« 『ANGLES』ストロークス vs カーズ | トップページ | 『コヤソ日記』~小泉今日子編~ »

『IN THE CITY』ザ・ジャム

『IN THE CITY』THE JAM

In the City 
モッズ少年だったポール・ウェラーがセックス・ピストルズに出会い衝撃を受けパンクに傾倒し、荒削りで若さと勢いにまかせて作られた、ジャムのファースト・アルバム。

じつはジャムは『オール・モッド・コンズ』『セッティング・サンズ』あたりの中期が好きで(グレイテスト・ヒッツでいうとM-6「チューブ・ステイション」~M-10「ゴーイング・アンダーグラウンド」)、それらと比べるとこのファーストは単調な感じがしてそんなに聴いてなかったんです。「イン・ザ・シティ」は文句なく好きだったんだけど。

でもここ1ヶ月ぐらい、車のカーステにこのCDをいれっぱなしにして聴いてたんだけど、完全に俺が間違ってたことに気づきました。

「この街で輝いているのは25才以下のやつらだけ」

若さゆえの確信の強さと弾けるビート、このアルバムから溢れ出てくるエネルギーの熱量はハンパじゃありません。それに勢いだけじゃなく、後のウェラーに通じる高い音楽センスも感じることが出来ます。
ポール・ウェラーの音楽は、一貫して聴く人の背筋をシャキッと伸ばし、人々に活力と希望を与えるものですが、ジャムのファースト・アルバムにその原点があります。

『ART SCHOOL』

 
『SLOW DOWN』
カバー曲ですが、勢いがすごいです。

 
俺の中では長らく、
『ネヴァー・マインド・ザ・ボロックス』セックス・ピストルズ、
『白い暴動』ザ・クラッシュ、
『ダムド・ダムド・ダムド』ダムド、
『アナザー・ミュージック』バズコックス、

が、ロンドン(UK)・パンクのファースト・アルバムのベスト4でしたが、これでジャムのファーストはベスト5に入りました(^^)。

1977年のロンドンの街をリアルに感じることが出来る最高の一枚です。

『SOUNDS FROM STREET』

~USAには海がある
 でもイギリスの少年達にはストリートがある
 そこから心地いい音楽が流れてくるんだ~

|

« 『ANGLES』ストロークス vs カーズ | トップページ | 『コヤソ日記』~小泉今日子編~ »

パンク/ニューウェイヴ」カテゴリの記事

ザ・ジャム」カテゴリの記事

コメント

同じセレクションです^^初期パンク名盤といったら僕もその五枚です。ま、他まで手が回らずそれしか聞いてないからってのが大きいですが(笑)でも、どれも好きです。

投稿: かおもじ | 2011年4月26日 (火) 19時24分

かおもじさん、
確かにここら辺は基本的なとこなので、まずみんな通るだろうものですね、俺もそんなところです(笑)。なかでもピストルズとクラッシュの2枚は俺の中ではぬけてます。USパンクも入れたらこれにテレヴィジョンを加えた3枚がベスト3でしょうか(^^)。

投稿: william | 2011年4月26日 (火) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『IN THE CITY』ザ・ジャム:

« 『ANGLES』ストロークス vs カーズ | トップページ | 『コヤソ日記』~小泉今日子編~ »