« 『A New Athens』ザ・ブルートーンズ | トップページ | コヤソニへの道!『ジレンマ』斉藤和義 »

真夏の鎮魂歌!『フリート・フォクシーズ』

お盆が過ぎたというのに、暑さは増すばかりです。
お盆の時期には、「終戦記念日」ということで、沖縄戦や原爆投下についての報道や、また「御巣鷹山の航空機事故」の犠牲者の遺族の人たちのドキュメンタリーをテレビなんかでよく見かけたりしました。

あまりの痛々しさに涙が出そうになったりしますが、そういう時に頭の中では、『フリート・フォクシーズ』が流れてきます。

『Fleet Foxes』(2009)

Fleet Foxes

宗教的で荘厳なメロディ、清らかなハーモニーは、
「生への祝福」を歌っているかのようです。

『White Winter Hymnal(祝福の大地)』

『Ragged Wood』

 
20代の頃は、「俺は何のために生きてるのか」と、いつも死にたいと思ってました。
そういう思いが徐々に変わってきたのは、やはり家族の存在で、とくに子供の存在は大きいですね。

自分の中では、今だにどうしようもない問題や悩みを抱えていますが、それでも子供の笑顔を見ると「幸せだなあ」と感じます。
人生、いつ、何が起こるのか分かりませんが、このささやかな幸せがずっと続くようにと日々祈ってます・・・。

「人間、生きてさえいればなんとかなるものです」

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« 『A New Athens』ザ・ブルートーンズ | トップページ | コヤソニへの道!『ジレンマ』斉藤和義 »

00年代ロック」カテゴリの記事

フリート・フォクシーズ」カテゴリの記事

コメント

僕の記事にリンクして頂きありがとうございます。
日本はこの時季になるとこの二つの出来事が取りあげられます。絶対に忘れてはいけないことですよね。
僕もいろいろ将来についての悩みなど尽きませんが生きてさえいればなんとかなると思いながら生活を送っています。
フリートフォクシーズはなんかそんな気分に合いますね♪

投稿: 車輪 | 2010年8月23日 (月) 00時05分

車輪さん、こんにちは。
こちらこそリンクしてもらってたので、ありがとうございます。
20代の頃から、自分の中で抱えている問題というのは、そんなに変わってなく、解決出来ないままですが、やっぱり家族がいてくれることで、「孤独に震える夜」というのがなくなりました。やっぱり時が経てばなんとかなってくるものです(^^)。
フリート・フォクシーズ、じつはあんまりのめり込めずにいたんだけど、ほんとにここ最近むしょうに聴きたくななり、毎日聴いてます。

投稿: william | 2010年8月23日 (月) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の鎮魂歌!『フリート・フォクシーズ』:

« 『A New Athens』ザ・ブルートーンズ | トップページ | コヤソニへの道!『ジレンマ』斉藤和義 »