・・・。
メンデウェアで力尽きてしまったので、古巣さんにファーストの記事を期待してます(^^)。

「サマソニ」、猛暑ですが頑張ってください!

投稿: william | 2011年8月13日 (土) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『90年代ブリットポップ』メンズウェア vs エコーベリー:

» Menswear「Nuisance」1995 [from the 13th floor]
90年代中期のブリティッシュロック全盛期に登場した全員美形の5人組は、デビュー前から異様に騒がれていた。 出してきたシングルも荒削りながら光るモノを持っていて、特に「Daydreamer」は、一瞬神が降りて...... [続きを読む]

受信: 2011年8月24日 (水) 22時11分

« 『七月の宇宙遊泳』曽我部恵一 vs スピリチュアライズド | トップページ | 『KIDS DON'T FOLLOW』リプレイスメンツ vs アンディモリ »