« 『ルール・ザ・ワールド』ティアーズ・フォー・フィアーズ vs キングス・オブ・レオン | トップページ | 『The Suburbs』アーケイド・ファイア vs メン・アット・ワーク 、TOTO »

『TOP OF THE FUCK'N WORLD』THE MIRRAZ

「言葉が突き刺さる!」

日本のロックを聴いてそういう風に感じたのは、
チバユウスケ以来かもしれません。

『TOP OF THE FUCK'N WORLD』THE MIRRAZ

TOP OF THE FUCK’N WORLD

 
去年、俺が買った「日本のアーティスト」のCDは、サニーデイ、曽我部恵一のソロ、トクマル・シューゴのたったの3枚でした。過去20年でもひょっとすると1番少ないかもしれないし、ロックンロールは皆無。多分自分の中でそういうムードだったんでしょう。

年明け、なんとなく「日本語」のアグレッシヴなロックが聴きたくなりCD屋へ。ちょうど、神聖かまってちゃんの2枚のアルバムが出てたので、ちょっと買ってしまいそうになりましたが、この年になるとあんまり「狙いすぎ」な音楽に興味を持たなくなったし、すぐ飽きそうな気がしたのでパス。ボゥディーズは何曲か聴いたことあるけどあんまり好みじゃなかったし、OCEANLANEは音楽的にはいいけど英語なので、結局俺が選んだのは、このミイラズでした。

じつはミイラズを聴くのはこれがまったくの初めてです。
例の「アークティック・モンキーズのパクリ」というのがあり、じゃあアクモン聴いときゃいいんじゃ?と思って聴いてこなかった訳ですが、それはそれでよかったと思うけど、このアルバムは聴かなければ後悔するところでした。

このアルバムを聴いて俺が感じたのは、今のリスナーにとってのミイラズとは、俺が15年前に聴いてた、ミッシェル・ガン・エレファントのような存在なんじゃないかと。ロックの歴史上ではパクリみたいなものなんだけど、「ロックのかっこいい部分」というのを抽出し、新しいものとして提示して見せ、それがとてつもなくかっこいいという。

『ハッピーアイスクリーム』

 
ミッシェル・ガン・エレファントとの比較でいうと、チバユウスケの独特な詞世界に対して、畠山承平はわりと普遍的な日常のいろんな断片を切り取った感じの歌詞なんですが、息つく暇もなく繰り出されるそれらの言葉達、それがただただ圧倒的なのです。

こういうサウンドにこういう歌詞を乗っければ、かっこいい曲が出来るだろ!と人それぞれあると思うんだけど、それをいとも簡単にやっているように見えるところは才能のなせる業なんでしょうね。

アグレッシヴな曲もいいんだけど、俺がグッとくるのは、「君の料理~」や「ただいま、おかえり」みたいな”君と僕”について歌っている曲です。まあ年をとったせいなんでしょうけど。とくに「ただいま、おかえり」は泣けます。

『君の料理(レシピNo.2047)』

 
『ただいま、おかえり』

 
ミイラズを聴いてつくづく思いました。
今だに俺はこういうロックを求めているんだなあ、と。

 
『ルール・ザ・ファッキン・ワールド』TFF vs KOL

 
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 『ルール・ザ・ワールド』ティアーズ・フォー・フィアーズ vs キングス・オブ・レオン | トップページ | 『The Suburbs』アーケイド・ファイア vs メン・アット・ワーク 、TOTO »

ミッシェル・ガン・エレファント」カテゴリの記事

THE MIRRAZ」カテゴリの記事

コメント

神かまでなくてミイラズを選ぶのって分かります!国内盤高いしどーせ聞くなら本物がいいですね(笑) 個人的にはtelephonesもカッコ良かったです。

投稿: 車輪 | 2011年1月17日 (月) 12時00分

日本語が突き刺さるとはまさに。そしてそれこそがまさに彼らの個性であり、アークティックのフォロワーと言って済ませようとしている訳知り顔の人達へのカウンターパンチであると僕は思います。
日本語で歌うというだけで既にアークティックとは違うのに、歌詞の内容も歌声もミイラズにはミイラズならではの良さを持っている。少なくとも、ダンスフロアで云々なんてのより全然共感し易いのは確かです。
僕は前作も結構好きでした。

投稿: かおもじ | 2011年1月17日 (月) 12時44分

>車輪さん、
今ごろ神かまについて書いてたかもしれません(笑)。
聴いてないので分かりませんが、ミイラズを選んでよかったですね。俺の今年のムードとして、日本のロックをたくさん聴くような気がするので、テレフォンズも今度聴いてみます。車輪さんのおすすめなので、間違いないでしょう!多分俺も好きなような気がします(^^)。

投稿: william | 2011年1月17日 (月) 23時22分

>かおもじさん、
たしかにアクモンぽいところはありますが、ミイラズはそれだけで済ますことは出来ませんね。これだけ「日本語」がかっこいいロックというのは、現時点ではミイラズが1番です。ただ俺は今の日本のロック・シーンに疎いんですが(笑)。今までミイラズを聴いてなかった俺が言うのもなんなんですが、アクモンのフォロワーうんぬんと言って済ます人はそれはそれで別にいいでしょう。ただ周りとは関係なく、自分が好きな音楽を聴くだけですから(^^)。
新しいのと前作も聴いてみたいですね~。

投稿: william | 2011年1月18日 (火) 00時01分

テレフォンズを聞くなら、モンキーディスコ収録の前作がいいっすよ!この曲が何より強烈ですが、過去の代表曲のリメイクも入っていて入門向きです。

投稿: かおもじ | 2011年1月18日 (火) 12時39分

かおもじさん、
貴重なワンポイント情報ありがとうございます(笑)。
それにしてもかおもじさんはあらゆる音楽に精通してますね~、またお願いします(^^)。

投稿: william | 2011年1月19日 (水) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『TOP OF THE FUCK'N WORLD』THE MIRRAZ:

« 『ルール・ザ・ワールド』ティアーズ・フォー・フィアーズ vs キングス・オブ・レオン | トップページ | 『The Suburbs』アーケイド・ファイア vs メン・アット・ワーク 、TOTO »