« 『Bandages』ホット・ホット・ヒート vs 箱根駅伝 | トップページ | 『TOP OF THE FUCK'N WORLD』THE MIRRAZ »

『ルール・ザ・ワールド』ティアーズ・フォー・フィアーズ vs キングス・オブ・レオン

『スヌーザー』誌の「2010年の年間ベスト・アルバム50枚」を見ていると、47位のキングス・オブ・レオンのアルバム評に「3曲目がモロにティアーズ・フォー・フィアーズ」とあったので、あらためて聴いてみることにしました。

『Come Around Sundown』

カム・アラウンド・サンダウン

3曲目、『Pyro』

なるほど、たしかにティアーズ・フォー・フィアーズなのは事実なようです(^^)。でもティアーズ・フォー・フィアーズでもいいじゃん!似ていようが、真似ていようがそんなことは全然関係なく、ただそこで、キングス・オブ・レオン(以下KOL)というバンドが鳴らす「ロック」に魂を奮わせていればいいだけなのです。

『Radioactive』

 
 
Songs From the Big Chair

さて、一方のティアーズ・フォー・フィアーズ(以下TFF)は、80年代に活躍したイギリスのポップ・デュオです。
初期は美しいメロディをダークネスと苦悩の空気で包み込むという音楽性だったらしいけど、全ての人の心に響く音楽へと変化していったようです。
1985年に『ルール・ザ・ワールド』が全米NO.1、続く『シャウト』も大ヒットしました。

という訳で、「今週のタイム・マシーン!」のコーナーは、KOLも真似た?個人的にも大好きな曲です!

『Everybody Wants To Rule The World』

『Shout』
圧倒的にキャッチーなサビを持つこの曲は、日本でもCMに使用されたり、テレビなんかではしょっちゅう使われてるので、ご存知の方も多いでしょうね。

現在の「80年代ブーム」のロック・シーンのおかげで、俺も80年代の曲を恥ずかしめもなく、聴きなおすことが出来ます(笑)。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 『Bandages』ホット・ホット・ヒート vs 箱根駅伝 | トップページ | 『TOP OF THE FUCK'N WORLD』THE MIRRAZ »

80年代洋楽」カテゴリの記事

対決シリーズ!」カテゴリの記事

キングス・オブ・レオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ルール・ザ・ワールド』ティアーズ・フォー・フィアーズ vs キングス・オブ・レオン:

« 『Bandages』ホット・ホット・ヒート vs 箱根駅伝 | トップページ | 『TOP OF THE FUCK'N WORLD』THE MIRRAZ »