« 『Sweet Days Waiting』ティーンエイジ・ファンクラブ | トップページ | 『Romantic Rights』Death From Above 1979 »

ブリストルの怒れる十代、『ザ・ポップ・グループ』

「サマソニ」の第3弾アーティストの発表を見て、1番驚いたのが『ザ・ポップ・グループ』です。前回、PILが来るんなら、ポップ・グループも来たらおもしろいだろうなとは書いたけど、まさかほんとに来るとは思いませんでした。やっぱり素人の俺の考えることぐらいはプロは当然考えてるんですね~。

ザ・ポップ・グループは、1977年にイギリスのブリストルで結成。
当時高校生だった5人でしたが、翌年にはストラングラーズの前座をつとめ、79年にファースト・アルバム『Y』をリリース。先鋭的なサウンドを鳴らし、80年代ポスト・パンクの先駆的存在となり、今に続く、ブリストル・サウンドの原点ともいえるバンドです。

『For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder?』(1980)

フォー・ハウ・マッチ・ロン(紙

『Fores Of Oppression』

とことん直接的な表現方法になったセカンド・アルバム。
パンク、ダブ、ファンク、レゲエ、フリー・ジャズと、あらゆる音楽を呑み込んだ奔放なサウンド、そして抑えきれない衝動と強烈な怒りのメッセージ。
なによりもこのアルバムから感じられる「圧倒的な熱量」は、趣味の違いなんかは抜きにしても、ロック史上まれにみるレベルのものだといえます。

ちなみにアルバム・タイトルは、
「この先、我々はいったいどれだけの大量殺人を容認できるのか?」

あまりにテンションの高い活動ゆえに、この後グループは空中分解し、昨年の再結成まで、30年という長い時を経ることになります。そして「サマーソニック2011」で待望の初来日が決定ということで、PILと共に、パンク/ポスト・パンク好きにとっては楽しみなラインナップとなりました。

『Rob a Bank』

ついでにUSポスト・パンク勢から、ストロークスつながりということで、24年ぶりのアルバムが5月にリリースされる、ザ・カーズなんてのはないかな・・・。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« 『Sweet Days Waiting』ティーンエイジ・ファンクラブ | トップページ | 『Romantic Rights』Death From Above 1979 »

パンク/ニューウェイヴ」カテゴリの記事

ザ・ポップ・グループ」カテゴリの記事

コメント

先日ブログにコメント頂いたsupernovaです。

今回のサマソニ、ポップグループは個人的に一番のサプライズでした。

ザ・カーズも来て欲しいですねー!!


ひとつお願いが。williamさんのこのブログ、ワタクシのブログでリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?

投稿: supernova | 2011年3月28日 (月) 08時13分

ポップグループの参戦は正直驚きました。2ndアルバムはグループの頂点ともいえる名盤ですが廃盤状態で市場にもあまり出回ってないのが残念です。日程などでどうなるか分かりませんが観てみたいですね。

投稿: 車輪 | 2011年3月28日 (月) 11時33分

手法も音も新たなものを生み出してくる、恐るべき地ですね…ブリストルって。

ポップ・グループは昔は全然理解出来ませんでした(汗)。
今も100%理解しているかと言われれば怪しいもんですが(笑)、観れるのであればサマソニで是非とも観たいですね~。

投稿: 古巣 鳴人 | 2011年3月29日 (火) 02時51分

20歳ぐらいのとき、部屋でポップグループをかけてたら近所の友人に「こんなんホンマにエエ思って聴いてんの?」と、つっこまれましたよ。
確かに当時は、「なんかよう分からんけど凄い」ぐらいしか理解できてなかった(笑)。
いや、古巣さんと同じく今もどうだか怪しいもんです。うははは。
たぶんあの極端な音のミックスがね、なかなかバンドの本質を見えにくくしてるのでは?と勝手に思っております。

投稿: コハゲ | 2011年3月29日 (火) 12時41分

supernovaさん、
お越しいただきありがとうございます(^^)。
supernovaさんの「あの企画」なかなかおもしろかったです、
こちらこそぜひリンクお願いします!

投稿: william | 2011年3月29日 (火) 23時22分

車輪さん、
いやほんとに驚きでした。
このアルバムは俺がパンク~ニュー・ウェイヴを聴きあさってた頃(16~17年前ぐらい)にちょうど再発されてて買ったんだけど、今はなかなか手に入れるの難しいみたいですね。逆に『Y』は持ってないので、ちょっと欲しいなと思ってます。サマソニでぜひ観てください(^^)。

投稿: william | 2011年3月29日 (火) 23時29分

古巣鳴人さん、
いや~、俺もあんまり理解出来てませんでした(笑)。
初めの頃は、記事に貼ってる1曲目はなんか凄まじいなと、ラストの曲はポップな感じでいいなという程度で、アルバムの途中はよく分からなかったんです、正直なところ。ただアルバムから放出される「熱量」はすごいなと感じてました。ブリストルの音楽もそんなに知らないんですけどね(笑)。
サマソニでぜひ観てください!

投稿: william | 2011年3月29日 (火) 23時45分

コハゲさん、
「なんかよう分からんけど凄い」と思わすとこが凄いところなのかもしれません、俺もその一人なので(笑)。
CDは持ってても、歌詞は分からんし、メンバーのインタビューなんかも読んだことないので、音だけではポップ・グループの本質は理解出来ないような気もします。ただあの圧倒的な音とヴォーカルがポップ・グループを唯一無二の存在にしているのは確かです。
サマソニでぜひ観てください(^^)。

投稿: william | 2011年3月30日 (水) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリストルの怒れる十代、『ザ・ポップ・グループ』:

» No.148 THE POP GROUP/Y(1979) [ほぼ週刊ろっきんf]
 【Title】 Y(最後の警告) 【Artist】 THE POP GROUP(ざ・ぽっぷ・ぐるーぷ)  【Release】 1979年  【Label】 RADAR(れいだー)  (from ENGLAND) サマソニ前にTHE POP GROUP(ザ・ポップ・ ... [続きを読む]

受信: 2011年6月14日 (火) 00時18分

« 『Sweet Days Waiting』ティーンエイジ・ファンクラブ | トップページ | 『Romantic Rights』Death From Above 1979 »