« 『警告どおり 計画どおり』佐野元春 | トップページ | 『IN THE CITY』ザ・ジャム »

『ANGLES』ストロークス vs カーズ

待ちに待った、ストロークスの5年ぶりとなる新作『アングルズ』。

アングルズ

『Machu Picchu』

 
とんでもないものを見せてくれるんじゃないかと期待していた1曲目「マチュ・ピチュ」は、曲調こそレゲエですが、ストロークスらしいクールなナンバーですんなりと聴けました。そしてそこからとくに印象が残らないまま、あっという間に35分が終わってました。「???・・・」、最初に聴いた時は、正直よくわかりませんでしたね。

2~3回聴いても印象は同じでしたが、さすがに一週間毎日聴いてると、心地よく感じる曲もちらほらと出来てきました。音楽的なことはよく分かりませんが、このアルバムでとくに新しいことをやっている感じはしなくて、このアルバムは、あくまでこれまでのストロークスの延長線上のような気がします。とくにセカンドでのカーズ風のシンプルな構築ポップと、サードでみせた実験性(飽くなき追求心)を合わせたようなアルバムだなと個人的には思います。

『Two Kinds Of Happiness』

 
俺はカーズの『グレイテスト・ヒッツ』を毎日聴いてるくらいのカーズ好きなんですが、このアルバムには、もろカーズなニュー・ウェイヴ風の3曲目『トゥー・カインド・オブ・ハピネス』をはじめ、「これ、カーズやん!」というのが2~3曲あります。この80年代好みというのはジュリアンの趣味なんでしょうか?ジュリアン・カサブランカスのソロも80年代風のシンセばりばりだったし。あっ、でもニュー・ウェイヴ期のカーズは70年代なので、そこら辺はカーズに限らずメンバー全員好きなのかもしれませんね。

まあ俺は、ストロークスに速攻性のある分かりやすい音楽は求めてないので、この『アングルズ』、これからじっくりと聴き込んで自分なりに「好きか嫌いか」そのうちわかるでしょう(^^)。

『Gratisfaction』

 
『Blue Tip』The Cars
これはどうやらカーズの新曲みたいです!

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« 『警告どおり 計画どおり』佐野元春 | トップページ | 『IN THE CITY』ザ・ジャム »

10年代ロック(洋楽)」カテゴリの記事

カーズ」カテゴリの記事

ストロークス」カテゴリの記事

コメント

「マチュ・ピチュ」というレゲエチューンがオープニングなのは意外な感じがしましたがこの曲も見事にストロークス仕立てになっていて従来パターンの曲よりも聴き応えがありました。僕は買わずにバラ聴きしてるわけですが(笑)新作も面白いかなと思うようになってきました。

カーズはちゃんと聴いてないのでまた聴いてみます。 80Sというのがキーパーソンなんですね

投稿: 車輪 | 2011年4月16日 (土) 12時31分

>車輪さん、
「マチュ・ピチュ」はらしいなという感じでけっこう好きです。新作ですが、半分はまあまあ、半分はイマイチ?で物足りないものがあるのは事実です、今のところ。なんか小じんまりしてるような気がするので、次作はもっと圧倒的なものを作ってくれるんじゃないかと早くも期待してます(笑)。

カーズはよく考えると初期は70年代でした。俺が聴いてたのが80年代になってからだったので・・・・。ちょいちょいウィーザーやらストロークスやらのプチ・リヴァイバルがありましたが、俺は独特な音楽性が好きなんです。よかったら『グレイテスト・ヒッツ』聴いてください!5月に再結成カーズのアルバムが出るみたいなので、それを買おうかどうか迷ってます(^^)。

投稿: | 2011年4月16日 (土) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ANGLES』ストロークス vs カーズ:

« 『警告どおり 計画どおり』佐野元春 | トップページ | 『IN THE CITY』ザ・ジャム »