« ブリストルの怒れる十代、『ザ・ポップ・グループ』 | トップページ | 『警告どおり 計画どおり』佐野元春 »

『Romantic Rights』Death From Above 1979

サマソニの第3弾発表で、ポップ・グループはもちろん驚いたんだけど、もう一組驚いたのが、『Death From Above 1979(デス・フロム・アバヴ1979)』でした。というのも、このバンドとっくに解散したと思ってたからなんですが、調べてみると少し前に再結成してたみたいです。

デス・フロム・アバヴ1979は、カナダ出身で、ベース&ドラムのたった2人という、極限まで削ぎ落とされた編成で、パンクのスピード感とハード・コアの破壊力、ニューウェイヴの先鋭性とブラック・ミュージックのグルーヴ感などを併せ持った音楽性のバンドです。
ポップ・グループの系譜にいるバンドなので、同じ日に発表されたのはちょっとした意図がありそうです。

『YOU'RE A WOMAN, I'M A MACHINE』(2004)

YOU’RE A WOMAN,I’M A MACHINE

『Romantic Rights』

 
当時、この「ロマンティック・ライツ」を聴いて、この曲とバンド名のかっこよさに惹かれてアルバムを買いました。

象の鼻をつけた瞳のない男2人が描かれたインパクトのあるアルバム・ジャケットですが、これは「リヴィングにいる象みたいな存在になりたい。もし部屋の中に象が出現したら、それを無視することは誰にもできない。象を追い出すことも出来ないから、その存在を受け入れるか、あるいは自分が外に出て行くかのどちらかしかないんだ」というバンドの意志が表わされてます。

まあでも俺はそんなにアルバムは聴きこんでないんですけどね・・・。

 
そして、サマソニの第4弾発表ですが、マルコム・マクラレンの肝入りバンドだった、BOW WOW WOWとPIL の大阪も決定し、ちょっとした「ニュー・ウェイヴ祭り」になりそうです。

ちなみにTHE MORNING BENDERSの『BIG ECHO』は、その名前の通り、毎朝聴いてます(^^)。

『Excuses』

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

|

« ブリストルの怒れる十代、『ザ・ポップ・グループ』 | トップページ | 『警告どおり 計画どおり』佐野元春 »

00年代ロック」カテゴリの記事

デス・フロム・アバヴ1979」カテゴリの記事

コメント

さすが兄弟、わかってる!!!
この2バンドはサマソニで、メタメタ楽しみしてるんですよ。
モーニング・ベンダーズは最初耳にしたとき、「あぁ最近のチルウェイヴね」とあまりピンとこなかったのですが、何度聴いても全然飽きないエバーグリーンの良さにジワジワと虜になりました。
スヌーザー誌が1位に選出しただけのことはありますな(笑)

投稿: コハゲ | 2011年4月 8日 (金) 22時03分

>コハゲさん、
バウワウワウは、数曲聴いたことあるくらいで、古巣さんみたいに詳しくないんですけどね・・・。
モーベンはやっぱりスヌーザーの1位ということで聴いとこと思って買ったんだけど、初めは「さすがに1位まではないやろ!完全にタナソウの趣味やな」と思ってましたが、コハゲさんの言うとおりジワジワときました(^^)、たいてい朝イチに聴いてますね。次にペインズの新作、これもなかなかの出来です。

投稿: william | 2011年4月 9日 (土) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『Romantic Rights』Death From Above 1979:

« ブリストルの怒れる十代、『ザ・ポップ・グループ』 | トップページ | 『警告どおり 計画どおり』佐野元春 »