« 『テレフォン・ラブ』曽我部恵一 | トップページ | 『ロック・ミー・アマデウス』ファルコ vs キムタク »

『ライヴ・アット・レディング』ニルヴァーナ

日曜日の昼間、珍しく出掛けずに家にいました。
下の子は昼寝、上の子はおもちゃで遊び始め、おくさんはパソコンで何かをしてたので、何かをする時間が出来ました。そこで俺はこれはチャンスだと思い、1月くらいに買ってから、2~3回みんなが寝静まった後に断片的に観ただけで全部を観れてなかったニルヴァーナのDVD『ライヴ・アット・レディング』を観ることにしました。

ライヴ・アット・レディング [DVD]

「1992年8月30日に英国で行われたレディング・フェスティヴァル最終日にフロント・アクトとして登場したニルヴァーナ伝説のライヴ!」

この日、出演したアーティストは、メルヴィンズ、ペイヴメント、L7、マッド・ハニー、ティーンエイジ・ファンクラブ、ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズと、仲間、または敬愛する先輩、後輩ばかりで、観客もまたこうした音を求めるファンたちという理想な状況の中でのステージということが最高のライヴとなった要因でしょう。

今となっては、特別な感情は一切もたずに、このDVDを観たんですが、当時の「空気感」を味わえたのと当時に、改めてニルヴァーナの楽曲の良さ(カート・コバーンのソングライティング能力の高さ)を実感しました。

ニルヴァーナの曲の中では、特別に優れた曲じゃないと思ってた『スメルズ・ライク・ティーン・スピリット』も、やはりこれは「時代の曲」だったんだなあとしみじみ思いました。

 
俺にとってニルヴァーナとカート・コバーンは特別な存在でした。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« 『テレフォン・ラブ』曽我部恵一 | トップページ | 『ロック・ミー・アマデウス』ファルコ vs キムタク »

音楽」カテゴリの記事

90年代USロック」カテゴリの記事

ニルヴァーナ」カテゴリの記事

コメント

良くも悪くも「スメルズ~」じゃニルヴァーナの代表曲ですもんね~。
でもまぁ有名だから嫌いとか、そういう感情さえなければやっぱり良い曲ですよね。

で、自分の時間取るのなかなか難しいですよね~。
最近の僕の更新頻度ではじぇんじぇん説得力ありませんが、実は寝る時間削って更新してます。
暇か、と思われるかもしれませんが、その通りなのです(笑)。
でも観れてないDVDは溜まる一方です…。

投稿: 古巣 鳴人 | 2010年9月30日 (木) 00時18分

僕はアンプラグドを観て衝撃を受けそれから聴くようになりました。グランジよりもローファイな方が好みだったので(笑)カートみたいな人は最近出てきませんね… ※ニルヴァーナのブ○トは結構集めましたがスタジアム級のバンドになる以前のハコでやってた頃の音源がヤバいですね♪

投稿: 車輪 | 2010年9月30日 (木) 17時01分

古巣さん、
やっぱり俺も「スメルズ~」で衝撃をうけ、ニルヴァーナを聴きはじめたので好きなのは間違いないけど、その後の大ブレイク以降、「有名なので嫌い」とまではいかなくても、ちょっとひいてたというのはあります(^^)。
いや~、古巣さんの更新頻度はすさまじいなと思います(笑)。俺は子供が寝静まった後、深夜番組を見ながらパソコンに向かうんですが、すぐ眠くなって諦めます・・・、基本7時間くらい寝たい人間なので(^^)。

投稿: william | 2010年10月 1日 (金) 22時38分

車輪さん、
ニルヴァーナのブレイク以降、その周辺のバンドはグランジとカテゴライズされましたが、本質的にはニルヴァーナやペイヴメントといったバンドに違いはないように思います(^^)。
たしかにカートやジェフ・バックリィみたいな人は最近出てないですね。といっても俺はもうアーティストに対して、そんなにのめり込むこともありませんが・・・、00年代以降、好きなバンドでもメンバーの名前も知らないというのがほとんどだったりします(笑)。
俺はどんなに好きでも、ブ○トとかにあんまり興味がなく、集めたことないので、アルバムに入ってない「マニアの間で評価の高い曲」みたいなのがあんまり分かりません(笑)。

投稿: william | 2010年10月 1日 (金) 23時12分

どうも。会社のPCで定期的に楽しく読ませていただいています。NIRVANAは私にとっても、特別なバンドです。やはり、スメルズ~はメジャー過ぎて、ちょっと避けていましたが、このライヴは、 曲前にさびだけだけどbostonのmore than a feelingを何故かやっていて、面白いですね。時を経ってから聴くと、ソングラインティングの素晴らしさも分かり、よかったです。lithiumなんか、かなり独創的だと思うし。いつもいつも、とにかく私のツボにはまるチョイスなので、これからも読ませていただきます。ではでは~。

投稿: 馬越 | 2010年10月 4日 (月) 10時17分

馬越さん、おひさしぶりです(^^)。
いつもありがとうございます、馬越さんのチョイスもなかなか俺好みです!サニーデイをはじめ、カーズ、ウィーザー、ペイヴメント、スマパンと。スマパンが宇宙一好きというのは知りませんでした(^^)。
ニルヴァーナは今となっては、たまにしか聴くことはないけど、たまに聴くと今だに新鮮な感じがしたり、ちょっとした発見があったりします。
あれはボストンの曲だったんですか、知りませんでした。
どういうチョイスになるか分かりませんが、これからもよろしくお願いします(^^)。

投稿: william | 2010年10月 4日 (月) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ライヴ・アット・レディング』ニルヴァーナ:

« 『テレフォン・ラブ』曽我部恵一 | トップページ | 『ロック・ミー・アマデウス』ファルコ vs キムタク »