« 『さまそ日記』 | トップページ | 『Sweet Days Waiting』ティーンエイジ・ファンクラブ »

『デイドリーム・ネイション』ソニック・ユース

ATP(オール・トゥモロー・パーティーズ)を主宰するバリー・ホーガンがATPとは別に、名盤をまんま再現するという「ドント・ルック・バック」というイベントを行ってます。そして今回、サマソニでプライマル・スクリームが『スクリーマデリカ』の再現ライヴをやるという発表があり、日本でもこれからこういう「まんま名盤」のライヴが増えてくるのかなと思ったりします。フジ・ロックのオーシャン・カラー・シーンは『モージョリー・ショールズ』のまんま再現するらしいし。

そこで、俺なら誰の、どのアルバムがいいかなと考えたところ、真っ先に思い浮かんだのは、コレでした!

『Daydream Nation』Sonic Youth(1988)

Daydream Nation

アヴァンギャルドで先鋭的、そんな音楽性のソニック・ユースのこのアルバムはバンド史上、最もストレートなロック・アルバムになっていて、ノイジーで美しいこの作品は、USインディー・ロックの歴史に燦然と輝く傑作です。

そして「ティーンエイジ・ライオット」は、俺の”生涯の好きな曲ベスト10”に入ってるかもしれません。

『Teenage Riot』

 
この『デイドリーム・ネイション』のまんまライヴ、本家の「ドント・ルック・バック」ではすでに行われているので、実現する可能性は高そうです。

ソニック・ユースは、90年代に入り、俺が本格的にロックに目覚めてから今日まで、ずっと好きだった唯一のバンドですが、ここ数年はあんまり聴くこともないし、『デイドリーム・ネイション』もほとんど聴いたことがなく、聴いたとしても当時ほどの感動はなく、後半もどんな曲が入ってるのか忘れてしまってます・・・。
しかしそれは決してこのアルバムが色褪せてしまった訳ではなく、あれから20年が経ち、俺が変わってしまっただけのことで、あの頃のこのアルバムに対しての感動やその頃俺が抱いていた感情というのは永遠の真実なのです。

Eternal

『Candle』

|

« 『さまそ日記』 | トップページ | 『Sweet Days Waiting』ティーンエイジ・ファンクラブ »

80年代インディー・ロック」カテゴリの記事

ソニック・ユース」カテゴリの記事

コメント

「ティーンエイジ・ライオット」はボクも生涯のサウンドトラックに入ってます!あの曲は、最初の音が鳴った瞬間から「勝利!」という感じですよね。

ところでインフルエンザは治りました?
サマソニ大阪に向けて体調整えておいてくださいよ~(笑)

投稿: コハゲ | 2011年3月 9日 (水) 22時51分

デイドリーム・ネイションはオープニングのティーエイジライオットでかっ飛ばしてくれてとてもインパクトありますよね。でもあまり聴かなかったです・・・(収録時間の長さなんかで) むしろこのアルバム前後の「シスター(自分内殿堂!)」「チコーネユース」のほうが大好きで聴きまくって、それからデイドリーム~に戻ってきたら全然違う感じに聞こえてきて少し解るようになってきました。僕も年々、音楽の受け止め方も変わりつつありますがソニックユースのこの時期のアルバムは特別だと思います。

投稿: 車輪 | 2011年3月10日 (木) 00時15分

コハゲさん、
やっぱり「ティーンエイジ・ライオット」は特別ですね。
インフルエンザは治りましたが、予防注射をしてたらうつっても軽くて済むと聞いてたのですが、いつものよりしんどかったです・・・、ただの都市伝説なんでしょうか?
サマソニ、どうやらビーディ・アイがきまったみたいですね。そしたら俺は裏のスウェードでも観ようかなあ(笑)。

投稿: william | 2011年3月10日 (木) 23時00分

車輪さん、
たしかにこのアルバムは長いですよね。アルバム全部を理解するのに時間がかかったような気がします。俺はこのアルバムが好きすぎて、逆に「シスター」や裏デイドリーム・ネイションとも言われる「ホワイティ・アルバム」なんかは未聴のままです。聴いてみたいとは思うんですが、これらを今聴くとどう思うんでしょうか?今は基本的には耳触りがいいものを好むので、いまいち理解出来ないかもしれません(笑)。

投稿: william | 2011年3月10日 (木) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『デイドリーム・ネイション』ソニック・ユース:

« 『さまそ日記』 | トップページ | 『Sweet Days Waiting』ティーンエイジ・ファンクラブ »